【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法

Windows11
この記事は約11分で読めます。


WIN11で高速スタートアップを無効にしたい人
Win11で高速スタートアップを無効にしたいんだけど・・・。
無効にする方法がよくわからないな。
Win11で高速スタートアップを無効にする方法を教えてよ。

 

はい、こんな高速スタートアップ(Fast Startup)の悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、高速スタートアップを無効にする方法を解説しています。

記事を読んだ結果は、以下です。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法(はじめに)

この記事では高速スタートアップ(英:Fast Startup)を無効にする方法を説明しています。

※高速スタートアップは、Windowsを高速で起動するための機能。シャットダウン時に、一部のシステム情報をクリアせず、保存しておくことにより、高速で起動できます。

Windows11では、初期設定で、高速スタートアップが有効です。

高速スタートアップが有効のときと、無効のときの違いは以下です。

高速スタートアップが有効

  • シャットダウン時に、一部のシステム情報を保存することで、高速で起動できる
  • パソコンの停止中に、ハードウェアの構成を変更すると、不具合が発生する場合あり
    (メモリやハードディスクを増設した場合など)
  • Win8,10,11は、これが標準で有効

高速スタートアップが無効

  • 高速スタートアップが有効の場合より、起動に時間がかかる
  • パソコンの、ハードウェアの構成を変更する場合、無効にしておく必要あり
  • Win7までは、標準で無効(そもそも、機能なし)

※高速スタートアップは、ハードディスクがHDDの場合は、起動速度に、結構、違いがでます。SSDの場合は、速度にあまり違いはありません。

高速スタートアップ自体は便利な機能なのですが、トラブルの原因になることもあり、無効に設定することも多い。

これにより、問題の発生を未然に防ぐことができます。

特にハードディスクがSSDの場合は、起動速度がもともと速いので、高速スタートアップを無効にしてもデメリットは少ないです。

今回、説明する内容は、以下です。

常に高速スタートアップを無効に設定したい場合、上から順番に手順を試してもらうことをオススメします。

高速スタートアップを一度だけ無効にして起動したい場合、以下を読んでください。

では、順番に説明していきます。

2. コントロールパネルから、高速スタートアップを常に無効にする方法

Windows11のコントロールパネルから、高速スタートアップを常に無効にすることができます。

もっともオーソドックスな方法です。

高速スタートアップを常に無効にしたい場合は、まず、この方法から試してください。

では、以下の手順で設定を変更します。

※手順は、管理者権限のあるユーザーアカウントで行ってください。

手順1. まず、コントロールパネルを開きます。画面下部の①検索ボタンをクリックし、②検索ワードの入力欄に「cp」と入力。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像2

※入力するのは、以下でも大丈夫です。

  • 「control」
  • 「コントロールパネル」

たぶん、以下でも

  • 「con」
  • 「コン」

手順2. 検索結果にコントロールパネルが表示されるので、コントロールパネルのアイコンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像3

手順3. コントロールパネルが表示されます。このとき、表示方法が「大きいアイコン」でない場合は、「大きいアイコン」に変更してください。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像4

※コントロールパネルの開き方は、ここで記載した手順以外にも、いろいろあります。興味のある人は、以下をご参照ください。

【win11】コントロールパネルを起動する方法

表示が「大きいアイコン」以外になっている場合は、以下を実施してください。

表示方法の切替手順】①表示方法が、「大きいアイコン」以外になっている場合は、②表示方法のボタンをクリックし、③「大きいアイコン」を選択してクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像5
「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像6

手順4. コントロールパネルの画面から、「電源オプション」を選んでクリックします。

※下のほうにあります。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像7

手順5.「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像8

手順6.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像9

手順7. ①「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して、②「変更の保存」ボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像10

手順8. これで、高速スタートアップを無効にする設定に変更できました。「電源オプション」の画面は、「×」ボタンをクリックして閉じてください。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像11

はい、これで、コントロールパネルから、高速スタートアップを常に無効にする手順は完了です。

※次回以降、パソコンを起動するときは、高速スタートアップがオフの状態で立ち上がってきます。

では、次の、無効にする方法を説明します。

3. コマンドで、高速スタートアップを常に無効にする方法

以下のコマンドを実行すれば、高速スタートアップを常に無効にできます。

powercfg /hibernate off

この方法は、高速スタートアップを無効にするだけでなく、休止状態も無効になります。

そのため、休止状態を使用したいという人にはオススメしません。

※初期設定では、スリープになってから、一定の時間が経過した後、休止状態に入るようになっています。こうした機能も無効になります。

休止状態については、以前に記事を書いていますので、興味のある人は以下を見てください。

[Windows11]休止状態の設定方法と使い方

では、手順を説明します。

※手順は、管理者権限のあるユーザーアカウントで行ってください。

手順1. コマンドプロンプトを管理者モードで起動します。①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリック。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像12

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2.「ファイル名を指定して実行」が起動します。名前(O)の入力欄に、「cmd」と入力します。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像13

※「cmd.exe」と入力しても大丈夫です。

手順3. ①キーボードから、「Ctrl」キーと「Shiftキー」を押しながら、②「ファイル名を指定して実行」のOKボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像14
「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像15

※最後は、OKボタンをクリックではなく、Enterキーを押しても構いません。

手順4.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像16

手順5. コマンドプロンプトが、管理者モードで起動するので、①「powercfg /hibernate off」と入力して、②Enterキーを押します。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像17
「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像18

※ここで、「powercfg.exe /hibernate off」と入力した場合でも、大丈夫。

手順6. コマンドプロンプトを「×」ボタンをクリックして、閉じてください。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像19

手順7. はい、これで高速スタートアップを常に無効にできました。

※次回以降、パソコンを起動するときは、高速スタートアップがオフの状態で立ち上がってきます。

「コマンドで、高速スタートアップを常に無効にする方法」はこれで終わりです。

つぎの方法を説明します。

4.「レジストリ」を変更して、高速スタートアップを常に無効にする方法

レジストリを修正することで、高速スタートアップを常に無効にできます。

前項と同じで、この方法も、高速スタートアップを無効にするだけでなく、休止状態も無効になります。

そのため、休止状態を使用したいという人にはオススメしません。

※休止状態については、以前に記事を書いていますので、興味のある人は以下を見てください。

[Windows11]休止状態の設定方法と使い方

手順は以下になります。

※手順は、管理者権限のあるユーザーアカウントで行ってください。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像20

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「regedit」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像21

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像22

手順4. レジストリエディタが起動します。まず、バックアップをとるために、①「コンピューター」を右クリックし、②エクスポート(E)をクリック。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像23

レジストリは、誤った操作を行ってしまうと、Windows11が正しく動かなくなったりします。そのため、バックアップを取ってから、変更することを推奨。

手順5. レジストリのバックアップの保存先を指定します。①保存場所を選んで、②ファイル名を入力し、③保存(S)ボタンをクリック。

※保存場所やファイル名は、わかりやすければ適当で大丈夫。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像24

手順6. これでバックアップ完了です。続いて、レジストリエディターで、以下の場所へ移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Power

手順はこういう感じです。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像25
「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像26
「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像27

手順7.「HiberbootEnabled」をダブルクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像28

手順8. ①「値のデータ(V):」欄を「0」に変更し、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像29

※値のデータの意味は、以下です。

  • 「0」の場合、高速スタートアップと休止状態が無効
  • 「1」の場合、高速スタートアップと休止状態が有効

手順9. レジストリエディタを、「×」ボタンをクリックし、閉じてください。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像30

手順10. あとは、 Windows11の再起動を実施すれば、高速スタートアップが常に無効になります。

※設定を反映するには、Windows11のOS再起動が必要です。

「レジストリを変更して、高速スタートアップを常に無効にする方法」は、これで終わりです。

つぎは、一回だけ無効にして起動する方法です。

5. 高速スタートアップを一回だけ無効にして起動する方法

この項では、一回だけ高速スタートアップを無効にして起動する方法を説明します。

設定の変更などは必要ありません

Windows11を完全シャットダウンすれば、次に起動する時、高速スタートアップが無効の状態で起動します。

※完全シャットダウンについては、以前に記事を書いていますので、詳しくは以下を参照してください。

手順は以下になります。

手順1. 画面下部①スタートボタンをクリックし、②電源ボタンをクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像31

手順2. ①キーボードから、Shiftキーを押しながら、②再起動をクリックします。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像32
「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像33

手順3. 再起動が動き始めます。回復オプションが表示されるまで、待ちます。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像34

手順4. 回復オプションの画面が表示されれば、「PCの電源を切る」をクリック。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」説明用画像35

はい、これで、次回、高速スタートアップが無効で起動します。

※ここで説明した以外にも完全シャットダウンの方法はいろいろあります。説明した手順が面倒だと思う人は以下を読んでください。

6.【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】高速スタートアップを無効にする方法」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました