【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法

Windows11
この記事は約18分で読めます。


WIN11でリモートデスクトップをしたい人
Win11で、リモートデスクトップを使いたいんだけど・・・。
設定とか、やり方がわからんわ。
だれか、リモートデスクトップで接続する方法を教えてよ。

 

はい、こんなWindows11のリモートデスクトップの悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、リモートデスクトップ接続する方法を解説しています。

記事を読んだ結果は、以下です。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法(はじめに)

1-1.リモートデスクトップとは

リモートデスクトップとは、WindowsPCから、他のWindowsPCに接続し、遠隔操作するための、ツール・機能です。

※接続する側(クライアント)には、WindowsPC以外に、以下のデバイスなども使用可。

  • iPhone
  • Mac
  • Android など

自宅や会社の中だけ、といったローカルな環境での使用に加え、VPN接続と組み合わせて、テレワーク用途で使うこともあります。

Windows7,8,10などと同様に、Windows11でも、リモートデスクトップを利用できます。

また、リモートデスクトップに使用するソフトウェアやツールは、Windowsに初めから搭載済み。

(なので、無料です。)

イメージは、こんな感じ。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像2

今回は、以下を説明します。

1-2.【注意①】Windows11 Homeは、接続される側(ホスト)にはなれない。

Windows11 Proエディションは、接続する側(クライアント)にも、接続される側(ホスト)にも、なることができます。

Windows11 Homeエディションは、接続する側(クライント)には、なれます。しかし、接続される側(ホスト )には、なれません。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像3

但し、Windows11 Homeでも、Windows11 proにアップグレードすれば、リモートデスクトップのホストとして、使用できます。

※別途ライセンスを購入する必要あり。

自分のWin11パソコンが、HomeなのかProなのか、わからない場合、こちらの手順を参照し、ご確認ください。

1-3.【注意②】インターネット経由で接続する場合は、VPNの仕組みが必要

通常、インターネット経由でリモートデスクトップ接続したい場合は、その前提として、VPNの仕組みが必要になります。

※VPN(Virtual Private Network)は、外出先などから、インターネット経由で、会社や自宅のネットワークに接続するための仕組み

VPNの仕組みがない場合、外出先などから、リモートデスクトップで接続しようとすると、

会社や自宅のネットワークの入口で、ファイアウォールに接続をブロックされます。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像4

そのため、以下のようなケースでは、Windowsのリモートデスクトップを使うことは諦めたほうがいいです。他の手段の検討をオススメします。

  • 会社のパソコンに、インターネット経由でリモートデスクトップ接続したいが、VPNの仕組みが用意されていない
  • 自宅のパソコンに、インターネット経由でリモートデスクトップ接続したい

※自宅のネットワーク環境にはVPNの仕組みは通常ありません。自分でVPNを使える環境を構築することは可能ですが、ハードルは高いです。

他の手段として、無料で使えるアプリ・ツールを3つ紹介しておきます。

  • Chrome リモート デスクトップ
  • TeamViewer
  • クイックアシスト(Microsoft)

※1 「Chrome リモート デスクトップ」や「クイックアシスト」は、クライアントからホストへ接続するときに、ホスト側での操作が必要です。

※2 その他、法人なら有償サービスを使うという手もあります。こういうのとか。2か月無料みたいです。

株式会社インターリンク【テレワークに最適!グループ専用VPN】

(会社の場合、有償サービスを選択したほうが無難かもしれません。なにかあったとき、安全なので。)

では、次に、Windows11で、リモートデスクトップ接続されるための設定や、接続するための手順を説明します。

2.【Windows11】リモートデスクトップで接続されるための設定(接続を許可する)

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像5

Windows11のPCが、リモートデスクトップで接続されるためには、接続を許可するように、設定が必要になります。

以下の手順で行います。

※手順は管理者権限のあるユーザーで行ってください。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②設定アイコンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像6

画面などは、ソフトのバージョンの違いなどにより、すこし異なることがあります。その場合は、適当に読み替えてください。

手順2. 右側にシステムの各項目が表示されるので、右のスクロールバーを①下方向にスクロールし、②「リモートデスクトップ」をクリック。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像7

手順3. リモートデスクトップのスイッチをオンに変更します。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像8

手順4.「リモートデスクトップを有効にしますか?」というメッセージが表示されるので、「確認」ボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像9

手順5. リモートデスクトップのスイッチが、①オンになっていることを確認し、表示されている②PC名をメモしておきます。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像10

手順6. つぎに、接続するときに使うので、接続先PCのIPアドレスを確認します。

IPアドレスは、ネットワーク上で通信相手を識別するための番号です。

リモートデスクトップの接続先を、IPアドレスを使って指定するために、確認しておきます。

確認手順は、以下です。

手順6-1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像17

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順6-2. ①名前(O)の入力欄に「cmd」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像18

手順6-3. コマンドプロンプトが起動するので、①「ipconfig」と入力して、②Enterキーを押します。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像19
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像20

手順6-4. 実行結果が表示されます。IPv4アドレスというところに、IPアドレスが表示されているので、メモしておきます。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像21

※接続先PCが、WiFiでネットワークに接続している場合は、Wireless LAN adapter~と記載されているところにあるIPv4アドレスをメモします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像22

はい、これで、リモートデスクトップで接続されるための設定と、必要な情報の確認ができました。

【補足】管理者権限のないユーザーにもアクセスを許可する

接続される側(ホスト)のPCで、リモートデスクトップの許可を有効にしました。

初期設定では、管理者権限のあるユーザーのみ、リモートデスクトップでアクセスできるようになっています。

しかし、管理者権限のないユーザーにも、リモートデスクトップでのアクセスを許可したい場合もあります。

管理者権限のないユーザーにも、アクセスを許可する場合、以下の手順で許可リストにユーザーを追加してください。

以下の手順を実施してください。

手順その1. (リモートデスクトップの設定画面で、) リモートデスクトップユーザーをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像11

手順その2. 以下の画面が表示されるので、追加(D)ボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像12

手順その3.「ユーザの選択」というウィンドウが表示されるので、①ユーザー名を入力し、②名前の確認(C)をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像13

※ユーザー名がわからない場合、こちらの手順を参照してください。

手順その4. ユーザー名が正しければ、①名前に下線が入ります。②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像14

ユーザー名が正しくなかった場合は、「名前が見つかりません」というウィンドウが表示されます。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像15

手順その5. ①追加したユーザーが表示されていることを確認し、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像16

はい、これで管理者権限のないユーザーにも、リモートデスクトップのアクセスを許可できました。

※管理者権限のないユーザーに、管理者権限を付与したいという場合は、こちらの記事を参照ください。

リモートデスクトップで接続されるための設定についての説明は、これでおわりです。

3.【Windows11】リモートデスクトップで接続する手順

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像23

Windows11のPC(クライアント)から、リモートデスクトップで接続する手順を説明します。

以下の手順で行います。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像24

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「mstsc /admin」と入力して、②OKボタンをクリックします。

mstscと/adminの間は半角スペース1個入力してください。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像25

※「/admin」をつけることによって、管理者モードで、リモートデスクトップ接続ができるようになります。

管理者モードで接続すると、マシンの前に座って作業していたのと同じ環境に接続することができるので、便利です。

(接続先がパソコンの場合、つけなくても、ほとんどのケースで特に問題はありません。)

手順3. コンピューター(C)に①接続先PCのIPアドレスを入力し、②接続(N)ボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像26

手順4. ユーザー名に①接続先PCのユーザーアカウント名を入力し、次に②パスワードを入力、③OKボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像27

【備考】

  • 「このアカウントを記憶する」にチェックをつければ、次から、パスワード入力する手間が省けます。
  • パスワードにPIN番号を入力する人がいますが、PIN番号ではなく元々のアカウントのパスワードを入力します。
  • 接続先PCでパスワードを無しに設定しているユーザーアカウントは使用できません。
  • 接続先PCのユーザーアカウント名がわからない場合、こちらを参照してください。

手順5. 以下のウィンドウが表示された場合、①「このコンピュータへの接続について今後確認しない(D)」にチェックをいれ、②はい(Y)ボタンをクリック。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像28

手順6. はい、これでリモートデスクトップで接続できました。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像29

※リモートデスクトップで接続できない場合は、以下を参照してください。

簡単に操作方法などの説明をしておきます。

【使い方1】リモートデスクトップの操作方法の説明

リモートデスクトップで接続したときの操作方法の説明です。

a) ウィンドウの最大化と、最大化を解除する方法

リモートデスクトップのウィンドウを最大化するには、ウィンドウの右上の最大化ボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像30

逆にウィンドウの最大化を解除するには、画面上部に表示されているバーの「元に戻す」ボタンをクリック。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像31

b) 表示サイズを変更する方法

表示サイズを変更するには、つぎの手順をおこないます。

  1. リモートデスクトップ接続の、上部のバーを右クリック
  2. 拡大にカーソルを合わせる
  3. 変更したい表示サイズをクリック
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像32

また、リモートデスクトップ接続の上部のバーを右クリックした後、

  1. スマートサイズ指定(A)をクリックすれば、
  2. リモートデスクトップ接続のウィンドウサイズに、接続先PCの画面がピッタリ収まるように、自動で調節されます。
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像33
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像34

c) リモートデスクトップ経由で、データをコピー&ペーストする

リモートデスクトップで接続しているコンピュータに、接続元のコンピュータのファイルやフォルダを、コピーすることもできます。

手順は簡単で、

接続元のパソコンでファイルをコピーし、接続先のパソコンで貼り付けするだけです。

(こんな感じ)

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像35
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像36
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像37

逆に、接続先のパソコンから、接続元のパソコンにコピーすることも、同じようにできます。

d) リモートデスクトップを切断する方法

リモートデスクトップを切断して、終了するには、以下の手順を行います。

  • リモートデスクトップが最大化している場合、上部のバーの×ボタンをクリックします。
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像38
  • リモートデスクトップが最大化していない場合、タイトルバーの×ボタンをクリックします。
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像39

※再度、リモートデスクトップで接続すれば、切断前と同じ画面にアクセスできます。

【使い方2】リモートデスクトップの接続情報を保存する

リモートデスクトップの接続情報(接続先・ユーザー名など)を、ファイルに保存しておくことができます。
※ファイルの種類は、リモートデスクトップファイルとなります。拡張子は「.RDP」。

デスクトップに保存しておけば、ファイルをダブルクリックするだけで、リモートデスクトップで接続できるので、便利です。

手順は以下です。

手順その1. (リモートデスクトップの接続先を指定する画面で、) オプションの表示(O)をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像40

手順その2. ①コンピューター(C)に接続先PCのIPアドレスを入力、②「ユーザー名」に接続先PCのユーザーアカウントを入力後、③名前を付けて保存(V)をクリック。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像41

そのほかの項目を設定し、保存しておくこともできます。(画面タブで画面サイズの設定を保存など)

手順その3. ①保存先にデスクトップなどを指定し、②任意のファイル名を入力後、③保存(S)ボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像42

手順その4. はい、これで、リモートデスクトップの接続情報ファイルが作成されました。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像43

手順その5.(ファイルから起動してみます。)接続情報ファイルをダブルクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像44

手順その6. (以下のウィンドウが表示された場合、)「このコンピューターへの接続について今後確認しない(O)」に①チェックをいれ、②接続(N)ボタンをクリック。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像45

手順その7. はい、これで、パスワードを入力して、OKボタンを押すだけで接続できます。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像46

※「このアカウントを記憶する」にチェックをつければ、次から、パスワードの入力も省略できます。

4.【Windows11】リモートデスクトップで接続できない場合の対処方法

リモートデスクトップで接続できない場合の対処方法を書いておきます。

4-1. 接続先PCのファイアウォール設定を確認する

Windows11のファイアウォールの初期設定では、リモートデスクトップで接続されることは許可されていません

そのため、これが原因で接続できない可能性はかなり高いです。

(サードパーティ製のウィルス対策ソフトがインストールされている場合を除く)

サードパーティ製のウィルス対策ソフトがインストールされている場合と、インストールされていない場合で、少し事情が異なります。

お使いのPCの環境に合った対処を行ってください。

a) サードパーティー制のウィルス対策ソフトがインストールされていない場合

Windows Defender ファイアウォールが、接続をブロックしている可能性があります。

以下の手順を実施して、再度、リモートデスクトップが接続できるか確認してください。

手順は以下です。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②設定アイコンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像47

手順2. 左のメニューから、①「ネットワークとインターネット」をクリックし、②次にプロパティをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像48

手順3. 右側の設定項目の領域を、①上方向にスクロールし、ネットワークプロファイルの種類を、②プライベートをクリックして選択します。

はじめから、プライベートになっている場合は、なにもしなくても構いません。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像49

【注意点】

この設定変更によって、ネットワークプロファイルの種類がパブリックからプライベートに切り替わります。

セキュリティ的には弱くなるので、このパソコンを外出先などで使用する場合は、パブリックに戻して利用することをオススメします。

手順4.「ファイアウォールとセキュリティ設定の構成」をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像50

手順5.「アプリを切り替えますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像51

手順6. Windows セキュリティのウィンドウが立ち上がってくるので、「ファイアウォールによりアプリケーションの許可」をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像52

手順7.「設定の変更(N)」をクリックします。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像53

手順8. アプリの一覧の中から、リモートデスクトップを探し、①プライベートにチェックを入れて、②OKボタンをクリックします。

※すでにプライベートにチェックが入っている場合は、問題ありません。そのままウィンドウを閉じてください。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像54

手順9. はい、これで、ファイアウォールの設定が完了しました。Windows11を再起動した後、リモートデスクトップ接続できるか確認してください。

以上です。

b) 接続先のPCに、サードパーティー製のウィルス対策ソフトがインストールされている場合

Windows11のファイアウォール機能よりも、 サードパーティー製の ウィルス対策ソフトのファイアウォール機能のほうが、通常、優先されます。

そのため、ファイアウォールが原因として考えられる場合は、

ウィルス対策ソフトが、リモートデスクトップ接続をブロックしていないか確認してください。

確認する主な方法は、以下です。

  • メーカーのヘルプデスクに問い合わせをする。
  • メーカーのホームページにアクセスし、サポート情報などを確認する。
  • ウィルス対策ソフトのファイアウォール機能をオフにする。(問題の切り分け)
  • ウィルス対策ソフトを一旦、アンインストールする。(問題の切り分け)

※ウィルス対策ソフトのファイアウォール機能をオフにした場合や、アンインストールした場合、

Windowsのファイアウォール機能が有効になり、それが接続をブロックすることもありえます。

その場合は、「a) サードパーティー制のウィルス対策ソフトがインストールされていない場合」の手順を実施してください。

4-2. 接続先PCの電源が、落ちていないか確認する。

接続先のPCが、電源が落ちていたり、休止・スリープ状態になっている場合は、リモートデスクトップで接続できません。

接続先のパソコンが、問題なく起動しているか確認してください。

4-3. 接続先PCのIPアドレスが異なっている

接続先のIPアドレスを間違えて入力していることが原因で、接続できないことはよくあります。

また、接続先のIPアドレスが、変わってしまっていることもよくある原因です。

接続先PCのIPアドレスをもう一度確認し、誤りがないかチェックすることをオススメします。

また、接続先PCのIPアドレスがよく変わる場合は、コンピューター名を入力して接続できないか試してみてください。

・接続先を指定する画面で、IPアドレスの代わりにコンピューター名を入力する。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像55

4-4. 接続先PCのユーザーアカウントのパスワードの入力が間違っている

パスワードの入力について、よくあるケースについて、説明します。

a) CapsLockキーがオンになっている

CapsLockキーがオンになっていて、パスワードが間違って入力されていることがあります。

その場合、CapsLockをオフにして再度パスワードを入力してください。

  1. Shiftキーを押しながら、
  2. CapsLockキーを押す
  3. CapsLockがオフになる
「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法」説明用画像57

b) PINコードを入力している

リモードデスクトップで接続するときに入力するパスワードは、PINコードではありません。

ユーザーアカウントの元々のパスワードを入力してください。

※Microsoftアカウントで接続する場合は、 Microsoftアカウントのパスワードになります。

c) ユーザーアカウントにパスワードが設定されていない

リモートデスクトップでは、パスワードが設定されていないユーザーアカウントを使って、接続することができません。

接続先PCで、ユーザーアカウントにパスワードを設定したのち、再度リモートデスクトップ接続できるか確認してください。

※Win11PCのパスワードの設定方法は、こちらを参照すれば、確認できます。

4-5. VPNの接続が確立していない

通常、インターネット経由でリモートデスクトップ接続する場合、VPNの仕組みが必要になります。

インターネット経由で、リモートデスクトップ接続ができない場合は、

  • VPNの仕組みがある場合は、まず、VPN接続が確立しているか確認したのち、再度リモートデスクトップ接続を試してください。

  • VPNが仕組みがない場合は、インターネット経由で、リモートデスクトップで接続することは、通常できません。別のツールを使うなど検討してください。

5.【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】リモートデスクトップで接続する方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました