【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法

Windows11


WIN11でアカウントを切り替えたい人
ユーザーを切り替えて使いたいんだけど・・・。
ユーザーアカウントの切り替えって、どうやるんだ?
だれか、Win11でユーザーを切り替えて使う方法を教えてよ。

 

はい、こんなWindows11のユーザーアカウントの悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、ユーザーアカウントを切り替える方法を解説。

(ローカルアカウント、Microsoftアカウント、どちらも対象です)

この記事を、読んだ結果は以下です。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法(はじめに)

この記事では、Windows11で、サインアウト(ログアウト)せずにユーザーアカウントを切り替えて使う方法を説明します。

※アカウントの種別を標準ユーザーから管理者に切り替えるという内容ではありません。種別を切り替えたい人は、コチラの記事を参照ください。

この方法を使えば、一旦、別のアカウントに切り替えても、元のアカウントはそのまま作業の状態を維持できます。

そのため、元のアカウントに戻した場合は、作業途中の状態から再開できます。

  • こんなイメージ
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像2
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像3
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像4

元のユーザーに戻したとき、作業途中の状態から再開できるのがポイントです。

(元のユーザーはサインアウトしていません。そのため、開いていたファイルなどはそのまま使えます。)

アカウントを切り替える方法として、以下の7つを説明します。(注. 下の3つは、Win11 Homeでは使えません)

※Microsoftアカウントでも、ローカルアカウントでも、切り替えの方法はおなじです。

「とにかく、ユーザーの切り替えができれば、方法はなんでもいい」という人は、以下の手順を見てください。(もっともオーソドックスな方法です)

頻繁にユーザーの切り替えをする人は、順番に、ざっと目を通して、自分に合った方法を見つけてもらえばいいのかなと思います。

(そのほうが、長い目でみれば効率的かと。)

※メモ

ユーザーアカウントを切り替えるには、複数のアカウントが作成されている必要あります。

ユーザーアカウントが1つしかない場合は、以下の手順で、アカウントを追加してください。

では、最初の方法から、順番に説明していきます。

2. スタートメニューから、ユーザーアカウントを切り替える方法

 Windows11のスタートメニューから、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

これが、一番オーソドックスな方法です。

以下、手順の説明です。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②スタートメニューの左下に表示されているユーザー名をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像5

※本記事の画像などは、OSのバージョンなどPC環境の違いにより、すこし異なっている場合があります。その場合は、適当に読み替えてください。

手順2. 現在、サインインしている以外のユーザーの一覧が表示されます。切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像6

手順3. 切り替えたいユーザーのサインイン画面が表示されます。パスワードを入力して、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像7

手順4. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像8

これで、スタートメニューから、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※スタートメニューから、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②スタートメニューの左下に表示されているユーザー名をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像9
手順その2. 現在サインインしている以外のユーザーの一覧が表示されます。元のユーザーアカウントをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像10

※元のユーザーはサインイン済みと表示されています。

手順その3. 切り替えたいユーザーのサインイン画面が表示されます。パスワードを入力して、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像11
手順その4. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像12

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②スタートメニューの左下に表示されているユーザー名をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像13
手順その2. 表示されたメニューから、サインアウトをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像14
手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像15
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像16
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像17
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像18
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像19

これでスタートメニューから、ユーザーアカウントを切り替える方法の説明は、おわりです。

では、次の方法を説明します。

3. ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を使って、ユーザーアカウントを切り替える方法

 ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」をつかって、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

※「Ctrl + Alt + Delete」は、セキュリティオプションの画面を表示するショートカットキーです。

以下、手順の説明です。

手順1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像20
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像21

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順2. セキュリティオプションの画面が表示されるので、「ユーザーの切り替え」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像22

手順3. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像23

※サインインの対象が切り替えたいユーザーアカウントに、既になっている場合があります。その場合は、一覧から、クリックする必要はありません。

手順4. サインインの対象が切り替えたいユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像24

手順5. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像25

れで、「Ctrl + Alt + Delete」キーをつかって、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※「Ctrl + Alt + Delete」キーをつかって、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像26
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像27

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順その2. セキュリティオプションの画面が表示されるので、「ユーザーの切り替え」をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像28
手順その3. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像29

※サインインの対象が元のユーザーアカウントに既になっている場合があります。その場合は、一覧から、クリックする必要はありません。

手順その4. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像30
手順その5. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像31

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像32
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像33

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順その2. セキュリティオプションの画面が表示されるので、「サインアウト」をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像34
手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像35
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像36
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像37
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像38
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像39

これで「Ctrl + Alt + Delete」キーをつかって、ユーザーを切り替える方法の説明は、おわりです。

では、次の手順を説明します。

4. ショートカットキー「 Windows + L 」を使って、ユーザーアカウントを切り替える方法

 ショートカットキー「 Windows + L 」をつかって、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

※「 Windows + L 」は、ロック画面を表示するショートカットキーです。

以下、手順の説明です。

手順1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「 Windows + L 」を押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像40
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像41

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順2. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像42
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像43

手順3. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像44

手順4. サインインの対象が切り替えたいユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像45

手順5. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像46

これで、「 Windows + L 」キーで、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※「 Windows + L 」キーをつかって、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

  以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「 Windows + L 」を押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像47
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像48

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順その2. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像49
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像50
手順その3. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像51
手順その4. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像52
手順その5. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像53

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

※「 Windows + L 」キーを使っても、サインアウトはできません。そのため、スタートメニューから、サインアウトする手順を記載しておきます。

手順その1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②スタートメニューの左下に表示されているユーザー名をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像54
手順その2. 表示されたメニューから、サインアウトをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像55
手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像56
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像57
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像58
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像59
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像60

これで「 Windows + L 」キーで、ユーザーを切り替える方法の説明は、おわりです。

では、次の手順を説明します。

5. ショートカットキー「 ALT + F4 」を使って、ユーザーアカウントを切り替える方法

 ショートカットキー「 ALT + F4 」をつかって、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

※「ALT + F4 」は、「Windowsのシャットダウン」という画面を表示するショートカットキーです。

以下、手順の説明です。

手順1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「 ALT + F4 」を押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像61
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像62

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによってすこし異なる場合あり。
  • また、ノートPCの場合、「 Alt + Fn + F4」と押さないといけないケースもあります。

手順2.「Windowsのシャットダウン」という画面が表示されるので、①メニューの中から「ユーザーの切り替え」を選択し、②OKボタンをクリック。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像63

手順3. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像64

※サインインの対象が切り替えたいユーザーアカウントに、既になっている場合があります。その場合は、一覧から、クリックする必要はありません。

手順4. サインインの対象が切り替えたいユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像65

手順5. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像66

これで、「 ALT + F4 」キーをつかって、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※「 ALT + F4 」キーをつかって、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

 以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「 ALT + F4 」を押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像67
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像68

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによってすこし異なる場合あり。
  • また、ノートPCの場合、「 Alt + Fn + F4」と押さないといけないケースもあります。
手順その2.「Windowsのシャットダウン」という画面が表示されるので、①メニューの中から「ユーザーの切り替え」を選択し、②OKボタンをクリック。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像69
手順その3. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像70

※サインインの対象が元のユーザーアカウントに、既になっている場合があります。その場合は、一覧から、クリックする必要はありません。

手順その4. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像71
手順その5. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像72

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. Windows11にサインインしている状態で、ショートカットキー「 ALT + F4 」を押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像73
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像74

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによってすこし異なる場合あり。
  • また、ノートPCの場合、「 Alt + Fn + F4」と押さないといけないケースもあります。
手順その2.「Windowsのシャットダウン」という画面が表示されるので、①メニューの中から「サインアウト」を選択し、②OKボタンをクリック。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像75
手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像76
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像77
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像78
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像79
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像80

これで「 ALT + F4 」キーで、ユーザーを切り替える方法の説明は、おわりです。

6.「ファイル名を指定して実行」からコマンドで、ユーザーアカウントを切り替える方法

 「ファイル名を指定して実行」から「tsdiscon」コマンドを実行して、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

※この方法は、Windows11 Homeエディションでは使えません。

以下、手順の説明です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像81

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「tsdiscon」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像82

※「tsdiscon.exe」と入力しても大丈夫です。

手順3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像83
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像84

手順4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像85

手順5. サインインの対象が切り替えたいユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像86

手順6. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像87

これで、「ファイル名を指定して実行」から、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※「ファイル名を指定して実行」からコマンドで、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像88

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す
手順その2. ①名前(O)の入力欄に「tsdiscon」と入力して、②OKボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像89

※「tsdiscon.exe」と入力しても大丈夫です。

手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像90
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像91
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像92
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像93
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像94

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像95

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す
手順その2. ①名前(O)の入力欄に「logoff」と入力して、②OKボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像96

※「logoff.exe」と入力しても大丈夫です。

手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像97
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像98
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像99
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像100
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像101

これで「ファイル名を指定して実行」から、ユーザーを切り替える方法の説明はおわりです。

7. コマンドプロンプトからコマンドで、ユーザーアカウントを切り替える方法

 コマンドプロンプトから「tsdiscon」コマンドを実行して、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

※この方法は、Windows11 Homeエディションでは使えません。

以下、手順の説明です。

手順1. まず、コマンドプロンプトを起動します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像102
  • コマンドプロンプトの起動方法がわからない人は、こちらを参照してください。
  • 管理者モードで起動する必要はありません。 ふつうに起動すれば、大丈夫。

手順2. コマンドプロンプト上から、①「tsdiscon」と入力して、②Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像103
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像104

※「tsdiscon.exe」と入力しても大丈夫。

手順3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像105
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像106

手順4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像107

手順5. サインインの対象が切り替えたいユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像108

手順6. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像109

これで、コマンドプロンプトから、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※コマンドプロンプトから、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. まず、コマンドプロンプトを起動します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像110
  • コマンドプロンプトの起動方法がわからない人は、こちらを参照してください。
  • 管理者モードで起動する必要はありません。 ふつうに起動すれば、大丈夫。
手順その2. コマンドプロンプト上から、①「tsdiscon」と入力して、②Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像111
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像112

※「tsdiscon.exe」と入力しても大丈夫。

手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像113
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像114
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像115
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像116
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像117

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. まず、コマンドプロンプトを起動します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像118
  • コマンドプロンプトの起動方法がわからない人は、こちらを参照してください。
  • 管理者モードで起動する必要はありません。 ふつうに起動すれば、大丈夫。
手順その2. コマンドプロンプト上から、①「logoff」と入力して、②Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像119
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像120

※「logoff.exe」と入力しても大丈夫。

手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像121
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像122
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像123
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像124
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像125

これでコマンドプロンプトから、ユーザーを切り替える方法の説明はおわりです。

8. PowerShellからコマンドで、ユーザーアカウントを切り替える方法

 PowerShellから「tsdiscon」コマンドを実行して、ユーザーアカウントを切り替えることができます。

※この方法は、Windows11 Homeエディションでは使えません。

以下、手順の説明です。

手順1. まず、PowerShellを起動します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像126
  • PowerShellの起動方法がわからない人は、こちらを参照してください。
  • 管理者モードで起動する必要はありません。 ふつうに起動すれば、大丈夫。

手順2. PowerShell上から、①「tsdiscon」と入力して、②Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像127
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像128

※「tsdiscon.exe」と入力しても大丈夫。

手順3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像129
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像130

手順4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、切り替えたいユーザーをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像131

手順5. サインインの対象が切り替えたいユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像132

手順6. はい、これでユーザーアカウントが切り替わりました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像133

これで、PowerShellから、ユーザーを切り替えることができました。

【備考】元のユーザーアカウントに戻す手順

※PowerShellから、元のユーザーに戻す手順も説明しておきます。

切り替えたユーザーを元に戻したいときは、以下のどちらかの方法になります。

  • サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える。
  • サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

メモ

サインアウトすると、今のユーザーアカウントの作業状態は保持できません。

そのかわり、パソコンが軽くなります。

今のユーザーをもう使わない場合は、サインアウトしてから、切り替える方法のほうがいいかなと思います。

以下のどちらかの手順を実施します。

a) サインアウトせずに、元のユーザーに切り替える

今のユーザーの作業の状態を保持しておきたい場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. まず、PowerShellを起動します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像134
  • PowerShellの起動方法がわからない人は、こちらを参照してください。
  • 管理者モードで起動する必要はありません。 ふつうに起動すれば、大丈夫。
手順その2. PowerShell上から、①「tsdiscon」と入力して、②Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像135
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像136

※「tsdiscon.exe」と入力しても大丈夫。

手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像137
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像138
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像139
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像140
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像141

b) サインアウトしてから、元のユーザーに切り替える。

今のユーザーをもう使わない場合は、以下の手順を行ってください。

手順その1. まず、PowerShellを起動します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像142
  • PowerShellの起動方法がわからない人は、こちらを参照してください。
  • 管理者モードで起動する必要はありません。 ふつうに起動すれば、大丈夫。
手順その2. PowerShell上から、①「logoff」と入力して、②Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像143
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像144

※「logoff.exe」と入力しても大丈夫。

手順その3. ロック画面が表示されるので、①マウスをクリックするか、②キーボードから、何かキーを入力して、解除します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像145
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像146
手順その4. サインイン画面が表示されます。左下のユーザーアカウントの一覧から、元のユーザーをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像147
手順その5. サインインの対象が元のユーザーに変わります。パスワードを入力し、Enterキーを押します。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像148
手順その6. はい、これで元のユーザーアカウントに切り替わりました。※開いていたファイルなどは、そのままの状態です。
「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法」説明用画像149

これでPowerShellから、ユーザーを切り替える方法の説明はおわりです。

9.【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

※ そのほか、関連のありそうな記事のリンクを記載しておきます。興味のある方は、ご覧ください。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】ユーザーアカウントを切り替える方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました