【Windows11】タスクマネージャーを起動する方法

Windows11
この記事は約10分で読めます。


WIN11でタスクマネージャーを起動したい人
Win11でタスクマネージャーを起動したいんだけど・・・。
起動方法がよくわからないな。
だれか、タスクマネージャーを起動する方法を教えてよ。

 

はい、こんなタスクマネージャー(Task Manager)の悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、タスクマネージャーを起動する方法を解説しています。

記事を読んだ結果は、以下です。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【windows11】タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法(はじめに)

タスクマネージャー(英:Task Manager)は、実行中のプログラム,プロセスなどの、動作状況の確認や管理を行うためのツールです。

(プログラムだけでなく、CPU,メモリ,ディスクなど、ハードウェアの動作状況の確認もできます。)

タスクマネージャーは、Windowsに標準で搭載されているソフトの中でも、重要で、頻繁に使うソフトの一つ。

もちろん、これまでのWindows7,8,10などと同様に、Windows11でもタスクマネージャーは使用できます。

この記事では、このタスクマネージャー (Task Manager) を起動する方法について、説明しています。

内容は、以下です。

とにかく、今すぐ、タスクマネージャーを起動したい」という人は、以下のどちらかの方法で開いてもらえれば、と思います。

基本的には、順番にざっと目を通して、自分に合っている方法などを、見つけてもらうのがオススメです。

(そのほうが、長い目でみれば効率的かと。)

では、順番に説明していきます。

2. スタートメニューの「すべてのアプリ」から、タスクマネージャー(Task Manager) を起動する方法

オーソドックスな、タスクマネージャー(Task Manager) の起動方法です。

タスクマネージャーを、とりあえず起動できればいい、という人にオススメ。

では、以下の手順で起動します。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「すべてのアプリ」をクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像2

手順2. アプリの一覧の中にある「Windows ツール」をクリックします。

※「W」欄にあります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像3

※タスクマネージャーは、Windows10だと、「Windows システム ツール」の中にありました。ただ、Windows11になり、「Windows システム ツール」は無くなっています。

(そのため、タスクマネージャー配置されている場所も変わっています。)

手順3. いろんなWindowsのツールが表示されるので、その中にある「タスクマネージャー」をダブルクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像4

手順4. はい、これでタスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像5

以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリックします。(上の画像のような)詳細表示に切り替えることができます。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像6

※詳細表示だと、より多くの情報を確認したり、操作を行うことが出来ます。

例えば、以下など

  • 応答の無いアプリケーションを終了させ、パォーマンスを改善する
  • ハードウェアや、ネットワークの動作状況の確認
  • スタートアップに登録されているプログラムを有効 or 無効にする
  • サービスを停止し、トラブル原因の切り分けを行う

では、次の起動方法を説明します。

3. ショートカットキー「Ctrl + Shift + Esc」 で、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法

こちらも、オーソドックスな起動方法です。

キーボードから、ショートカットキー「Ctrl + Shift + Esc」を入力し、タスクマネージャーを起動します。

おそらく、これが最も速く、タスクマネージャーを起動する方法です。

手順は以下になります。

手順1. ①Windows11にログインしている状態で、キーボードから、②CtrlキーとShiftキーを押しながら、③Escキーを押します。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像7
「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像8

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、すこし異なる場合があります。

手順2. はい、これでタスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像9

※以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリックします。詳細表示(上の画像のような)に切り替わります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像10

では、次の起動方法を説明します。

4. ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」で、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法

これも、オーソドックスなタスクマネージャー(Task Manager) の起動方法です。

キーボードから、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。

表示されたセキュリティオプションのメニューから、タスクマネージャーを起動できます。

以下の手順です。

手順1. Windows11にログオンしている状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像11
「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像12

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、すこし異なる場合があります。

手順2. 以下のメニューが表示されるので、タスクマネージャーをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像13

手順3. はい、これでタスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像14

※以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリックします。詳細表示(上の画像のような)に切り替わります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像15

どんどん、説明していきます。

5.「スタートボタンを右クリック」から、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法

スタートボタンを右クリックして、表示されるメニューの中から、タスクマネージャー(Task Manager)を起動します。

※Windows10などでは、タスクバーを右クリックしたメニューから、タスクマネージャーを起動できました。ただ、Windows11では、その機能は廃止されています。

(操作として、それに一番近いのが、この方法になります。)

手順は以下になります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②表示されたメニューの中から、タスクマネージャーをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像16

※スタートボタンを右クリックすると、表示されるメニューのことを、クイックアクセスメニューといいます。

手順2. はい、これでタスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像17

※以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリックします、詳細表示(上の画像のような)に切り替わります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像18

では、次の手順を説明します。

6.「ファイル名を指定して実行」から、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法

ファイル名を指定して実行」を起動して、 タスクマネージャー(Task Manager) を開きます。

手順は以下になります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像19

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「taskmgr」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像20
  • 「taskmgr.exe」と入力しても大丈夫です。
  • 「taskmanager」などと、入力した場合は、起動できません。

手順3. はい、これでタスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像21

※以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリックします。詳細表示(上の画像のような)に切り替わります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像22

では、次の手順を説明します。

Windows11の検索機能を使って、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法です。

検索でタスクマネージャーを見つけてから、クリックして起動します。

手順は以下になります。

手順1. 画面下部の①検索ボタンをクリックし、②検索ワードの入力欄に「taskmgr」と入力します。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像23

※入力するのは、以下でも大丈夫。(PCの環境によります)

  • 「task」
  • 「タスク」

手順2. 検索結果に「タスク マネージャー」が表示されるので、「タスク マネージャ-」のアイコンをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像24

手順3. はい、 タスクマネージャー(Task Manager) が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像25

※以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリック。詳細表示(上の画像のような)に切り替えできます。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像26

では、次の起動方法を説明します。(どんどん、いきます。)

8. コマンドプロンプトから、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法

Windows11のコマンドプロンプトから、タスクマネージャー(Task Manager)を開く方法です。

普通の人は、あまり使わないかと思いますが、一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像27

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「cmd」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像28

手順3. コマンドプロンプトが起動するので、①「taskmgr」と入力して、②Enterキーを押します。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像29
「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像30

※「taskmgr.exe」と入力しても大丈夫。

手順4. はい、タスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像31

※以下のような表示の形式(簡易表示)で、タスクマネージャーが起動してきた場合、詳細(D)をクリック。詳細表示(上の画像のような)に切り替えできます。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像32

では、次の起動方法を説明します。

9. PowerShellから、タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法

Windows11のPowerShellから、タスクマネージャー(Task Manager)を開く方法です。

前の項で説明した「コマンドプロンプトから起動する方法」と同じで、あまり使わないかと思います。

一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像33

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「powershell」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像34

手順3. PowerShell が起動するので、①「taskmgr」と入力して、②Enterキーを押します。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像35
「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像36

※ここで、「taskmgr.exe」と入力した場合でも、起動できます。

手順4. はい、タスクマネージャー(Task Manager)が起動できました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像37

※簡易表示モードで、タスクマネージャーのウィンドウが起動してきた場合、詳細(D)をクリック。詳細表示(上の画像のような)に切り替わります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像38

はい、これで、起動方法の説明はおわりです。

最後に補足として、以下を紹介します。

  • デスクトップに、ショートカットファイルを作る方法
  • スタートメニューとタスクバーに、ピン留めを作る方法

10.【補足1】デスクトップに、タスクマネージャー(Task Manager)のショートカットファイルを作成する方法

デスクトップ上に、タスクマネージャーのショートカットファイルを作成する方法についても、説明しておきます。

※タスクマネージャーをよく使うという人向けの内容です。

手順はこんな感じです。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②すべてのアプリをクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像39

手順2. アプリの一覧の中にある「Windows ツール」をクリックします。

※「W」欄にあります。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像40

※タスクマネージャーは、Windows10だと、「Windows システム ツール」の中にありました。ただ、Windows11になり、「Windows システム ツール」は無くなっています。

(そのため、タスクマネージャーの配置されている場所が変わっています。)

手順3. Windowsツールが表示されます。その中にある①「タスクマネージャー」を右クリックし、②ショートカットの作成(S)をクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像41

手順4.(ショートカットを)デスクトップ上に作成しますか?というメッセージが出るので、はい(Y)をクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像42

手順5. はい、これで、デスクトップ上にタスクマネージャー(Task Manager)のショートカットファイルが作成されました。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像43

作成されたショートカットファイルをダブルクリックすれば、タスクマネージャー(Task Manager) が起動します。

11.【補足2】スタートメニューとタスクバーに、タスクマネージャー(Task Manager)のピン留めを作成する方法

スタートメニューとタスクバー上に、

タスクマネージャーのピン留めを作成する方法を説明します。

(頻繁につかう人向けの内容かなと思います)

以下、手順です。

手順1. 画面下部の①検索ボタンをクリックし、②検索ワードの入力欄に「taskmgr」と入力します。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像44

※入力するのは「タスクマネージャー」はもちろん、以下でも大丈夫。(PCの環境によります)

  • 「task」
  • 「タスク」

手順2. 検索結果に 「タスク マネージャー」 が表示されるので、「スタートにピン留めする」か、「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像45

※「スタートにピン留めする」をクリックした場合、スタートメニューにピン留めが作成されます。

手順3. はい、これで、タスクバー上に、タスクマネージャー(Task Manager)のピン留めが作成されました。

・スタートメニューにピン留めした場合

以下のようにスタートメニューの「ピン留め済み」の中に、タスクマネージャーのアイコンが追加されます。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像46

※おそらく、ピン留め済みの2ページ目に作成されます。

・タスクバーにピン留めした場合

以下のようにタスクバーの中に、タスクマネージャーのアイコンが追加されます。

「【windows11】タスクマネージャーを起動する方法」説明用画像47

作成されたタスクマネージャーのピン留めをクリックすれば、タスクマネージャー(Task Manager)が起動します。

※ピン留め内のアイコン位置は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じてタスクマネージャーのアイコンの位置を調整してください。

【補足】おわり。

12.【windows11】タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

いろいろな起動方法を紹介しましたが、自分の好みにあった方法を使ってもらえればと思います。

あと、本文では紹介しませんでしたが、

パソコンを起動したら、タスクマネージャーをかならず使うという人は、自動起動させることをオススメします。

毎回、起動するのも面倒なので。

(自動起動の方法はコチラを参照してください。)

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】タスクマネージャー(Task Manager)を起動する方法」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました