【Windows11】レジストリエディターを起動する方法

Windows11
この記事は約12分で読めます。


WIN11のレジストリエディタを開きたい人
Win11でレジストリエディターを起動したいんだけど・・・。
起動方法がよくわからないな。
だれか、レジストリエディターを起動する方法を教えてよ。

 

はい、こんなレジストリエディターの悩みを解決します。

この記事では、Windows11でレジストリエディターを起動する方法を解説しています。

この記事を読んだ結果は、以下です。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】レジストリエディターを起動する方法(はじめに)

レジストリエディター(英:Registry Editor) は、レジストリを編集するためのツールです。

※レジストリは、Windows11の設定情報などが保存されているデータベース。

メモ

Win11の設定変更は、通常、設定画面やコントロールパネルから行うことができます。

ただし、すべての変更が行えるわけではありません。

ケースによっては、レジストリを、直接、編集することが必要

レジストリを編集するために用意されているツールが、レジストリエディターです。

この記事で説明する内容は、以下です。(起動方法はいろいろあります。)

今後、レジストリエディターを使う機会は少なそうという人は、1番目と2番目の方法だけみて、後は流し読みで問題ありません。

レジストリエディターをよく使う人は、順番にざっと目を通して、自分に合っている方法などを、見つけてもらうのがオススメです。

(そのほうが、長い目でみれば効率的かと。)

では、順番に説明していきます。

※レジストリエディターを起動するには、管理者権限のあるユーザーでログインしている必要があります。

2. スタートメニューの「すべてのアプリ」から、レジストリエディターを起動する方法

オーソドックスな、レジストリエディターの起動方法です。

※レジストリエディターをあまり使わない人はこの方法か、次で説明する、以下の方法で起動するのがオススメです。

「ファイル名を指定して実行」から起動

以下の手順で起動します。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「すべてのアプリ」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像2

手順2. アプリの一覧の中にある「Windows ツール」をクリックします。

W欄にあります。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像3

メモ

Windows10だと、レジストリエディターは「Windows 管理ツール」の中に入っていました

しかし、Windows11になり、「Windows 管理ツール」は無くなっています。

(そのため、配置されている場所が変わっています。)

手順3. いろんなWindowsのツールが表示されるので、その中にある「レジストリ エディター」をダブルクリックします。

※下のほうにあります。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像4

手順4.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像5

手順5. はい、これでレジストリエディター(Registry Editor)が起動できました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像6

では、次の起動方法を説明します。

3.「ファイル名を指定して実行」から、レジストリエディターを起動する方法

「ファイル名を指定して実行」を起動して、レジストリエディターを開きます。

※おそらく、もっとも多くの人に利用されている方法です。

手順は以下になります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像7

※「ファイル名を指定して実行」は、次のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「regedit」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像8

※「regedit.exe」と入力しても大丈夫です。

以下などはダメ。

  • 「レジストリ」
  • 「registry」
  • 「レジストリエディター」
  • 「registryeditor」

手順3.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像9

手順4. はい、これでレジストリエディターが起動できました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像10

続けて、次の起動方法を説明します。

Windows11の検索機能を使って、 レジストリエディターを起動する方法です。

検索機能をよくつかう人に適した方法

「ファイル名を指定して実行」から起動する方法もそうですが、この方法は、キーボード操作で起動するのに向いています。

(そういうわけで、キーボードだけで操作する感じで、手順を説明します。)

では、以下、手順です。

手順1.(Windows11が立ち上がっている状態で)①キーボードから、Windowsキーを押します。その結果、②スタートメニューが起動します。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像11
「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像12

手順2. スタートメニューが起動している状態で、そのまま、「regedit」とキーボードから入力します。 (検索結果にレジストリエディタが表示されます)

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像13

※スタートメニューが表示されている状態で、キーボードから「regedit」と入力すれば、勝手に検索窓に「regedit」と入力されます。

入力する文字は、以下でも大丈夫。

  • 「レジストリ」
  • 「regedit.exe」

手順3. この状態で、Enterキーを押します。これでレジストリエディターが起動します。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像14

手順4.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像15

手順5. はい、これでレジストリエディターが起動できました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像16

では、次の起動方法を説明します。(どんどん、いきます。)

5. コマンドプロンプトから、レジストリエディターを起動する方法

Windows11のコマンドプロンプトから、レジストリエディターを起動する方法です。

普通の人は、あまり使わないかと思いますが、一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像17

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「cmd」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像18

※この方法で、コマンドプロンプトを起動できない場合、以下を参照して他のやり方を試してみてください。

【windows11】コマンドプロンプトを起動する方法

手順3. コマンドプロンプトが起動するので、①「regedit」と入力して、②Enterキーを押します。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像19
「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像20

※「regedit.exe」と入力しても大丈夫です。

以下などはダメ。

  • 「レジストリ」
  • 「registry」
  • 「レジストリエディター」
  • 「registryeditor」

手順4.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像21

手順5. はい、これでレジストリエディターが起動できました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像22

では、次の起動方法を説明します。

6. PowerShellから、レジストリエディターを起動する方法

Windows11のPowerShellから、レジストリエディターを起動する方法です。

※コマンドプロンプトから起動する方法と、手順は同じような感じ

普通の人は、あまり使わないかと思いますが、一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像23

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「powershell」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像24

※この方法で、PowerShellを起動できない場合、以下を参照して他のやり方を試してみてください。

【Windows11】PowerShellを起動する方法

手順3. PowerShellが起動するので、①「regedit」と入力して、②Enterキーを押します。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像25
「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像26

※「regedit.exe」と入力しても大丈夫です。

以下などはダメ。

  • 「レジストリ」
  • 「registry」
  • 「レジストリエディター」
  • 「registryeditor」

手順4.「このアプリがデバイスに変更を~」というメッセージが表示された場合、「はい」ボタンをクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像27

手順5. はい、これでレジストリエディターが起動できました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像28

はい、これで、起動方法の説明はおわりです。

最後に補足としてショートカットファイルなどの作り方を紹介します。

7.【補足1】デスクトップに、レジストリエディターのショートカットを作成する方法

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像29

デスクトップ上に、レジストリエディターのショートカットファイルを作成する方法を説明します。

※レジストリエディターをよく使う人向けです。

手順はこんな感じです。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「すべてのアプリ」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像30

手順2. アプリの一覧の中にある「Windows ツール」をクリックします。

※W欄にあります。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像31

手順3. いろんなWindowsツールが表示されるので、その中にある①「レジストリエディター」を右クリックし、②ショートカットの作成(S)をクリック。

※下のほうにあります。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像32

手順4.(ショートカットを)デスクトップ上に作成しますか?というメッセージが出るので、はい(Y)をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像33

手順5. はい、これで、デスクトップ上にレジストリエディターのショートカットファイルが作成されました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像34

作成されたショートカットファイルをダブルクリックすれば、レジストリエディターが起動します。

8.【補足2】スタートメニューに、レジストリエディターのピン留めを作成する方法

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像35

スタートメニュー上に、レジストリエディターのピン留めを作成する方法を説明します。

※レジストリエディターをよく使う人向け。

手順は以下です。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「すべてのアプリ」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像36

手順2. アプリの一覧の中にある「Windows ツール」をクリックします。

※W欄にあります。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像37

手順3. いろんなツールが表示されます。その中から①「レジストリエディター」を右クリックし、②「スタートメニューにピン留めする」をクリック。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像38

手順4. はい、これで、スタートメニューにピン留めが作成されました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像39

作成されたピン留めをクリックすれば、レジストリエディターが起動します。

メモ

  • レジストリエディターのピン留めは、おそらくスタートメニューの「ピン留め済み」の2ページ目に作成されます。
  • ピン留め内のアイコンの場所は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じてレジストリエディターのアイコンの場所を調整してください。

9.【補足3】タスクバーに、レジストリエディターのピン留めを作成する方法

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像40

タスクバー上に、レジストリエディターのピン留めを作成する方法を説明します。

※レジストリエディターをよく使う人向け。

手順は以下です。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「すべてのアプリ」をクリックします。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像41

手順2. アプリの一覧の中にある「Windows ツール」をクリックします。

※W欄にあります。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像42

手順3. いろんなツールが表示されます。その中から①「レジストリエディター」を右クリックし、②「タスクバーにピン留めする(K)」をクリック。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像43

手順4. はい、これで、タスクバー上にレジストリエディターのピン留めが作成されました。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」説明用画像44

作成されたピン留めをクリックすれば、レジストリエディターが起動します。

※ピン留め内のアイコンの場所は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じてレジストリエディターのアイコンの場所を調整してください。

補足はこれでおわり。

10.【Windows11】レジストリエディターを起動する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

あと、本文では紹介しませんでしたが、

パソコンを立ち上げたら、レジストリエディターをゼッタイ使うという人は、スタートアップに登録するのがオススメです。

パソコン起動時にレジストリエディターを自動起動させることができます。

※登録方法は以下を参照ください。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】レジストリエディターを起動する方法」 はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました