Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法

Windows11
この記事は約9分で読めます。


WIN11でOSのバージョンを知りたい人
使ってるWin11パソコンのOSのバージョンとか知りたいな。
どうやって、確認すればいいのかな?

 


この記事では、Windows11で、OSのバージョン情報などを調べる方法を解説します。

お使いのWin11パソコンの以下の情報が確認できます。

  • OSのバージョン ・・・・ (21H2など)
  • ビルド番号    ・・・・ (バージョンよりも更に細かいバージョン)
  • エディション   ・・・・ (Homeか、Proか、その他か)
  • ビット数     ・・・・ (64bit or 32bit)
  • その他      ・・・・ (CPUの種類・メモリ容量)

本記事を読んだ結果は、以下です。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

全開いくぜッ! フルスロットルだ!

1.Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法(おすすめの手順)

1-1.バージョン情報を表示する手順

手順といいますか、以下をリンクをクリックしてもらえば、Windows11のバージョン情報などが表示されます。

※設定を開きますか?のような、メッセージが表示された場合は、「設定を開く」とか「開く」ボタンをクリックしてください。

バージョン情報のウィンドウが表示されます。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像2

※以下の場合は、手動で表示してください。

  • バージョン情報が起動してこない場合
  • 手動で表示する手順を確認したい場合

手順は、以下を参照。

手順は短いので、すぐに終わります。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②設定アイコンをクリックします。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像3

※本記事に記載されている画像や手順は、PCの設定などになり、若干異なる場合があります。その場合は、適当に読み替えてください。

手順2. 以下のウィンドウが表示されますので、①一番下までスクロールし、②「バージョン情報」をクリックします。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像4

手順3. はい、これでWindows11のバージョン情報が表示されました。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像5

これで、バージョンを表示する手順は終了です。

1-2.各項目の確認手順(バージョンやビット数など)

では表示されたバージョン情報の中から、以下の項目について、確認方法を説明していきます。

OSのバージョンの確認

OSのバージョンを確認するには、 バージョン情報ページの「Windowsの仕様」の中の「バージョン」項目を確認します。

以下の画像では、「21H2」というのが、この、Windows11のバージョンになります。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像6

このOSのバージョンが古いと、新しいソフトが動作しない、などの問題が起こります。

※注意事項 バージョンが古いと、主に、以下の問題があります。

  • 新しいソフトをインストールできない場合がある。(必要な要件を満たせない)
  • セキュリティの面で、危険が増す。
  • 不具合などの修正がされません。(トラブルの原因になる)

このOSのバージョンを上げたい場合は、Windows Updateから、最新のバージョンに、バージョンアップできます。

  • Microsoftのページをみれば、公開されている最新のバージョンがわかります。
  • 以前に、手動でWindows Updateする方法の記事を書いておきましたので、興味のある人はご参照ください。簡単にアップデートできます。

ビルド番号の確認

ビルド番号は、バージョンよりも、更に細かいバージョンのことです。

ビルド番号を確認するには、 バージョン情報ページの「Windowsの仕様」の中の「OSビルド」項目を確認します。

以下の画像では、「22000.132」というのが、ビルド番号になります。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像7

ビルド番号も古いと、新しいソフトが動作しない、などの問題が起こります。

※ビルド番号が古い場合、主に以下の問題があります。

  • 新しいソフトをインストールできない場合がある。(必要な要件を満たせない)
  • セキュリティの面で、危険が増す。
  • 不具合などの修正がされません。(トラブルの原因になる)

このビルド番号を上げたい場合は、Windows Updateから、最新の更新プログラムをダウンロードすれば、上げられます。

(初期設定は自動更新になっているはずです。)

  • Microsoftのページをみれば、公開されている最新のビルド番号がわかります。
  • 以前に、手動でWindows Updateする方法の記事を書いておきましたので、興味のある人はご参照ください。簡単にアップデートできます。

エディションの確認

エディションは、Windowsの種類のことですが、大抵の場合、Windows11 Homeか Windows11 Proのどちらかです。

(Home,Pro以外のケースも稀にあります。)

※Windows11 Home の場合だと、Proに比べて使える機能が少ないです。(そのかわり、Homeのほうが価格は安い)

エディション を確認するには、 バージョン情報ページの「Windowsの仕様」の中の「エディション 」項目を確認します。

以下の画像では、「 Windows11 Pro 」というのが、 エディション になります。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像8

OSのビット数の確認

Windowsのビット数というのは、32bitか、64bitのどちらかになります。

インストールしたいソフトウェアの動作要件に、64bit版でないと動きませんとか、書いていたりします。

自分のパソコンのWindowsが、何bit版なのか、この項目で確認できます。

(Windows11だと、64bit版OSだと思いますが)

OSのビット数を確認するには、 バージョン情報ページの「デバイスの仕様」の中の「システムの種類 」項目を確認します。

以下の画像では、「 64ビット 」というのが、 OSのビット数 になります。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像9

その他の項目の確認

このバージョン情報ページで、CPUの種類やメモリの容量の確認も可能です。

デバイスの仕様の中の、プロセッサ項目でCPUの種類が、実装RAM 項目でメモリの容量が、それぞれ確認できます。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像10

2.その他のWindows11のバージョン確認方法

今回、紹介した以外にも、Windows11のバージョンを確認する方法はあります。

どちらかといえば、パソコンに詳しい人が対象の内容かなと思いますが、追加で紹介しておきます。

2-1.Win11のシステム情報から、確認する

Windows11のシステム情報を表示させれば、エディションやバージョンなどを確認できます。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像11

以下のような項目が確認できます。

  • OS名      ・・・エディション
  • バージョン    ・・・バージョン(22000は、21H2など) ※細かいビルド番号は確認不可
  • システム製造元  ・・・パソコンのメーカー名
  • システムモデル  ・・・パソコンの型番
  • システム SKU  ・・・パソコンの製品名
  • プロセッサ    ・・・CPUの種類と、コア数

※パソコンの「メーカー名」,「型番」,「製品名」が、表示されるかは、インストール方法などによります。

そのほかにも、メモリの容量など、いろいろ確認することが可能。

確認するための手順は以下です。

確認手順

  1. キーボードから「 Windowsキー+ R 」を入力し、「ファイル名を指定して実行」を起動。
「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像12

2. 名前(O)の入力ボックスに、「 msinfo32 」と入力し、OKボタンをクリック。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像13

3.「システム情報」というウィンドウが立ち上がり、バージョンなどが表示されます。

2-2.winverコマンドで確認

winverコマンドを使えば、Windows11のバージョン情報、ビルド番号、エディションを確認できます。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像14

確認手順

  1. キーボードから「 Windowsキー+ R 」を入力し、「ファイル名を指定して実行」を起動
  2. 名前(O)の入力ボックスに、「 winver 」と入力し、OKボタンをクリック。
  3. 「windowsのバージョン情報」というウィンドウが立ち上がり、バージョンなどが表示されます。

2-3.コマンドプロンプトからverコマンドで確認

コマンドプロンプトから、verコマンドを打つことでも、OSのバージョンと、ビルド番号の確認が可能です。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像15

確認手順

  1. キーボードから「 Windowsキー+ R 」を入力し、「ファイル名を指定して実行」を起動
  2. 名前(O)の入力ボックスに、「 cmd 」と入力し、OKボタンをクリック。
  3. コマンドプロンプトが起動するので、「 ver 」と入力し、Enterキーを押します。
  4. バージョン情報がコマンドプロンプト上に表示されます。

結果、以下のような文字が表示されます。

「Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法」説明用画像16

「22000.376」の部分が、ビルド番号です。

また、 [Version 10.0.22000]という部分で、Windows11のバージョンも特定することが出来ます。

(22000は、21H2というように)

3.Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法(まとめ)

今回、 Windows11のバージョンやビット数の確認手順を紹介しました。

結果として、以下の情報が確認できたんじゃないかなと思います。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

【 Windows11で、OSバージョンやビット数などを確認する方法 】は、これで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました