Windows11(Win11)を再起動する方法

Windows11
この記事は約20分で読めます。


WIN11の再起動の方法を知りたい人
Win11の再起動の方法って、いろいろあるみたいだけど、
いまいち、よくわからんな。
だれか、Win11を再起動する方法をわかりやすく教えてよ。

 

はい、こんなWindows11の再起動の悩みを解決します。

この記事では、Windows11を再起動する方法について、解説しています。

(自分のニーズにあった方法を見つけることができます。)

ここで紹介している手順を行った結果は、以下です。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1. Windows11(Win11)を再起動する方法(はじめに)

この記事では、Windows11を再起動する方法について、説明しています。

※再起動は、以下のような目的で行います。

  • OSの動作が重いなど、一時的な問題の解消
  • システムの設定変更や、Windowsアップデートなどの反映

Windows11を再起動する、といっても、方法はいろいろあります。

ニーズや、好みに合った方法を、見つけてもらえればと思います。

この記事で、説明している内容は以下です。

「やり方はなんでもいいから、いますぐ再起動したい」という人は、以下の方法をみてください。

(どちらもオーソドックな方法です。)

基本的には、各項目にざっと目を通し、使える方法などを、見つけてもらうのがオススメです。

(そのほうが、長い目でみると、効率的かと。)

では、順番に説明していきます。

2. スタートメニューから、Windows11を再起動する方法

これが、最もオーソドックスな方法かと思います。

再起動の手順は以下です。

※再起動を行う前に、作業中のファイルやアプリは保存し、終了しておいてください。

手順1. 画面下部の①スタートボタンをクリックし、②電源ボタンをクリック、③再起動をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像2

Windowsアップデートによるシステム更新が必要な場合、「更新して再起動」という項目が表示されます。

その場合、「更新して再起動」をクリックしてください。

※ただし、時間はかかります。都合がわるいときは、普通の「再起動」でかまいません。

手順2. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像3

※つぎのようなメッセージが表示される場合

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像4

こうした場合、「強制的に再起動」か、「キャンセル」ボタンをクリックしてください。

  • アプリを保存しなくていい場合は、そのまま「強制的に再起動」をクリック
  • 作業途中のアプリを保存したい場合は、「キャンセル」をクリック

スタートメニューから、再起動する手順はこれで完了です。

では、次の方法を説明します。

3. スタートボタンを右クリックして、Windows11を再起動する方法

こちらもオーソドックスな再起動の方法です。

  1. スタートボタンを右クリックし、
  2. 表示されたメニューから、再起動をクリック

手順は以下です。

手順1. デスクトップ下部のスタートボタンを右クリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像5

手順2. 表示されたメニューの中から、①「シャットダウンまたはサインアウト」をクリックし、②「再起動」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像6

※スタートボタンを右クリックすると、表示されるメニューのことを、クイックアクセスメニューといいます。

手順3. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像7

スタートボタンを右クリック から、再起動する手順はこれで完了です。

では、次の再起動の方法を説明します。

4. キーボード操作で、Windows11を再起動する方法

ひとつ前の項で説明した「スタートボタンを右クリックして再起動する方法」を、キーボード操作で行えます。

※キーボード操作で再起動する場合、この方法が一番使いやすいです。

メモ

この方法は、Windowsキーを使います。

キーボードにWindowsキーがない場合は、以下の方法でも可能。

7.「Alt + F4」キーで再起動する方法

手順を説明します。

手順1. ①Windows11にログインしている状態で、キーボードから、②Windowsキーを押しながら、③Xキーを押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像8
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像9

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、すこし異なる場合があります。

手順2. 次に①Uキーを押し、そのあと②Rキーを押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像10
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像11

※Uキー, Rキーは、それぞれ単発で押しています。他のキーを押しながら、ではありません。

手順3. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像12

キーボード操作で、再起動する手順はこれで完了です。

次の方法を説明します。

5. ログイン(サインイン)画面から、Windows11を再起動する方法

ログイン(サインイン)画面からも、Windows11を再起動できます。

※Windows11を起動してみたけど、動きがよくないときなどに使います

手順は、以下です。

手順1. ログイン(サインイン)の画面で、①電源ボタンをクリックし、②「再起動」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像13
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像14

手順2. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像15

ログイン(サインイン) 画面から、再起動する手順はこれで完了です

では、次の方法を説明します。

6. ショートカットキー「Ctrl +Alt + Delete」で、Windows11を再起動する方法

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押すと、セキュリティオプションの画面が表示されます。

こういう感じ

  1. キーボードから「Ctrl + Alt + Delete」キーを押す
  2. セキュリティオプションの画面が表示される
  3. 再起動をクリック

Windows11の動作が重くなっている状態で、再起動したいときに、一番有効な方法です。

※Win11の動作が重く、操作が難しい状況でも、再起動できる可能性が高い

メモ

マイクロソフトは、Win11のトラブル時の解決策として、シャットダウンよりも再起動を推奨しています。

※普通のシャットダウンでは、一部のシステム情報をクリアせず、トラブルの原因が残ったままになる場合アリ。

以下、手順の説明です。

手順1. Windows11にログオンしている状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Delete」を押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像16
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像17

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、すこし異なる場合があります。

手順2. セキュリティオプションの画面が表示されるので、画面右下の①電源ボタンをクリックし、②「再起動」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像18
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像19

手順3. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像20

ショートカットキー「Ctrl +Alt + Delete」で、再起動する手順はこれで完了です。

つづけて、次の手順を説明します。

7. ショートカットキー「Alt + F4」で、Windows11を再起動する方法

ショートカットキー「Alt + F4」をつかって、 再起動する方法を説明します。

※キーボード操作だけで、再起動するのに向いている方法です。

キーボード操作だけの場合、以下を順番に押せば、再起動が可能。

  1. 「Alt + F4」キー
  2. 「↓」キー
  3. 「Enter」キー

メモ

個人的には、キーの配置が少し押しにくいのが難点。

キーボード操作で再起動するなら、以下の方法のほうが使いやすいかと。(項目4で説明済み)

「Windowsキー + Xキー」、Uキー、Rキーと順番に押す方法

キーボードにWindowsキーがない場合、この方法がオススメです。

以下、手順の説明です。

手順1. ①Windows11にログオンしている状態で、キーボードから、②Altキーを押しながら、③ F4キーを押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像21
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像22

注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによってすこし異なる場合あり。
  • また、ノートPCの場合、「 Alt + Fn + F4」と押さないといけないケースもあります。

手順2.「Windowsのシャットダウン」という画面が表示されるので、①メニューの中から「再起動」を選択し、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像23

キーボードから操作する場合、以下で同じ操作が行えます。

  1. 「↓」キーを押した後、
  2. 「Enter」キーを押す
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像24
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像25

手順3. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像26

ショートカットキー「 Alt + F4 」で、再起動する手順はこれで完了です。

では、次の方法を説明します。

8.「ファイル名を指定して実行」から、コマンドで再起動する方法

「ファイルを指定して実行」から、コマンドを入力して、Windows11を再起動する方法です。

Windows11に、リモートデスクトップ接続しているときなどに、よく使います。

(リモートデスクトップだと、再起動の操作に制限が入る場合があるため)

入力するコマンドは以下です。

shutdown -r

【補足】

  • -rはオプションで、これを指定すると再起動になります。
  • 「shutdown -r -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後に再起動します。
    • 例①「shutdown -r -t 60」(60秒後に再起動)
    • 例②「shutdown -r -t 0」 (すぐ再起動)

以下、手順を説明します。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像27

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「shutdown -r」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像28
  • 「shutdown.exe -r」と入力しても大丈夫。
  • 「shutdown」と「-r」の間の空白は、半角スペース1つ。(全角スペース不可)

手順3.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像29
  • 閉じるボタンを押さなくても再起動は動きます。押さなくても問題なし。
  • 再起動をキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行。
    (タイミングが間に合えば、キャンセルできます。)

手順4. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像30

「ファイル名を指定して実行」から、再起動する手順はこれで完了です。

つづけて、次の方法を説明します。

9. タスクマネージャーから、コマンドで再起動する方法

タスクマネージャーから、コマンドを入力して、Windows11を再起動します。

Win11が重くなって、タスクマネージャーしか動かないという場合などに使用。

マイクロソフトは、Win11のトラブル時の解決策として、シャットダウンよりも再起動を推奨しています。

※普通のシャットダウンでは、一部のシステム情報をクリアせず、トラブルの原因が残ったままになる場合アリ。

入力するコマンドは以下です。

shutdown -r

【補足】

  • -rはオプションで、これを指定すると再起動になります。
  • 「shutdown -r -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後に再起動します。
    • 例①「shutdown -r -t 60」(60秒後に再起動)
    • 例②「shutdown -r -t 0」 (すぐ再起動)

以下、手順の説明です。

手順1. ①Windows11にログインしている状態で、キーボードから、②CtrlキーとShiftキーを押しながら、③Escキーを押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像31
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像32

※キーの配置は、お使いのキーボードによって、すこし異なる場合があります。

手順2. タスクマネージャーが起動してきます。(簡易表示になっている場合は、詳細表示に切り替えてください。)

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像33

※以下の表示形式(簡易表示)になっている場合、多くの機能が使えません。詳細(D)をクリックすることで、詳細表示に切り替わります。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像34

手順3. ①「ファイル(F)」をクリックし、②「新しいタスクの実行(N)」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像35

手順4. ①名前(O)の入力欄に「shutdown -r」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像36
  • 「shutdown.exe -r」と入力しても大丈夫。
  • 「shutdown」と「-r」の間の空白は、半角スペース1つ。(全角スペース不可)

手順5.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像37
  • 閉じるボタンを押さなくても再起動は動きます。押さなくても問題なし。
  • 再起動をキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順6. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像38

タスクマネージャーから、再起動する手順はこれで完了です。

つづけて、次の方法を説明します。

10. コマンドプロンプトから、コマンドで再起動する方法

コマンドプロンプトから、コマンドを入力して、Windows11を再起動します。

※「ファイル名を指定して実行」からコマンドを実行するより、入力したコマンドを確認しやすいのがメリット

入力するコマンドは以下です。

shutdown -r

【補足】

  • -rはオプションで、これを指定すると再起動になります。
  • 「shutdown -r -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後に再起動します。
    • 例①「shutdown -r -t 60」(60秒後に再起動)
    • 例②「shutdown -r -t 0」 (すぐ再起動)

以下、手順の説明です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像39

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「cmd」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像40

手順3. コマンドプロンプトが起動するので、①「shutdown -r」と入力して、②Enterキーを押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像41
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像42
  • 「shutdown.exe -r」と入力しても大丈夫。
  • 「shutdown」と「-r」の間の空白は、半角スペース1つ。(全角スペース不可)

手順4.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像43
  • 閉じるボタンを押さなくても再起動は動きます。押さなくても問題なし。
  • 再起動をキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順5. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像44

コマンドプロンプトから、再起動する手順はこれで完了です。

つづけて、次の方法を説明します。

11. PowerShellから、コマンドで再起動する方法

PowerShell から、コマンドを入力して、Windows11を再起動する方法です。

※「ファイル名を指定して実行」からコマンドを実行するより、入力したコマンドを確認しやすいのがメリット

(手順は、コマンドプロンプトで行う場合と、ほぼ同じです。)

入力するコマンドは以下です。

shutdown -r

【補足】

  • -rはオプションで、これを指定すると再起動になります。
  • 「shutdown -r -t 秒数」と入力すれば、指定した秒数後に再起動します。
    • 例①「shutdown -r -t 60」(60秒後に再起動)
    • 例②「shutdown -r -t 0」 (すぐ再起動)

以下、手順の説明です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像45

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「powershell」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像46

手順3. PowerShell が起動するので、①「shutdown -r」と入力して、②Enterキーを押します。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像47
「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像48
  • 「shutdown.exe -r」と入力しても大丈夫。
  • 「shutdown」と「-r」の間の空白は、半角スペース1つ。(全角スペース不可)

手順4.「サインアウトしようとしています」と表示されるので、「閉じる」ボタンを押します。(任意)

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像49
  • 閉じるボタンを押さなくても再起動は動きます。押さなくても問題なし。
  • 再起動をキャンセルしたい場合、同じ手順で「shutdown -a」コマンドを実行。
    タイミングが間に合えば、キャンセルできます。

手順5. はい、これでWindows11の再起動が動きます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像50

PowerShellから、再起動する手順はこれで完了です。

さいごに、補足として、以下を説明します。(便利なので)

  • デスクトップに、ショートカットファイルを作成する方法
  • スタートメニューとタスクバーに、ピン留めを作成する方法

12.【補足1】デスクトップに、再起動のショートカットファイルを作成する方法

デスクトップに、再起動のショートカットファイルを作成する方法を説明します。

※ショートカットファイルをダブルクリックするだけで、再起動が実行できるので、手間が省けます。

以下、手順の説明です。

デスクトップに、ショートカットファイルを作成し、コマンドを登録します。

手順1. ①デスクトップ上の適当な場所を右クリックし、②新規作成をクリック、③「ショートカット」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像51

手順2.「ショートカットの作成」画面が起動するので、①「shutdown -r」と入力し、②「次へ(N)」ボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像52
  • 「shutdown.exe -r」と入力しても大丈夫。
  • 「shutdown」と「-r」の間の空白は、半角スペース1つ。(全角スペース不可)

手順3.「このショートカットの名前を入力してください(I)」に、①適当なファイル名を入力し、②「完了(F)」ボタンをクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像53

手順4. はい、デスクトップ上に、再起動のショートカットファイルが作成されました。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像54

ショートカットファイルをダブルクリックすれば、再起動が動きます。

つづいて、ピン留めを作成する方法です。

13.【補足2】スタートメニューとタスクバーに、再起動のピン留めを作成する方法

スタートメニューやタスクバーに、 再起動のピン留めを作成することもできます。

※ピン留めは、ショートカットのようなものです。

ピン留めすることによって、再起動するときの手間が減ります

手順、以下です。

補足1で作成したショートカットファイルを、スタートメニューやタスクバーに、ピン留めします。

a) スタートメニューにピン留めする場合

以下の手順をおこなってください。

手順1.「補足1」で作成した①再起動のショートカットファイルを右クリックし、②「スタートメニューにピン留めする」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像55

手順2. はい、スタートメニューに、再起動のピン留めが作成されました。

※以下のようにスタートメニューの「ピン留め済み」の中に、再起動のショートカットファイルのアイコンが追加されます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像56

作成されたピン留めをクリックすれば、再起動が動きます。

メモ

  • おそらく、ピン留め済みの2ページ目に作成されています。
  • ピン留め内のアイコン位置は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じて位置を調整してください。

b) タスクバーにピン留めする場合

下記の手順をおこなってください。

手順1.「補足1」で作成した①再起動のショートカットファイルを右クリックし、②「その他のオプションを表示」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像57

手順2. コンテキストメニューが切り替わるので、「タスクバーにピン留めする(K)」をクリックします。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像58

手順3. はい、タスクバー上に、再起動のピン留めが作成されました。

※以下のように、タスクバーに、再起動のショートカットファイルのアイコンが追加されます。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」説明用画像59

作成されたピン留めをクリックすれば、再起動が動きます。

メモ

ピン留め内のアイコン位置は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じて位置を調整してください。

補足の説明は以上です。

14.Windows11(Win11)を再起動する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

 この記事のほかにも、OSの起動や、省電力に関する記事を書いています。興味のあるものがあれば、ご参照ください。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「Windows11(Win11)を再起動する方法」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました