【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法

Windows11
この記事は約19分で読めます。


WIN11でタスクバーをカスタマイズしたい人
タスクバーの設定が気に入らないな・・・。
これって、変更するにはどうするのかな。
誰か、設定を変更する方法を教えてよ。

 

はい、こんなWindows11のタスクバーの悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、タスクバーをカスタマイズする方法を解説しています。

記事を読んだ結果は、以下です。

  • 記事をよむ前
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像1
  • 記事をよんだ後
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像2

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法(はじめに)

この記事では、Windows11のタスクバー(英:Taskbar)の設定を変更する方法を説明します

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像3

注意事項

Windows11になってから、タスクバーのいくつかの機能は使えなくなっています。

例えば、以下の点など

  1. アプリのラベル表示(ファイル毎の表示)はできなくなりました。
    • 起動しているファイルは、常にアプリ毎に結合された状態で表示される。
  2. タスクバーを左や右に配置することも不可。
    • タスクバーは上か下にのみ配置することができる。

この記事で説明する内容は、以下になります。

興味のある部分だけ読んでもらっても、ぜんぜん問題ありません。

ただ、基本的には、全部にざっと目を通し、自分好みにカスタマイズするのがオススメ。

では、順番にせつめいしていきます。

2. Windows11でタスクバーの色を変更する方法

まず、タスクバーを好きな色に変更する方法を説明します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像4

以下、手順です。

手順1. ①デスクトップ上の何もないところを、右クリックし、②コンテキストメニューから、個人用設定をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像5

手順2. 個人用設定の画面が表示されるので、①少し下方向にスクロールし、②「色」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像6

手順3.「モードを選ぶ」が、「ライト」の場合は、設定の変更を行ってください。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像7

※「モードを選ぶ」が、「ライト」の場合は以下の手順を行ってください。

ライト以外の場合は、そのまま、次の手順4へ進んでください。

以下の手順をおこなってください。

手順その1. ①「モードを選ぶ」の選択欄をクリックし、②「カスタム」をクリック。
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像8
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像9
手順その2. カスタムを選んだあと、①「規定のWindowsモードを選択してください」の選択欄をクリックし、②「ダーク」をクリック。
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像10
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像11

はい、これで完了です。

つぎの手順4から、先へ進んでください。

手順4. ①右側のメニューを下方向へスクロールし、②「スタートとタスクバーにアクセントカラーを表示する」をオンにします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像12

手順5. ①少し上にスクロールし、②「アクセントカラー」欄の中から、タスクバーに設定したい色をえらんでクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像13

※一覧に、設定したい色がない場合、さらに細かい色を選択することができます。

以下の手順で。

  1. 右側のメニューから、「ユーザー設定の色」欄にある「色の表示」ボタンをクリック
  2. カラーを選択するウィンドウが表示されるので、好きな色をクリックし、
  3. 完了ボタンをクリックすれば、OKです。
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像14
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像15

手順6. はい、これでタスクバーの色を変更できました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像16
  • ちなみに、スタートメニューの色も変更になります。
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像17

※透明効果の有効/無効で色合いが変わる

Windows11の初期設定では、「透明効果」という設定が有効になっています。

この透明効果が有効の場合は、背景の色が透けて、タスクバーの色あいに影響を与えます

  • 透明効果が有効の場合
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像18
  • 透明効果が無効の場合
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像19

こんな感じで、微妙に色合いが変わってきます。

この透明効果を無効にするは、右側のメニューにある透明効果の項目をオフに変更します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像20

(透明効果を有効にしたい場合、オンにしてください)

これで、タスクバーの色を変更する方法はおわりです。

メモ

タスクバーに合わせて、デスクトップの背景(カラー)も変更したい場合は、以下を参照してください。

3. Windows11でタスクバーにピン留めを作成する方法

つぎに、タスクバーにアプリのピン留めを作成する方法を説明します。

※タスクバーによく使うアプリをピン留めしておくと、ワンクリックで楽に起動できる

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像21

ピン留めを作成する方法は以下です。(手順はとても簡単)

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②すべてのアプリをクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像22

手順2. アプリの一覧から①ピン留めしたアプリを右クリック、②「詳細」をクリック、③「タスクバーにピン留めする」をクリックする。

※ここでは1つの例として、メモ帳をピン留めします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像23

手順3. はい、これで、タスクバー上にアプリのピン留めが作成されました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像24

作成したピン留めをクリックすれば、アプリが起動します。

※ピン留め内のアイコンの場所は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じてメモ帳のアイコンの場所を調整してください。

※タスクバーからピン留めを削除したい場合

ピンドメを削除したい場合は、以下を実施してください。

  1. 削除したいピン留めを右クリックし、
  2. 「タスクバーからピン留めを外す」をクリック
  3. ピン留めが削除されます
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像25
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像26
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像27

はい、これで、タスクバーにピン留めを作成する方法の説明はおわりです。

4. Windows11でタスクバーにあるピン留め以外のアイコンを非表示にする方法

タスクバーに表示されているピン留め以外のアイコンを非表示にする方法を説明します。

タスクバーには、つぎの2種類のアイコンが表示されています。

  • ピン留めのアイコン
  • ピン留め以外のアイコン

  • ピン留めのアイコン
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像28
  • ピン留め以外のアイコン
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像29

この項では、ピン留め以外のアイコンを非表示にする手順を説明します。

参考情報

ピン留めのアイコンのほうを、非表示にする方法は以下を見てください。

(右クリックして、ピン留めを外すをクリックするだけ)

非表示する(削除する)には、つぎの手順を行ってください。

  1. 削除したいピン留めを右クリックし、
  2. 「タスクバーからピン留めを外す」をクリック
  3. ピン留めが削除されます
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像30
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像31
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像32

手順はこれでおわり。

※アプリ自体はアンインストールされません。タスクバーからピン留めアイコンが消えるだけです。

では、ピン留め以外のアイコンを非表示にする手順を説明します。

手順1. ①タスクバーを右クリックし、②表示された「タスクバーの設定」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像33

手順2. ①タスクバーの設定画面が表示されるので、②「タスクバー項目」の中から、非表示にしたいアイコンをオフにします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像34
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像35

※以下のアイコンは使っていないなら、オフ(非表示)でもいいかと思います。

  • タスクビュー
  • ウィジェット
  • チャット

(検索アイコンは結構つかうので、残しておいたほうがいいかと)

手順3. はい、これでオフにしたアイコンが非表示になりました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像36

はい、これで、「ピン留め以外のアイコンを非表示にする方法」はおわりです。

5. Windows11でタスクバーのシステムトレイにアイコンを表示する

オーバーフローコーナーにあるアイコンを、システムトレイ(通知領域)に表示する方法を説明します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像37

※クリックしたいとき、1回のクリックで済むので、手間が減ります。よく使うアプリがある場合、オススメです。

手順は以下です。

手順1. ①タスクバーを右クリックし、②表示された「タスクバーの設定」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像38

手順2. ①タスクバーの設定画面が表示されるので、②一番下までスクロールし、③「タスクバーコーナーのオーバーフロー」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像39
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像40

手順3. アプリの一覧が表示されるので、システムトレイに表示したいアイコンをオンにします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像41

※この画面で、アンインストールしたはずのアプリのアイコンが残ったままになっていることがあります。

気になるので消したいという人は、以下の記事を参照すれば削除が可能。

手順4. システムトレイ(通知領域)に、オンにしたアイコンが表示されます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像42

はい、これで、タスクバーのシステムトレイ(通知領域)にアイコンを表示する方法はおわりです。

6. Windows11でタスクバーのアイコンを左に寄せる方法

タスクバーに表示されているアイコンを左に寄せる方法を説明します。

※Windows11の初期状態では、スタートメニューや各種のアイコンは、タスクバー中央に配置されています。

この設定はカンタンに変更することが可能です。

こんな感じ。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像43

では、左に配置する手順を説明します。

手順1. ①タスクバーを右クリックし、表示された②「タスクバーの設定」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像44

手順2. ①タスクバーの設定画面が表示されるので、②一番下までスクロールし、③「タスクバーの動作」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像45
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像46

手順3. 設定項目が表示されますので、①「タスクバーの配置」の選択欄をクリックし、②「左揃え」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像47
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像48

手順4. はい、これでアイコンが左に移動しました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像49

はい、これで、タスクバーのアイコンを左に寄せる方法はおわりです。

7. Windows11でタスクバーを隠す方法

タスクバーを隠して非表示にする方法を説明します。

こんな感じになります。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像50
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像51

(ファイルを開いているときなどに、表示できる範囲を広くできます。)

では、手順を説明します。

手順1. ①タスクバーを右クリックし、②表示された「タスクバーの設定」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像52

手順2. ①タスクバーの設定画面が表示されるので、②一番下までスクロールし、③「タスクバーの動作」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像53
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像54

手順3. 設定項目が表示されますので、「タスクバーを自動的に隠す」にチェックをつけます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像55

手順4. はい、これでタスクバーが隠れました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像56

※タスクバーを表示させたい場合

  1. マウスのカーソルを画面の一番下に合わせると、
  2. タスクバーが表示されます。
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像57
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像58

はい、これでタスクバーを隠す方法の説明はおわりです。

つぎに補足として、以下を説明します。(ちょっと設定が難しくなります。)

8.【補足1】Windows11でタスクバーの位置を上に移動する方法

タスクバーの位置を、画面の上部に配置する方法を説明します。

こんな感じ。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像59

Windows11の場合は、これまでのWindowsと異なり、タスクバーの位置の変更が難しくなっています。

※レジストリという特殊な設定情報を操作する必要あり

ちなみに右とか左に、タスクバーを配置したい人もいると思いますが、Windows11では、上手く設定できません。

※配置はできますが、スタートボタンとか、アイコンが表示されないので、使いものにならないかと。

  • タスクバーを左に配置した場合
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像60
  • タスクバーを右に配置した場合
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像61

では、上部に配置する手順を説明します。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像62

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. レジストリエディターを起動します。①名前(O)の入力欄に「regedit」と入力して、②OKボタンをクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像63

※この方法でレジストリエディタを起動できない場合は、以下を参照し、ほかの方法をためしてください。

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像64

手順4. レジストリエディタが起動します。まず、バックアップをとるために、①「コンピューター」を右クリックし、②エクスポート(E)をクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像65

※レジストリは、誤った操作を行ってしまうと、Windows11が正しく動かなくなったりします。そのため、バックアップを取ってから、変更することを推奨。

手順5. レジストリのバックアップの保存先を指定します。①保存場所を選んで、②ファイル名を入力し、③保存(S)ボタンをクリック。

※保存場所やファイル名は、わかりやすければ適当で大丈夫。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像66

手順6. これでバックアップ完了です。続いて、レジストリエディターで、以下の場所へ移動します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\StuckRects3

手順はこういう感じです。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像67
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像68
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像69
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像70
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像71

手順7. 右のエリアから、「Settings」をダブルクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像72

手順8. 編集ウィンドウが表示されます。※上から2番目、左から6番目の文字を変更します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像73

手順9. ①まず、対象の文字をダブルクリックし、②文字が選択された状態にします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像74
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像75

手順10. この状態で、キーボードから①「0」を押し、②つぎに「1」を押す。③対象の文字が「01」に変わります。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像76
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像77

※このときに設定する文字によって、タスクバーの位置が変わります。

  • 「00」…左に配置
  • 「01」…上に配置
  • 「02」…右に配置
  • 「03」…下に配置

(タスクバーを「左」or「右」に配置した場合、アイコンが表示されないので、ほぼ使い物になりません。)

手順11. 文字の変更が終われば、OKボタンをクリックして、編集ウィンドウは閉じます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像78

手順12. ×ボタンをクリックして、レジストリエディターを閉じます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像79

手順13. つぎにタスクマネージャーを起動します。キーボードから、①CtrlキーとShiftキーを押しながら、②Escキーを押します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像80

手順14. タスクマネージャーが起動してきます。(簡易表示になっている場合は、詳細表示に切り替えてください。)

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像81

※以下のような表示形式(簡易表示)になっている場合、画面の左下にある詳細(D)をクリックし、詳細表示に切り替えてください。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像82

手順15. プロセスの一覧の中から、「エクスプローラー」をクリックし、再起動(R)ボタンをクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像83

手順16. はい、これで、タスクバーの位置を変更できました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像84

はい、これでタスクバーの位置を上に移動する方法はおわりです。

9.【補足2】Windows11でタスクバーのサイズを変更する方法

タスクバーのサイズを変更する方法を説明します。

こんな感じにできます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像85
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像86
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像87

Windows11の場合は、これまでのWindowsと異なり、サイズの変更が難しくなっています。

※レジストリという特殊な設定情報を操作する必要あり

では、サイズ変更の手順を説明します。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像88

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. レジストリエディターを起動します。①名前(O)の入力欄に「regedit」と入力して、②OKボタンをクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像89

※この方法で、レジストリエディタを起動できない場合は、以下を参照し、ほかの方法をためしてください。

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像90

手順4. レジストリエディタが起動します。まず、バックアップをとるために、①「コンピューター」を右クリックし、②エクスポート(E)をクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像91

※レジストリは、誤った操作を行ってしまうと、Windows11が正しく動かなくなったりします。そのため、バックアップを取ってから、変更することを推奨。

手順5. レジストリのバックアップの保存先を指定します。①保存場所を選んで、②ファイル名を入力し、③保存(S)ボタンをクリック。

※保存場所やファイル名は、わかりやすければ適当で大丈夫。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像92

手順6. これでバックアップ完了です。続いて、レジストリエディターで、以下の場所へ移動します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

手順はこういう感じです。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像93
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像94
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像95
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像96

手順7. ①右のエリアで、何もないところを右クリック。②表示されたメニューで新規(N)にカーソルを合わせ、③DWORD(32ビット)値(D)をクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像97
「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像98

手順8. 新しくエントリが作成されるので、「TaskbarSi」と入力し、Enterキーを押す。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像99

※メモ

レジストリでは、

  • 左のフォルダのようなものをキー
  • 右のファイルのようなものをエントリ

といいます。

手順9.「TaskberSi」と名前をつけたエントリをダブルクリックします。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像100

手順10.「DWORD(32ビット)値の編集」というウィンドウが表示されるので、値のデータ(V)を変更します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像101

※このときに設定する文字によって、タスクバーのサイズが変わります。

  • 「0」…小さいタスクバー
  • 「1」…普通のサイズのタスクバー
  • 「2」…大きいタスクバー

(初期値は0なので、小さいタスクバーにしたい人はそのままで構いません。)

手順11. 「値のデータ(V)」の変更が終われば、OKボタンをクリックして、ウィンドウを閉じます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像102

手順12. ×ボタンをクリックして、レジストリエディターを閉じます。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像103

手順13. つぎにタスクマネージャーを起動します。キーボードから、①CtrlキーとShiftキーを押しながら、②Escキーを押します。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像104

手順14. タスクマネージャーが起動してきます。(簡易表示になっている場合は、詳細表示に切り替えてください。)

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像105

※以下のような表示形式(簡易表示)になっている場合、画面の左下にある詳細(D)をクリックし、詳細表示に切り替えてください。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像106

手順15. プロセスの一覧の中から、「エクスプローラー」をクリックし、再起動(R)ボタンをクリック。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像107

手順16. はい、これで、タスクバーの位置を変更できました。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」説明用画像108

※上の画像は、タスクバーを大きいサイズに変更したケースのもの。

はい、これでタスクバーのサイズを変更する方法はおわりです。

メモ

タスクバーのサイズに合わせ、デスクトップのアイコンサイズも変更したほうがシックリくるかもしれません。

手順を知りたい人は以下を参照してください。

10.【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

この記事のほか、デスクトップ環境の変更について、いくつか設定方法を紹介しておきます。

このさい、ほかのところも変えておくのもアリかもしれません。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】タスクバーをカスタマイズする方法」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました