Windows11をシャットダウン(Shutdown)する方法

Windows11
この記事は約24分で読めます。


WIN11のシャットダウンの方法を知りたい人
Win11のシャットダウン方法って、いろいろあるみたいだけど、
いまいち、よくわからないな。
だれか、Win11のシャットダウン方法をわかりやすく教えてよ。

 

はい、こんなWindows11のシャットダウンの悩みを解決します。

この記事では、Windows11をシャットダウンする方法について、解説しています。

(自分のニーズにあった方法を見つけることができます。)

この記事を読んだ結果は、以下です。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おっしゃー!根性みせるぜ!

1. Windows11をシャットダウン(Shutdown)する方法(はじめに)

この記事では、Windows11をシャットダウンする方法について、説明しています。

Windows11のシャットダウンの方法は、大きく分けると以下の2種類あります。

普通のシャットダウン

  • 次回、高速スタートアップが有効の状態で起動する
    • シャットダウン時に、一部システム情報を保存することで、高速で起動できる
    • パソコンの停止中に、ハードウェアの構成を変更すると、不具合が発生する場合あり
      (メモリやハードディスクを増設した場合など)
  • Win8,10,11は、これが標準のシャットダウン方法

完全シャットダウン

  • 次回、高速スタートアップが無効の状態で起動する
    • 高速スタートアップが有効の場合より、起動に時間がかかる
    • パソコンの、ハードウェアの構成を変更する場合、この方法でシャットダウンする
  • Win7までは、これが標準のシャットダウン方法

補足メモ

  • 高速スタートアップは、Windowsを高速で起動するための機能。シャットダウン時に、一部のシステム情報をクリアせず、保存しておくことにより、高速で起動できる。

  • 高速スタートアップは、ハードディスクがSSDの場合は、起動の速度にあまり違いはありません。HDDの場合は、結構、違いがでます。

    ※私のパソコン(HDD)での調査結果
    • 高速スタートアップが有効の場合、起動時間は、17秒~30秒
    • 高速スタートアップが無効の場合、起動時間は、1分~1分59秒

この記事では、普通のシャットダウンの方法を説明しています。

完全シャットダウンのやり方を知りたい方は、以下を参照ください。

記事内容の詳細は以下です。(すべて、普通のシャットダウン方法

やり方はなんでもいいから、いますぐシャットダウンしたい」という人は、以下の方法をみてもらえればと思います。

(どちらもオーソドックな方法です。)

基本的には、順番にざっと目を通して、使える方法などを、見つけてもらうのがオススメです。

(そのほうが、長い目でみると、効率的かと。)

では、順番に説明していきます。

2. スタートメニューから、Windows11をシャットダウンする方法

これが、最もオーソドックスな方法かと思います。

シャットダウンの手順は以下です。

手順1. 画面の下部にある①スタートボタンをクリックし、②電源ボタンをクリック、③シャットダウンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像2

手順2. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像3

スタートメニューから、シャットダウンする手順はこれで完了です。

では、次の方法を説明します。

3. スタートボタンを右クリックして、Windows11をシャットダウンする方法

こちらもオーソドックスなシャットダウンの方法です。

スタートボタンを右クリックして、表示されるメニューから、シャットダウンを行います。

以下、手順の説明です。

手順1. デスクトップ下部のスタートボタンを右クリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像4

手順2. 表示されたメニューの中から、①「シャットダウンまたはサインアウト」をクリックし、②「シャットダウン」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像5

※スタートボタンを右クリックすると、表示されるメニューのことを、クイックアクセスメニューといいます。

手順3. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像6

スタートボタンを右クリック から、シャットダウンする方法はこれで完了です。

では、次のシャットダウンの方法を説明します。

4. キーボード操作で、Windows11をシャットダウンする方法①

ひとつの前に説明した、「スタートボタンを右クリックして、シャットダウンする方法」を、キーボード操作で行うことができます。

※手順 (のちほど、詳しく説明

  1. ショートカットキー「Windows + X」を入力
  2. 「U」を2回押す

これ以外に、次の項で説明する方法でも、キーボード操作でシャットダウンできます。

5. キーボード操作でシャットダウンする方法②

どちらが操作しやすいかは、かなり僅差だと思いますので、キーボード操作が好きな人は、両方見て、好きな方法を選んでください。

詳細な手順は、以下です。

手順1. ①Windows11にログインしている状態で、キーボードから、②Windowsキーを押しながら、③Xキーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像7
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像8

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順2. 次に①Uキーを押します。続けて、②もう一度、Uキーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像9
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像10

手順3. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像11

キーボード操作で、シャットダウンする方法①はこれで完了です。

次の方法をせつめいします。(これもキーボード操作です。)

5. キーボード操作で、Windows11をシャットダウンする方法②

ショートカットキー「Alt + F4」をつかって、 キーボード操作だけで、シャットダウンする方法です。

手順は、こういう感じです。(のちほど、詳しく説明)

  1. ショートカットキー「Alt + F4」を押す
  2. 「シャットダウン方法の選択画面」が表示される
  3. Enterキーを押す
  4. シャットダウンが実行される

前の項で説明した、「Windows + X」を押して、「U」を2回押す方法と、操作のしやすさは大差はないです。

キーボードで操作したい人は、どちらか好きな方法を使ってもらえばと思います。

詳細な手順を説明します。

手順1. ①Windows11にログオンしている状態で、キーボードから、②Altキーを押しながら、③ F4キーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像12
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像13

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによって異なる場合があります。
  • また、ノートPCの場合、「 Alt + Fn + F4」と押さないといけない場合もあります。

手順2. ①「Windowsのシャットダウン」という画面が表示されるので、そのまま「Enter」キーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像14
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像15

※OKボタンをクリックしても、同じ操作を行えます。

手順3. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像16

キーボード操作で、シャットダウンする方法②はこれで完了です。

次の方法を説明します。

6. ログイン(サインイン)画面から、Windows11をシャットダウンする方法

ログイン(サインイン)画面からも、Windows11をシャットダウンできます。

「シャットダウンを選んだつもりが、再起動だった。」というときに、主に使います。

手順は、以下です。

手順1. ログイン(サインイン)の画面で、①電源ボタンをクリックし、②「シャットダウン」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像17
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像18

手順2. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像19

ログイン(サインイン) 画面から、シャットダウンする手順はこれで完了です

では、次の方法を説明します。

7. ショートカットキー「Ctrl +Alt + Delete」で、Windows11をシャットダウンする方法

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押して、セキュリティオプションの画面を表示させ、シャットダウンを実行する方法です。

Windows11の動作が重くなっている状態で、シャットダウンしたいときに、一番有効なのがこの方法だと思います。

Win11の動作が重く、操作が難しい状況でも、この方法なら、シャットダウンできる可能性が高いです。

※ちなみに、マイクロソフトは、Win11のトラブル時の解決策として、シャットダウンよりも再起動を推奨しています。

(通常のシャットダウンでは、Win11の一部のシステム情報をクリアせず、保存してしまうので)

以下、手順の説明です。

手順1. Windows11にログオンしている状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像20
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像21

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順2. セキュリティオプションの画面が表示されるので、画面右下の①電源ボタンをクリックし、②「シャットダウン」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像22
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像23

手順3. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像24

ショートカットキー「Ctrl +Alt + Delete」で、シャットダウンする方法はこれで完了です。

つづけて、次の手順を説明します。

8.「ファイル名を指定して実行」から、コマンドでシャットダウンする方法

「ファイルを指定して実行」から、コマンドを入力して、Windows11をシャットダウンする方法です。

Windows11に、リモートデスクトップ接続しているときなどに、よく使います。

(リモートデスクトップだと、シャットダウンの操作に制限が入る場合があるため)

入力するコマンドは以下です。

shutdown -s -hybrid

【補足】

  • -sはオプションで、これを指定するとシャットダウンになります。

  • -sの後ろに-hybridオプションをつけると「普通の」シャットダウンになります。
    (-hybridオプションをつけなければ、完全シャットダウン)

  • 「shutdown -s -hybrid -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後にシャットダウンします。
    • 例①「shutdown -s -hybrid -t 60」(60秒後にシャットダウン)
    • 例②「shutdown -s -hybrid -t 0」 (すぐシャットダウン)

以下、手順を説明します。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像25

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「shutdown -s -hybrid」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像26
  • 「shutdown.exe -s -hybrid」と入力しても大丈夫です。
  • 「shutdown」,「-s」,「-hybrid」の間の空白は、半角スペース1つです。全角スペース不可。

手順3.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像27
  • 閉じるボタンを押さなくてもシャットダウンは動くので、別に押さなくても問題はありません。
  • シャットダウンをキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行します。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順4. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像28

「ファイル名を指定して実行」から、シャットダウンする方法はこれで完了です。

つづけて、次の方法を説明します。

9. タスクマネージャーから、コマンドでシャットダウンする方法

タスクマネージャーから、コマンドを入力して、Windows11をシャットダウンします。

Win11が重くなって、タスクマネージャーしか動かないという場合に、使ったりします。

入力するコマンドは以下です。

shutdown -s -hybrid

【補足】

  • -sはオプションで、これを指定するとシャットダウンになります。

  • -sの後ろに-hybridオプションをつけると「普通の」シャットダウンになります。
    (-hybridオプションをつけなければ、完全シャットダウン)

  • 「shutdown -s -hybrid -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後にシャットダウンします。
    • 例①「shutdown -s -hybrid -t 60」(60秒後にシャットダウン)
    • 例②「shutdown -s -hybrid -t 0」 (すぐシャットダウン)

※Win11の動作が重くなっている場合は、完全シャットダウンや、再起動を実行したほうがいいかもしれません。

(通常のシャットダウンでは、Win11の一部のシステム情報をクリアせず、保存してしまいます。そのため、起動したときに解決していない可能性があります。)

以下、手順の説明です。

手順1. ①Windows11にログインしている状態で、キーボードから、②CtrlキーとShiftキーを押しながら、③Escキーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像29
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像30

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、若干異なる場合があります。

手順2. タスクマネージャーが起動してきます。(簡易表示になっている場合は、詳細表示に切り替えてください。)

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像31

※以下の表示形式(簡易表示)になっている場合、詳細(D)をクリックすると、詳細表示に切り替わります。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像32

手順3. ①「ファイル(F)」をクリックし、②「新しいタスクの実行(N)」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像33

手順4. ①名前(O)の入力欄に「shutdown -s -hybrid」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像34
  • 「shutdown.exe -s -hybrid」と入力しても大丈夫です。
  • 「shutdown」,「-s」,「-hybrid」の間の空白は、半角スペース1つです。全角スペース不可。

手順5.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像35
  • 閉じるボタンを押さなくてもシャットダウンは動くので、別に押さなくても問題はありません。
  • シャットダウンをキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行します。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順6. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像36

タスクマネージャーから、シャットダウンする方法はこれで完了です。

つづけて、次の方法を説明します。

10. コマンドプロンプトから、コマンドでシャットダウンする方法

コマンドプロンプトから、コマンドを入力して、Windows11をシャットダウンします。

「ファイル名を指定して実行」より、入力したコマンドを確認しやすいので、こちらを使うこともあります。

入力するコマンドは以下です。

shutdown -s

【補足】

  • -sはオプションで、これを指定するとシャットダウンになります。

  • -sの後ろに、-hybridオプションをつけると「普通の」シャットダウンになります。
    (-hybridオプションをつけなければ、完全シャットダウン)

  • 「shutdown -s -hybrid -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後にシャットダウンします。
    • 例①「shutdown -s -hybrid -t 60」(60秒後にシャットダウン)
    • 例②「shutdown -s -hybrid -t 0」 (すぐシャットダウン)

以下、手順の説明です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像37

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「cmd」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像38

手順3. コマンドプロンプトが起動するので、①「shutdown -s -hybrid」と入力して、②Enterキーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像39
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像40
  • 「shutdown.exe -s -hybrid」と入力しても大丈夫です。
  • 「shutdown」,「-s」,「-hybrid」の間の空白は、半角スペース1つです。全角スペース不可。

手順4.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像41
  • 閉じるボタンを押さなくてもシャットダウンは動くので、別に押さなくても問題はありません。
  • シャットダウンをキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行します。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順5. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像42

コマンドプロンプトから、シャットダウンする方法はこれで完了です。

つづけて、次の方法を説明します。

11. PowerShellから、コマンドでシャットダウンする方法

PowerShell から、コマンドを入力して、Windows11をシャットダウンする方法です。

コマンドプロンプトを使う方法と同じで、入力したコマンドを確認しやすいのがメリットです。

手順は、コマンドプロンプトで行う場合と、ほぼ同じです。

入力するコマンドは以下です。

shutdown -s -hybrid

【補足】

  • -sはオプションで、これを指定するとシャットダウンになります。

  • -sの後ろに、-hybridオプションをつけると「普通の」シャットダウンになります。
    (-hybridオプションをつけなければ、完全シャットダウン)

  • 「shutdown -s -hybrid -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後にシャットダウンします。
    • 例①「shutdown -s -hybrid -t 60」(60秒後にシャットダウン)
    • 例②「shutdown -s -hybrid -t 0」 (すぐシャットダウン)

以下、手順の説明です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像43

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「powershell」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像44

手順3. PowerShell が起動するので、①「shutdown -s -hybrid」と入力して、②Enterキーを押します。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像45
「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像46
  • 「shutdown.exe -s -hybrid」と入力しても大丈夫です。
  • 「shutdown」,「-s」,「-hybrid」の間の空白は、半角スペース1つです。全角スペース不可。

手順4.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像47
  • 閉じるボタンを押さなくてもシャットダウンは動くので、別に押さなくても問題はありません。
  • シャットダウンをキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行します。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順5. はい、これでWindows11のシャットダウンが動きます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像48

PowerShellから、シャットダウンする方法はこれで完了です。

さいごに、補足として、以下を説明します。

12.【補足1】デスクトップに、シャットダウンのショートカットファイルを作成する方法

デスクトップに、シャットダウンのショートカットファイルを作成する方法を説明します。

ショートカットファイルをダブルクリックするだけで、シャットダウンが実行できるので、手間が減ります。

以下、手順の説明です。

デスクトップに、ショートカットファイルを作成し、コマンドを登録するという流れです。

手順1. ①デスクトップ上の適当な場所を右クリックし、②新規作成をクリック、③「ショートカット」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像49

手順2.「ショートカットの作成」画面が起動するので、①「shutdown -s -hybrid」と入力し、②「次へ(N)」ボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像50
  • 「shutdown.exe -s -hybrid」と入力しても大丈夫です。
  • 「shutdown」,「-s」,「-hybrid」の間の空白は、半角スペース1つです。全角スペース不可。

手順3.「このショートカットの名前を入力してください(I)」に、①適当なファイル名を入力し、②「完了(F)」ボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像51

手順4. はい、デスクトップ上に、シャットダウンのショートカットファイルが作成されました。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像52

ショートカットファイルをダブルクリックすれば、シャットダウンが動きます。

つづいて、ピン留めを作成する方法です。

13.【補足2】スタートメニューとタスクバーに、シャットダウンのピン留めを作成する方法

スタートメニューやタスクバーに、 シャットダウンのピン留めを作成することもできます。

※ピン留めは、ショートカットのようなものです。

ピン留めすることによって、シャットダウンするときの手間が減ります

手順、以下です。

補足1で作成したショートカットファイルを、スタートメニューやタスクバーに、ピン留めするという流れです。

a) スタートメニューにピン留めを作成する場合

手順1.「補足1」で作成した①シャットダウンのショートカットファイルを右クリックし、②「スタートメニューにピン留めする」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像53

手順2. はい、スタートメニューに、シャットダウンのピン留めが作成されました。

以下のようにスタートメニューの「ピン留め済み」の中に、シャットダウンのショートカットファイルのアイコンが追加されます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像54
  • おそらく、ピン留め済みの2ページ目に作成されています。
  • ピン留め内のアイコン位置は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じて位置を調整してください。

作成されたピン留めをクリックすれば、シャットダウンが動きます。

b) タスクバーにピン留めを作成する場合

手順1.「補足1」で作成した①シャットダウンのショートカットファイルを右クリックし、②「その他のオプションを表示」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像55

手順2. コンテキストメニューが切り替わるので、「タスクバーにピン留めする(K)」をクリックします。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像56

手順3. はい、タスクバー上に、シャットダウンのピン留めが作成されました。

以下のようにタスクバーの「ピン留め」の中に、シャットダウンのショートカットファイルのアイコンが追加されます。

「Windows11(Win11)をシャットダウン(shutdown)する方法」説明用画像57

※ピン留め内のアイコン位置は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じて位置を調整してください。

作成されたピン留めをクリックすれば、シャットダウンが動きます。

14.【補足3】シャットダウンできない場合の対応方法

場合によっては、以下のようなケースで、シャットダウンできないということがあります。

  • Windows11が固まっていて、シャットダウンの操作ができない。
  • シャットダウンの操作は行えたが、反応しない。(動き出さない。)
  • シャットダウンは動きだしたが、いつまでも経っても、完了しない。

参考までにシャットダウンできない場合の対応方法を書いておきます。

a) Windows11が固まっていて、シャットダウンの操作ができない

こういう場合の対応策は、以下になるかと思います。

対応策1. 以下のシャットダウン方法を試してください。

7.  「Ctrl +Alt + Delete」キーでシャットダウン

※Windows11の動作が重くなっているときに、有効なシャットダウン方法です。

対応策2. 操作できる気配がないなら、強制終了を実行。

パソコンの電源ボタンを、10秒くらい押し続ければ、パソコンを強制終了することができます。

※ハードウェアの故障や、OSのシステムトラブルが発生するリスクが多少ありますが、こうなってしまえば、仕方ないかと。

b) シャットダウンの操作は行えたが、Windows11が反応しないシャットダウンが動き出さない

シャットダウンの操作は行えたなら、ある程度の操作はできる状態かと思います。

そのため、以下が対応策になります。

対応策1. タスクマネージャーを起動して、稼働中のアプリを終了する。

稼働中のアプリを終了すれば、シャットダウンが動く可能性があります。

タスクマネージャー上で、稼働中のアプリを右クリックして、タスクの終了(E)をクリックすれば、終了できます。

※タスクマネージャーの起動方法がわからければ、以下を参照ください。

タスクマネージャーを起動する方法

対応策2. ウィルス対策ソフトを停止する。

ウィルス対策ソフトは、トラブルの原因になることが多いので、停止すれば、シャットダウンが動くかもしれません。

対応策3. 完全シャットダウンで、シャットダウンできるか試してみる。

普通のシャットダウンならダメでも、完全シャットダウンなら、シャットダウンできる可能性はあります。

※完全シャットダウンの方法は以下を参照してください。

Windows11を完全シャットダウンする方法

c) シャットダウンは動きだしたが、いつまでも経っても、終わらない

更新プログラムを適用している場合などに、よくあるケースかなと思います。

対応策 1時間くらい様子を見て、パソコンが動作している気配がないなら、強制終了。

長く感じるかもしれませんが、1時間くらいは様子を見たほうがいいです。

※ハードディスクのアクセスランプが、激しく点滅しているなど、動作している気配があるなら、さらに待ってみることをオススメします。

様子をみても、シャットダウンが終わる気配がないなら、強制終了します。

パソコンの電源ボタンを、10秒くらい押し続ければ、パソコンを強制終了できます。

※ハードウェアの故障や、OSのシステムトラブルが発生するリスクが多少ありますが、こうなってしまえば、やむを得ないかなと。

これで、補足の説明も、以上となります。

15. Windows11をシャットダウン(Shutdown)する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

※今回、シャットダウンの方法を説明しましたが、再起動の方法についても、別の記事で書いています。興味のある方は、以下をご覧ください。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「 Windows11をシャットダウン(Shutdown)する方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました