【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法

Windows11
この記事は約19分で読めます。


WIN11でユーザー名を変更したい人
Win11で、ユーザー名を変更したいんだけど・・・。
あれ? ユーザー名の変更って、どうやるんだ?
だれか、Win11でユーザー名を変更する方法を教えてよ。

 

はい、こんなWindows11のユーザー名(アカウント名)の悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、ユーザー名(アカウント名)を変更する方法を解説しています。

(ローカルアカウント、Microsoftアカウント、どちらも変更可能)

この記事を読んだ結果は、以下です。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法(はじめに)

はじめに説明しておきますと、Windows11のユーザー名(アカウント名)には、以下の二つの種類があります。

  • 実際のユーザー名
  • ユーザーの表示名(フルネーム)
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像2

システムが認識しているのは、実際のユーザー名のほうです。たとえば、次のケースなどでは、この実際のユーザー名を使用します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像3

ユーザーの表示名(フルネーム)のほうは、あくまでも表示用の名前です。設定してあれば、ログイン画面や、スタートメニューなどに、ユーザー名として表示されます。

・ログイン(サインイン)画面

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像4

・スタートメニュー

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像5

Windows11では、これらのユーザー名(アカウント名)は、設定画面からは、変更できないようになっています。

そのため、変更方法がわからないという人も多いと思います。

今回、この記事では、「ユーザーの表示名を変更する方法」と、「実際のユーザー名を変更する方法」のどちらも、解説しています。

ログイン画面・スタートメニューなどで表示されるユーザー名を、変更したい場合は、以下をみてください。

使用者が変わったケースなどで、実際のユーザー名自体を変更したい場合は、以下の方法をみてもらえればと思います。

今後も使うかもしれないので、どちらもみておきたいという人は、順番に、ざっと目を通してもらうのが、オススメです。

では、最初の方法から、順番に説明していきます。

2. Windows11の「ユーザーの表示名(フルーネーム)」を変更する方法

ユーザーの表示名(フルーネーム)を変更すれば、ログイン画面やスタートメニュー上の、ユーザー名の表示を変えられます。

※実際のユーザー名を日本語で設定すると、エラーの原因になる場合があります。そのため、実際のユーザー名を英数字記号で、ユーザーの表示名を日本語で設定するのが一般的です。

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントでは、変更の方法が異なります。お使いのアカウントの種類に合わせて変更を行ってください。

※ユーザー名を変更したいアカウントが、ローカルアカウントなのか、Microsoftアカウントなのか、わからない人は、以下の手順をご覧ください。

確認手順は以下です。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②設定アイコンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像6

手順2. 設定画面の左上に、ローカルアカウントと表示があれば、ローカルアカウント。メールアドレスが記載されていれば、Microsoftアカウントです。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像7
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像8

以上で、確認は終わりです。

2-1. Microsoftアカウントの「ユーザーの表示名(フルーネーム)」を変更する方法

Microsoftアカウントのユーザーの表示名(フルーネーム)を変更する方法について、説明します。

Microsoftのサイトへアクセスして、「ユーザーの表示名(フルーネーム)」を変更します。

※変更後、パソコンの再起動などを行えば、設定が反映。

手順は以下になります。

手順1. Microsoftアカウントのサインインページへアクセスします。

Microsoftアカウントのサインインページは、こんな感じ。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像9

※手順や画像は、お使いのPCの環境などになり、異なる場合があります。そのあたりは適当に読み替えていただければと思います。

手順2. サインインページ上の、「サインイン>」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像10

手順3. サインインの画面が表示されるので、①Microsoftアカウントのメールアドレスを入力し、②「次へ」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像11

手順4.「パスワードの入力」画面が表示されるので、①Microsoftアカウントのパスワードを入力し、②「サインイン」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像12

手順5.「サインインの状態を維持しますか?」と聞かれるので、「いいえ」あるいは「はい」ボタンをクリックします。

※よくわからなければ、「いいえ」を押しておけば問題ありません。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像13

手順6. Microsoftアカウントのページにサインインできました。つぎに「あなたの情報」をクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像14

手順7. 「名前を編集する」をクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像15

手順8.「名前を編集する」画面が表示されるので、「姓」,「名」欄を、設定したい「ユーザーの表示名(フルネーム)」になるように変更します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像16

※パソコンのサインイン画面などには、姓名が繋がった状態で表示されます。

手順9. 画像の文字の認識チェックを行います。①画像に表示されている文字を、②下の欄に入力します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像17
  • 入力する文字は半角です。
  • 大文字小文字を正確に入力してください。

手順10. 入力が終われば、「保存」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像18

手順11. フルネーム欄が変更されていることを確認します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像19

手順12. 問題なく変更されていれば、①右上の「人間マーク」をクリックし、②サインアウトをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像20
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像21

手順13. はい、これで、ユーザーの表示名(フルネーム)の変更が完了しました。

※ユーザーの表示名への変更は、PCにはなかなか反映されません。すぐに反映させたい場合、以下を実施してください。

  1. パソコンを再起動
  2. パソコンにMicrosoftアカウントでサインイン
  3. (しばらく待ってから、)サインアウト
  4. 再度サインイン
  • (反映されれば、)スタートメニューも変更されます。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像22
  • ログイン(サインイン)画面も変更されます。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像23

これで、Microsoftアカウントのユーザーの表示名を変更する手順はおわりです。

2-2. ローカルアカウントの「ユーザーの表示名(フルーネーム)」を変更する方法

ローカルアカウントのユーザーの表示名(フルーネーム)を変更する方法について、以下の2つを説明します。

コマンドプロンプトを使う方法は、パソコンに詳しい人向けの方法かなと思います。

普通の人は、「netplwiz」を使う方法だけ見てもらえば、大丈夫です。

では、「netplwiz」を使って変更する方法から、説明します。

2-2-1.「netplwiz」を使って、ユーザーの表示名(フルネーム)を変更する方法

「netplwiz」とは、Windows11に搭載されているユーザーアカウントの管理用ツールです。

この「netplwiz」を使って、ユーザーの表示名(フルネーム)を変更できます。

この方法でユーザーの表示名を変更すれば、大抵の場合、問題ないです。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、管理者権限を持つアカウントでログインしている必要があります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像24

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す
手順2. ①名前(O)の入力欄に「netplwiz」と入力して、②OKボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像25
手順3.「netplwiz」が起動しますので、①表示名(フルネーム)を変更したいユーザーをクリックして選択し、②プロパティ(R)ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像26

※画像では、ローカルアカウントを選択していますが、Microsoftアカウントでも変更の手順は同じです。

手順4. プロパティの画面が開きますので、フルネーム(L)の欄を、表示したい名前に変更します。(もし、何も入っていなければ、表示したい名前を入力してください。)
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像27

※Microsoftアカウントの場合は、既に設定済みで、ローカルアカウントの場合は、未設定のケースが多いかと思います。

手順5. OKボタンをクリックして、「netplwiz」を閉じます。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像28
手順6.「今すぐサインアウトしますか?」と表示された場合、はい(Y)ボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像29

※いいえ(N)をクリックすると、変更が反映されません。

手順7. はい、これで、ユーザーの表示名(フルネーム)の変更が完了しました。
  • ログイン(サインイン)画面も変更されています。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像30
  • スタートメニューも変更されています。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像31

以上で、手順の説明はおわりです。

続いて、コマンドプロンプトを使って、変更する方法を説明します。

2-2-2.「コマンドプロンプト」を使って、ユーザーの表示名(フルネーム)を変更する方法

Win11に標準で入っている「コマンドプロンプト」から、コマンドを入力し、ユーザーの表示名(フルネーム)を変更します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像32

コマンドプロンプトに馴染みのない人は、操作方法など、とっつきにくいかと思います。

そのため、パソコンに詳しい人向けの方法かなと思います。

ユーザーの表示名(フルネーム) を変更するのに必要な操作は、コマンドを打ちこむだけです。そのため、変更したいユーザーアカウントがたくさんある場合、便利です。

逆にいえば、たくさん変更しない場合は、この方法を使う必要はあまりないです。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、管理者権限を持つアカウントでログインしている必要があります。

手順1. まず、管理者としてコマンドプロンプトを起動します。①デスクトップ下部の検索ボタンをクリックし、②入力欄に「cmd」と入力。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像33
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像34
手順2. 検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、「管理者として実行」をクリックします。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像35

※「管理者として実行」ではなく、通常の「開く」で起動すると、「ユーザーの表示名」の変更・設定は行えません。ご注意ください。

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像36
手順4. コマンドプロンプトが起動するので、まず、登録されているユーザーを確認します。「net user」と入力し、キーボードからEnterキーを押します。

入力するコマンド:

net user

※各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像37
手順5. ユーザーの一覧が表示されます。ここで、表示名(フルネーム)を変更したいユーザーの、ユーザー名(ユーザーアカウント名)を確認します。

下の画像だと、6つのユーザーアカウントが登録されています。この中から、変更したいユーザーのユーザー名を確認します。

  • Administrator
  • DefaultAccount
  • Guest
  • osechi-tech
  • osechi-test
  • WDAGUtilityAccount

※[Administrator], [DefaultAccount], [Guest], [WDAGUtilityAccount]は、Windows11に最初から作成されているアカウントです。普通は、それ以外のアカウントが対象になります。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像38

※補足

Microsoftアカウントの場合、通常は、メールアドレスの頭5文字が、実際のユーザー名として、登録されています。

この頭5文字の名前がユーザー名(ユーザーアカウント名)となります。

手順6. ユーザーの表示名(フルネーム)を設定します。「net user 確認したユーザー名 /fullname:”表示させたい名前”」と入力し、キーボードから、Enterキーを押します。

入力するコマンド:

net user 確認したユーザー名 /fullname:"表示させたい名前"

※注意事項

  • 各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。
  • “表示させたい名前”を囲っている「”」は半角。
  • 既に、ユーザーの表示名(フルネーム)が登録されていたとしても、上書きされます。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像39
手順7.「コマンドは正常に終了しました。」と表示されていることを確認します。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像40
手順8. コマンドプロンプトは、×ボタンをクリックして閉じます。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像41
手順9. はい、これでユーザーの表示名(フルネーム)の変更手順は完了です。

※現在、サインインしているユーザーの表示名を変更した場合は、一旦、サインアウトして、再度サインインしてください。スタートメニューなどの表示名が、変わっていることが確認できます。

  • ログイン(サインイン)画面も変更されています。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像42
  • スタートメニューも変更されています。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像43

これで、ユーザーの表示名(フルネーム)の変更方法は終わりです。

では、次に実際のユーザー名を変更する方法を説明します。

3. Windows11の「実際のユーザー名(ユーザーアカウント名)」を変更する方法

ユーザーの表示名(フルネーム)ではなく、実際のユーザー名を変更する方法を説明します。

使用者が変わったタイミングなどで、よく行われる作業かと思います。

※変更する際の注意点ですが、ユーザー名を日本語で設定すると、エラーの原因になります。 ユーザー名は半角英数字記号の組み合わせで、設定してください。

ここでは、以下の2つの方法を説明します。

※ ローカルアカウントでも、Microsoftアカウントでも、変更方法は同じです。

コマンドプロンプトを使う方法は、パソコンに詳しい人向けの方法かなと思います。

普通の人は、「netplwiz」を使う方法だけ見てもらえば、大丈夫です。

では、「netplwiz」を使う方法から、説明します。

3-1.「netplwiz」を使って、実際のユーザー名(ユーザーアカウント名)を変更する方法

「netplwiz」とは、Windows11に搭載されているユーザーアカウントの管理用ツールです。

この「netplwiz」を使って、ユーザー名 (ユーザーアカウント名) の変更を行うことができます。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、管理者権限を持つアカウントでログインしている必要があります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像44

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「netplwiz」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像45

手順3.「netplwiz」が起動します。①ユーザー名を変更したいユーザーをクリックして選択し、②プロパティ(R)ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像46

※画像では、ローカルアカウントを選択していますが、Microsoftアカウントでも変更の手順は同じです。

手順4. プロパティの画面が開くので、①ユーザー名(U)の欄を、変更したいユーザー名に変更し、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像47

※ユーザー名の下のフルネーム(F)を変更すれば、ユーザーの表示名を変更することもできます。

手順5.「netplwiz」を閉じます。OKボタンをクリックしてください。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像48

手順6. はい、これで、ユーザー名の変更が完了しました。

※現在ログインしているユーザーを変更した場合は、一旦サインアウトしてから、再度サインインし直してください。(一部の機能がうまく動かないため)

今後、共有フォルダのアクセスや、リモートデスクトップ接続で、このユーザーを使う場合は、変更後のユーザー名を使用します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像49

では、次にコマンドプロンプトを使った変更方法を説明します。

3-2.「コマンドプロンプト」を使って、実際のユーザー名 (ユーザーアカウント名) を変更する方法

Win11に標準で入っている「コマンドプロンプト」から、実際のユーザー名(ユーザーカウント名)を変更します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像50

コマンドプロンプトに馴染みのない人は、とっつきにくいかと思います。なので、パソコンに詳しい人向けの方法かなと思います。

コマンドを打ちこむだけで、 実際のユーザー名(ユーザーアカウント名)を変更できます。変更したいユーザーアカウントがたくさんある場合、便利です。

逆にいえば、たくさん変更しない場合は、この方法を使う必要はあまりないです。

以下、手順の説明です。

※手順を実施するには、管理者権限を持つアカウントでログインしている必要があります。

手順1. まず、管理者としてコマンドプロンプトを起動します。①デスクトップ下部の検索ボタンをクリックし、②入力欄に「cmd」と入力。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像51
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像52

手順2. 検索結果にコマンドプロンプトが表示されるので、「管理者として実行」をクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像53

※「管理者として実行」ではなく、通常の「開く」で起動すると、ユーザー名の変更は行えません。ご注意ください。

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像54

手順4. コマンドプロンプトが起動するので、まず、登録されているユーザーを確認します。「net user」と入力し、キーボードからEnterキーを押します。

入力するコマンド:

net user

※各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像55

手順5. ユーザーの一覧が表示されます。ここで、変更したいユーザーの、ユーザー名(ユーザーアカウント名)を確認します。

下の画像だと、6つのユーザーアカウントが登録されています。この中から変更したいユーザー名を確認します。

  • Administrator
  • DefaultAccount
  • Guest
  • osechi-tech
  • osechi-test
  • WDAGUtilityAccount

※[Administrator], [DefaultAccount], [Guest], [WDAGUtilityAccount]は、Windows11に最初から作成されているアカウントです。変更しないでください。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像56

※補足

Microsoftアカウントの場合、通常は、メールアドレスの頭5文字が、実際のユーザー名として、登録されています。

この頭5文字の名前がユーザー名(ユーザーアカウント名)となります。

手順6. ユーザー名を変更します。「 wmic useraccount where name=’確認したユーザー名’ call rename name=’変更後の ユーザー名’ 」と入力し、Enterキーを押す。

入力するコマンド:

wmic useraccount where name='確認したユーザー名' call rename name='変更後の ユーザー名'
  • 各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。
  • ‘確認したユーザー名’や ‘変更後の ユーザー名’を、囲っている「’」は半角。
「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像57

手順7.「メソッドが正しく実行しました。」と表示されていることを確認します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像58

※このメッセージが表示されれば、ユーザー名は正しく変更され、システムに保存されています。

手順8. 正しく変更されたか確認します。もう一度「net user」と入力して、キーボードからEnterキーを押します。

入力するコマンド:

net user

各語句の間のスペースは、半角スペース1個です。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像59

手順9. 表示されたユーザーの一覧をみて、ユーザー名が正しく変更されているか確認します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像60

手順10. ユーザー名が正しく変更されていることが確認できれば、コマンドプロンプトは、×ボタンをクリックして閉じます。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像61

手順11. はい、これでユーザー名(ユーザーアカウント名)の変更手順は完了です。

※現在ログインしているユーザーの、ユーザー名を変更した場合は、一旦サインアウトしてから、再度サインインし直してください。(一部の機能が上手く動かないため)

今後、共有フォルダへのアクセスや、リモートデスクトップ接続で、このユーザーを使う場合は、変更後のユーザー名を使用します。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法」説明用画像62

4.【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

※この記事では紹介しませんでしたが、ユーザーのパスワードの変更方法についても、以前、記事を書いています。併せてパスワードの変更もしたいという方は、以下をご覧ください。

Windows11のログインパスワードを変更する方法

その他、関係ありそうな記事のリンクを載せておきます。興味のある人は参照ください。

ユーザーの表示名にしても、実際のユーザー名にしても、簡単には変更できないような設計になっています。そのため、戸惑ってしまった人は、多かったのではないでしょうか。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】ユーザー名(アカウント名)を変更する方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました