【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法

Windows11
この記事は約14分で読めます。


WIN11でユーザーを削除したい人
Win11で、ユーザーを削除したいんだけど・・・。
ユーザーアカウントの削除って、どうやるんだ?
だれか、Win11でユーザーを削除する方法を教えてよ。

 

はい、こんなWindows11のユーザーアカウントの悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、ユーザーアカウントを削除する方法を解説しています。


(ローカルアカウント、Microsoftアカウント、どちらも削除できます。)

この記事を、読んだ結果は以下です。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法(はじめに)

まず、はじめに、Windows11のユーザーアカウントについて、説明します。

Windows11のユーザーアカウントには、以下の種類があります。

  • ローカルアカウント

    … Microsoftのインターネットサービス(iCloudなど)と紐づいていない、普通のアカウント

  • Microsoftアカウント

    … Microsoftのインターネットサービスとの連携が強化されたアカウント

  • アクティブディレクトリのユーザーアカウント

    … アクティブディレクトリという仕組みで使用されるアカウント(企業などで利用)

この記事では、これら3つのうち、ローカルアカウントMicrosoftアカウントを削除する方法を説明します。

( Microsoftアカウントについては、Windows11のパソコン内から、アカウントを削除するだけです。Microsoftのインターネットサービスでは、引き続き、使用することが可能。)

ローカルアカウントも、Microsoftアカウントも、削除する方法は同じです。

※アクティブディレクトリのユーザーアカウントは、ちょっと特殊なので、ここでは説明しません。このアカウントを、パソコンから削除したい場合、会社のシステム担当者に連絡してください。

で、実際に削除する方法ですが、Windows11には、ユーザーアカウントを削除する方法がいろいろあります。

この記事では、以下の4つを紹介。(それぞれ特色があります。)

それぞれ、サッと目を通して、自分のケースに合わせて、適切な削除方法を選択してもらうのがいいのかなと思います。

もし、迷うようでしたら、オススメは3番目の「netplwiz」から、削除する方法です。

この方法なら、ユーザーのデータは全部残ります。そのため、必要なデータを消してしまうリスクがありません。

とりあえず、全部残しておいて、しばらく経って問題なければ、データを消せばOKです。

では、最初の方法から、順番に説明していきます。

2. Windows11のコントロールパネルから、ユーザーアカウントを削除する方法

ユーザーアカウントを削除するときに、ユーザーのデータを、削除するか、残しておくか、選択できる方法です。

※但し、残しておけるのは、以下のみ

  • デスクトップ
  • ドキュメント
  • お気に入り(Microsoft Edge)
  • ミュージック
  • ピクチャ
  • ビデオ

「データは必要ないけど、念のために、ちょっとの間、残しておこうかな」という人は、この方法を選択するのがオススメです。

そうした場合、手順の中でユーザーのデータを残す選択肢を選んでください。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、削除したいユーザー以外の、管理者権限をもつアカウントで、ログインしている必要があります。

手順1. まず、コントロールパネルを開きます。画面下部の①検索ボタンをクリックし、②検索ワードの入力欄に「cp」と入力。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像2
  • 入力するのは「control」や「コントロールパネル」,たぶん「con」や「コン」でも大丈夫。
  • 画像や手順は、PCの設定などにより、すこし異なる場合があります。その場合は、適当に読み替えてください。

手順2. 検索結果にコントロールパネルが表示されるので、コントロールパネルのアイコンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像3

手順3. コントロールパネルが表示されます。このとき、表示方法が「カテゴリ」でない場合は、「カテゴリ」に変更してください。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像4

表示が「カテゴリ」以外になっている場合は、以下を実施してください。

表示方法の切替手順】①表示方法が、「カテゴリ」以外になっている場合は、②表示方法のボタンをクリックし、③「カテゴリ」を選択してクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像5
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像6

※コントロールパネルの開き方は、ここで記載した手順以外にも、いろいろあります。以前に記事を書いていますので、興味のある人は、以下をご参照ください。

win11】コントロールパネルの開き方

手順4. では、次に「ユーザーアカウント」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像7

手順5.「ユーザーアカウントの削除」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像8

手順6. 削除したいユーザーアカウントをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像9

※画像では、Microsoftアカウントを選択していますが、ローカルアカウントでも削除の手順は同じです。

手順7. 左の項目から、「アカウントの削除」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像10

手順8. ユーザーのデータを残すか、削除するか、聞かれます。ケースに合わせて、手順を実施してください。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像11

※データを残す場合、対象となるデータは以下です。

  • デスクトップ
  • ドキュメント
  • お気に入り(Microsoft Edge)
  • ミュージック
  • ピクチャ
  • ビデオ

判断がつかない場合は、残しておいたほうが無難です。

a) ユーザーのデータを残す場合

以下の手順を実施してください。

その1.「ファイルの保持」ボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像12
その2.「アカウントの削除」ボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像13
その3. これで、ユーザーアカウントは削除されました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像14

※PCを起動したときのサインイン画面からも、ユーザーの表示が消えます。

アカウントは削除されましたが、ユーザーのデータは、デスクトップに保存されています。

※フォルダ名は、コンピュータ名で作成されます。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像15

保存されたデータの中身はこんな感じです。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像16

b) ユーザーのデータを削除する場合

以下の手順を実施してください。

その1.「ファイルの削除」ボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像17
その2.「アカウントの削除」ボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像18
その3. これで、ユーザーアカウントは削除されました。(ユーザーのデータも、同じタイミングで削除されています。)

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像19

※PCを起動したときのサインイン画面からも、ユーザーの表示が消えます。

手順9. はい、これで、ユーザーアカウントの削除は完了です。コントロールパネルは、×ボタンをクリックして閉じてください。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像20

続いて、次の方法を説明します。

3. Windows11の設定画面から、ユーザーアカウントを削除する方法

Windows11の設定画面から、ユーザーアカウントの削除を行います。

設定画面を操作することに慣れている人には、とっつきやすい方法です。

注意点としては、この方法は、デスクトップやドキュメントなど、削除対象のユーザーデータも、完全に削除されます。

そのため、必要なデータを消してしまうことも考えられます。

「ユーザーのデータは要らない。」と、わかっている人には、オススメの方法です。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、削除したいユーザーアカウント以外の、管理者アカウントでログインしている必要があります。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②設定アイコンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像21

手順2. 設定画面が表示されるので、アカウントをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像22

手順3. 右側のメニューの中から、「家族とその他のユーザー」をクリックします。※Windows11 Homeの場合は、「他のユーザー」をクリック。

※Windows11 Homeエディション以外の場合

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像23

※Windows11 Homeエディションの場合

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像24

手順4.「他のユーザー」の欄に、表示されているユーザーアカウントの中から、①削除したいユーザーアカウントをクリック、次に②削除ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像25

※画像では、ローカルアカウントを選択していますが、Microsoftアカウントでも削除の手順は同じ。

手順5.「アカウントとデータを削除しますか?」と聞いてくるので、「アカウントとデータの削除」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像26

※ユーザーのデータは削除されます。削除しても大丈夫か、バックアップをとっておく必要はないか、いま一度、お試しかめください。

手順6. 元の画面に戻れば、ユーザーアカウントの削除は完了です。(ユーザーのデータも削除されています。)

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像27

では、次の手順を説明します。

4. Windows11の「netplwiz」から、ユーザーアカウントを削除する方法

「netplwiz」とは、Windows11に搭載されているユーザーアカウントの管理用ツールです。

この「netplwiz」を使って、ユーザーアカウントを削除することができます。

この方法で削除した場合、デスクトップやドキュメントなど、削除対象のユーザーのデータは削除されません。

(完全にデータを残しておくことが可能)

こういう感じです。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像28

「もしかしたら、あとでデータが必要になるかも?」と心配な人には、この方法をオススメします。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、削除したいユーザーアカウント以外の、管理者アカウントでログインしている必要があります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像29

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「netplwiz」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像30

手順3.「netplwiz」が起動しますので、①削除したいユーザーをクリックして選択し、②削除(R)ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像31

※画像では、ローカルアカウントを選択していますが、Microsoftアカウントでも削除の手順は同じ。

手順4.「~を削除しますか?」ときいてくるので、はい(Y)ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像32

手順5. はい、これでユーザーアカウントが削除されました。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像33

【備考】ユーザーアカウントは削除されましたが、ユーザーのデータ(デスクトップなど)は、完全に残っています。

データは、Cドライブの「ユーザー」フォルダの中にあります。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像34

※Microsoftアカウントの場合、Microsoftアカウントのメールアドレスの頭5文字が、フォルダ名になります。(たいていの場合)

ユーザーデータの中身はこんな感じです。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像35

※画像は、エクスプローラの設定で、隠しファイル、隠しフォルダを表示させる設定にしています。

データを残しておく必要がなくなった場合は、フォルダ毎、削除してください。①対象フォルダを右クリックし、②ごみ箱マークをクリックします。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像36

Windows11の「netplwiz」から、ユーザーアカウントを削除する方法の説明はこれで終わりです。

では、次の手順を説明します。

5. Windows11のコマンドプロンプトから、ユーザーアカウントを削除する方法

Windowsに標準搭載されている「コマンドプロンプト」から、コマンドを入力し、ユーザーアカウントを削除する方法です。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像37

コマンドプロンプトに馴染みのない人は、とっつきにくいかもしれません。なので、パソコンに詳しい人向けの方法かなと思います。

コマンドを打ちこむだけで、アカウントを削除できるのがメリット。削除したいユーザーアカウントがたくさんある場合、便利です。

逆にいえば、たくさん削除しない場合は、この方法を使う必要はあまりないです。

この方法を使った場合、ユーザーアカウントのみ削除され、ユーザーデータは削除されません。(完全にデータを残しておくことが可能)

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、削除したいユーザーアカウント以外の、管理者アカウントでログインしている必要があります。

手順1. まず、管理者としてコマンドプロンプトを起動します。①デスクトップ下部の検索ボタンをクリックし、②入力欄に「cmd」と入力。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像38
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像39

手順2. 検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、「管理者として実行」をクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像40

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像41

手順4. コマンドプロンプトが起動するので、まず、登録されているユーザーを確認します。「net user」と入力し、キーボードからEnterキーを押す。

入力するコマンド:

net user

※各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像42

手順5. ユーザーアカウントの一覧が表示されます。ここで、削除したいユーザーのユーザーアカウント名を確認します。

下の画像だと、6つのユーザーアカウントが登録されています。

  • Administrator
  • DefaultAccount
  • Guest
  • osechi-tech
  • osechi-test
  • WDAGUtilityAccount

※[Administrator], [DefaultAccount], [Guest], [WDAGUtilityAccount]は、Win11に最初から作成されているアカウントです。削除対象にはできません。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像43

[注意事項]

Microsoftアカウントの場合、メールアドレスの頭5文字が、ユーザーアカウント名として登録されています。この頭5文字の名前がユーザーアカウント名となります。

手順6. つぎにユーザーアカウントを削除します。「net user 確認したユーザーアカウント名 /delete」と入力し、キーボードから、Enterキーを押す。

入力するコマンド:

net user 確認したユーザーアカウント名 /delete

※各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像44

手順7.「コマンドは正常に終了しました。」と表示されたら、ユーザーアカウントの削除は完了です。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像45

【備考】ユーザーアカウントは、削除されましたが、ユーザーのデータ(デスクトップなど)は、完全に残っています。

データは、Cドライブの「ユーザー」フォルダの中にあります。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像46

※Microsoftアカウントの場合、メールアドレスの頭5文字が、フォルダ名になります。

ユーザーデータの中身はこんな感じです。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像47

※画像は、エクスプローラの設定で、隠しファイル、隠しフォルダを表示させる設定にしています。

データを残しておく必要がなくなった場合は、フォルダ毎、削除してください。①対象フォルダを右クリックし、②ごみ箱マークをクリック。
「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法」説明用画像48

Windows11のコマンドプロンプトから、ユーザーアカウントを削除する方法の説明はこれで終わりです。

6.【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

※1.ユーザーアカウントを削除した後、別のユーザーを追加したい人は、以下を参照ください。

※2.そのほか、ユーザー名を変更する方法など、関連のありそうな記事のリンクを記載しておきます。興味のある方は、ご覧ください。

ユーザーアカウントの削除は、データを消していいのか、ダメなのかという判断が必要です。このへんが、ちょっと面倒くさいですよね。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】ユーザーアカウントを削除する方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました