Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター

Snipping Tool
この記事は約6分で読めます。


SNIPPING TOOLを
使いたい人
Snipping Toolって、便利みたいだけど、
使い方がよくわからないよ。
わかりやすく使い方を教えてよ。

 


この記事では、こんなSnipping Tool(スニッピングツール)の悩みを解決します。

この記事を読めば、パソコンが苦手な人でも、Snipping Toolの使い方を完全にマスターできます。

Snipping Toolの使い方をマスターすれば、見やすい資料が早く作れて、あなたの評価が上がります。

今回、説明する方法は、Windows10のパソコンを対象にしていますので、その点ご注意ください。

では、どうぞ。

おらー、根性だしていくぜ!

【目次】

  1. Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスタ
    • Snipping Toolの起動方法
    • 最もオーソドックスな切り取り
    • コンテキストメニューを切り取り
    • ペンで書き込み
  2. まとめ

1.Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター

1-1.Snipping Toolの起動方法

Snipping toolを起動方法から説明します。

手順1.スタートメニューから、Windowsアクセサリの中にあるSnipping Toolをクリック

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像1

手順2.Snipping Toolが起動できました。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像2

1-2.Snipping Toolの基本的な使い方(最もオーソドックスな切り取り)

画面の一部を四角形に切り取る、Snipping Toolの最もオーソドックスな使い方を説明します。
(普通はこれしか使いません。)

以下、手順です。

手順1.新規作成(N)をクリック

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像3

手順2.画面が全体的に白っぽくなります。今回は以下の画像のオレンジ色の部分を切り取りします。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像4

※このとき、「あ」とか「A」が画面にでてくることがあります。
その場合の対処法は以前に書いていますので、参考にしてみてください。

「あ」や「A」を消す方法

手順3.この状態で、切り取りたい部分の左上端をクリックします。(クリックした後、指は離さないでください。)

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像5


手順4.クリックした状態のまま、切り取り範囲の右下端方向へドラッグしていきます。

(くっきり表示される部分が広がっていきます)

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像6

手順5.切り取りたい部分の右下端までドラッグすれば、クリックしている指を離します。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像7

手順6.これで、切り取りたい範囲を切り取ることができました。

切り取った画像は、この状態でクリップボードにコピーされていますので、
そのまま、EXCELやPowerPointなどに貼り付けることができます。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像8

手順7.Wordに貼り付けてみます。貼り付けたい場所で右クリックし、張り付けのボタンをクリックします。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像9

手順8.Wordに貼り付けることができました。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像10

これで、Snipping toolのもっとも基本的な使い方は終わりです。

1-3.Snipping Toolの基本的な使い方(コンテキストメニューを切り取り)

前項で、説明した普通の切り取り方だと、下の画像のようなコンテキストメニューは切り取ることができません。(Snipping Toolのウィンドウを選択した段階で、表示されなくなるため)

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像11

コンテキストメニューを切り取るためには、Snipping Toolの遅延機能を使用します。

遅延機能は、切り取る範囲を指定するタイミングを遅らせることができ、その間にコンテキストメニューを画面上に表示させておくことができます。


以下、手順です。

手順1.Snipping Toolを起動した状態で、遅延(D)をクリックし、5秒を選択します。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像12

手順2.新規作成(N)をクリックします。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像13

手順3.コンテキストメニューを表示させて、5秒たつまで、待機します。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像14


手順4.待機時間の5秒が終わり、切り取り範囲を指定する状態になります。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像15

手順5.コンテキストメニューを含めて、画面を切り取ります。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像16

手順6.これでコンテキストメニューが切り取れました。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像17

※コンテキストメニューを表示した状態で、Ctrl + PrintScreenキーを押す、あるいは、PrintScreenキーで全画面の画像を取得した後、ペイントなどに貼り付けて、そこからSnipping Toolで切り取る、ということでも同じことは可能です。


Snipping Toolの遅延機能を使えば、マウスだけで操作できるので、楽かなと思います。

1-4.Snipping Toolの便利な使い方(ペンで書き込み)

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像18

Snipping Toolを使って切り取った画像に、ペン機能を使って、文字や印を書き込むことができます。

きれいな出来栄えにならないのでそれほど使いませんが、見た目を気にしないでいいときは便利です。

手順は以下です。

手順1.Snipping Toolで画像を切り取った後、ペンのボタンをクリックし、ペンの種類を選択します。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像19

手順2.切り取った画像が表示されている領域で、ドラグ&ドロップをすれば、線を引くことができます。(簡単な文字も書くことができます。)

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像20

手順3.線や文字を書き終えたら、編集(E)をクリックし、コピー(C)を選択します。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像21

手順4.コピーした画像は、WordやExcelなどに張り付けることができます。

Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター説明画像22

参考:Snipping toolで取った画像に、きれいな直線をいれる方法という記事を以前に書きましたので、興味があれば、見てみてください。(紹介している方法はあくまで一例です。)

2.Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター(まとめ)

この記事では、Snipping Toolの使い方を説明してきました。

Snipping toolには今回説明した以外にも機能はありますが、あまり使わないので、別に覚えなくてもいいかなと思います。

今回の内容で、役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

【Snipping Toolの使い方を、たった5分で完全マスター】はこれで終わりです。

コメント

  1. 金子茂冨 より:

    Snipping Tool で複写した画像のわずかな傾きを修正する方法を教えてください。
    画像の下にでてくる円い矢印では微調整が旨くいきません。

    • おせち おせち より:

      四角形で切り取った場合、傾きを感じたことがないので、あまりピンときていないのですが、エクセルに貼りつけたときなどは、画像を右クリックして、サイズとプロパティを選べば、回転項目というのがあって、1度ずつ回転させることができますよ。

  2. 金子茂冨 より:

    今まで我流で使ってはいましたが、再確認できて助かりました。

タイトルとURLをコピーしました