【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法

Windows11
この記事は約17分で読めます。


WIN11でスクショを撮りたい人
Win11でスクリーンショットを撮りたいな。
けど、やり方が、いまいちわからないな。
だれか、スクリーンショットの撮り方を教えてよ。

 

はい、こんな悩みを解決します。

この記事では、Windows11のスクリーンショットを撮る方法について、解説しています。

※ここで紹介している方法はすべて、Windows11の標準機能を使っています。

もちらん無料です。

この記事を読んだ結果は、以下です。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃ!チェストー!気合いれるぜ

1.【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法(はじめに)

Windows11のスクリーンショット(スクショ,画面キャプチャ)機能を使えば、パソコンの画面を、画像として取得することができます。

文書の作成や、画面を記録として残したい場合など、さまざまな場面で使えます。

Windows7,8,10などと同様に、Windows11にも、スクリーンショットを撮るための、いろいろな機能が用意されています。

この記事では、そんなWindows11のスクリーンショットを撮る方法を7つ紹介します。

使用するショートカットキーやツールは、以下。

  ショートカットキー・ツール スクショ対象 保存先
1 [Print Screen]キー 全画面 クリップボード
2 [Alt + Print Screen]キー アクティブウィンドウ クリップボード
3 [Windows + Print Screen]キー 全画面 フォルダ
4 [Windows+ Alt + Print Screen]キー アクティブウィンドウ フォルダ
5 Snipping Tool(旧切り取り&スケッチ) (画面の一部.etc) クリップボード
6 [Windows+ Shift + S]キー (画面の一部.etc) クリップボード
7 Xbox Game Bar アクティブウィンドウ フォルダ

※切り取り&スケッチは、Windows11で、Snipping Toolと統合されています。

スクリーンショット(画面キャプチャ)を使い慣れている方は、興味のあるものだけ見てもらえば大丈夫です。

それほど使い慣れていない人は、順番にざっと目を通してもらえればと思います。

自分の好みにあった方法をみつけたり、ケースバイケースで使い分けて活用するのが、オススメです。

そのほうが、長い目でみると効率的かと

では、1つずつ順番に、説明していきます。

2. [Print Screen]キーを使って、全画面を取得する方法

最もオーソドックスな、画面全部のスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法です。

  • [ Print Screen ] というショートカットキーを使用します。

手順は簡単で、キーボードから [ Print Screen ]キーを押すことによって、画面すべてのスクリーンショットを取得できます。

撮影した画像は、クリップボードに保存され、エクセル・ワードなどに貼り付けすることができます。

(自動でフォルダには、保存されません。)

では、使い方の手順を紹介します。

手順1. まず、スクリーンショットを取得したい画面を表示します。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像2

キャプチャーしたくないウィンドウなどは、デスクトップ上には表示しないように、閉じる or 最小化しておきます。

手順2. キーボードから、[Print Screen]キーを押せば、全画面のスクリーンショットが撮れます。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像3

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによって異なる場合があります。
  • PrintScreenキーは、「PrtSc」とキーボードに表記されているケースも多い。
  • また、ノートPCの場合、「Ctrl + Fn + PrintScreen」と押さないといけない場合もあります。

手順3. そのまま、エクセルやワードなどに貼り付けができます。

例として、ワードパッドに貼り付けてみます。

ワードパッドを起動し、①画像を貼り付けたいところで右クリックし、②貼り付け(P)をクリック

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像4

※ワードパッドの開き方については、以前に記事を書いていますので、開き方がわからないという人はコチラを見てみてください。

はい、これで、スクリーンショットで撮影した全画面の画像を貼り付けることができました。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像5

こんな感じで、全画面のスクリーンショットを撮ることができます。

【補足情報】

この方法で、スクリーンショットを撮る場合、One Driveに自動保存するよう設定できます。

多分、使う人は多くないと思うので、ここでは紹介しませんが、使いたいという人は調べてみてください。

3. [Alt + Print Screen]キー を使って、アクティブウィンドウを取得する方法

アクティブになっているウィンドウだけを、スクリーンショット(画面キャプチャ)で取得する方法です。

  • [Alt + Print Screen]というショーカットキーを使用します。

方法は、キーボードから、 Altキーを押しながら、Print Screenキーを押すだけです。

そうすると、アクティブ(選択状態)になっているウィンドウのスクリーンショットが取得できます。

撮った画像は、クリップボードに保存され、エクセル・ワードなどに貼り付けできます。

(自動でフォルダには、保存されません。)

このあたりの動作は[ Print Screen ]キーで撮影した場合と同じです。

では、使い方の手順の紹介です。

手順1. まず、スクリーンショットを取得したいウィンドウをアクティブ(選択状態)にします。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像6

手順2. キーボードから、 [Alt]キー を押しながら、 [Print Screen]キー を押せば、アクティブウィンドウのスクリーンショットが撮れます。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像7

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによって異なる場合があります。
  • PrintScreenキーは、「PrtSc」とキーボードに表記されているケースも多い。
  • また、ノートPCの場合、「 Alt + Fn + PrintScreen」と押さないといけない場合もあります。

手順3. そのまま、エクセル やワードなどに、貼り付けができます。

例として、ワードパッドに貼り付けてみます。

ワードパッドを起動し、①画像を貼り付けたいところで右クリックし、②貼り付け(P)をクリック

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像8

はい、これで、スクリーンショットで撮ったアクティブウィンドウの画像を貼り付けることができました。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像9

「Alt + Print Screen」を使えば、こういう感じで、アクティブウィンドウのスクリーンショットを撮ることができます。

少しまとめると、

  • 全画面を撮りたければ、「Print Screen」
  • アクティブなウィンドウだけを撮りたければ、「Alt + Print Screen」

【補足事項】

「Print Screen」 と同様に、この方法でも、One Drive上に画像が自動保存されるように設定できます。

多分、使う人は多くないと思うので、ここでは紹介しませんが、使いたいという人は調べてみてください。

4. [Windows+ PrintScreen]キーを使って、全画面を取得する方法

[Windows+ PrintScreen]というショートカットキーを使って、画面全部のスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮ることもできます。

キーボード上から、

  • [Windows]キーを押しながら、
  • [Print Screen]キーを押す

これで、画面すべてのスクリーンショットが取得できます。

[Print Screen]キーを使う方法と異なる点は、[Windows+ PrintScreen] キーを使うと、パソコンのフォルダに画像が保存されることです。


撮影した画像が、保存される場所は、以下です。

C:\Users\(ユーザー名)\Pictures\Screenshots

※ユーザー名は、Win11にログオンしているユーザーの名前です。お使いのパソコン環境により、それぞれ異なります。

[Windows+ Print Screen] キー を押すだけで、どんどん撮ったスクリーンショットがフォルダに保存されていくので、連続でスクリーンショットを撮りたい場合に便利です。

では、使い方の手順を紹介します。

手順1. まず、スクリーンショットを取得したい画面を表示します。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像10

キャプチャーしたくないウィンドウなどは、デスクトップ上には表示しないように、閉じる or 最小化しておきます。

手順2. キーボードから、①[Windows]キーを押しながら、 [Print Screen]キー を押せば、全画面のスクリーンショットが撮れます。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像11

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによって異なる場合があります。
  • PrintScreenキーは、「PrtSc」とキーボードに表記されているケースも多い。
  • また、ノートPCの場合、「Windows + Fn + PrintScreen」と押さないといけない場合もあります。

手順3.「C:\Users\(ユーザ名)\Pictures\Screenshots」の中に、スクリーンショットが保存されています。

※スクリーンショット(x).pngという名前で、pngファイルが保存されているはずです。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像12

後は、スクリーンショットの画像ファイルを、メールで送るなり、一回開いてコピーするなりしてください。

【補足情報】当該のフォルダにアクセスするには、まず、エクスプローラを起動し、①「PC」を展開、②「ピクチャ」を展開、③「スクリーンショット」をクリックという手順で行うと楽です。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像13

5. [Windows + Alt + PrintScreen]キー を使って、アクティブウィンドウを取得する方法

こちらは、[Windows + Alt + Print Screen]というショートカットキーを使って、アクティブウィンドウのスクリーンショットを撮る方法です。

  1. キーボード上から、 [Windows]キーと [Alt] キーを押しながら、
  2. [Print Screen]キーを押す

これで、アクティブウィンドウのスクリーンショットが取得できます。

この方法も、パソコンのフォルダに撮影したスクリーンショットが、自動で保存されます。

保存される場所は、以下です。

C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures

※ユーザー名は、Win11にログオンしているユーザーの名前で、お使いのパソコンによりそれぞれ異なります。

[Windows + Alt + PrintScreen] キー を押すだけで、どんどんスクリーンショットがフォルダに保存されます。

そのため、連続でスクリーンショットを撮りたい場合に便利です。

では、使い方の手順を紹介します。

手順1. まず、スクリーンショットを取得したいウィンドウをアクティブ(選択状態)にします。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像14

手順2. キーボードから、① [Windows]キー と [Alt]キー を押しながら、 ②[Print Screen]キー を押せば、アクティブウィンドウのスクリーンショットが撮れます。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像15

※注意事項

  • キーの配置や表記は、キーボードによって異なる場合があります。
  • PrintScreenキーは、「PrtSc」とキーボードに表記されているケースも多い。
  • また、ノートPCの場合、「Windows + Alt Fn + PrintScreen」と押さないといけない場合もあります。

手順3.「C:\Users\(ユーザ名)\Videos\Captures」の中に、スクリーンショットが保存されています。

※撮ったスクリーンショットは、pngファイルで保存されています。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像16

後は、スクリーンショットの画像ファイルを、メールで送るなり、一回開いてコピーするなりしてください。

補足情報】上記のフォルダにアクセスするには、まず、エクスプローラを起動し、①「PC」を展開、②「ピクチャ」を展開、③「スクリーンショット」をクリックという手順で行うと楽です。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像17

この C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures のスクリーンショットにアクセスするには、Xbox Game Barを使うという方法もあります。

これについての情報は、後の項で説明しています。

6. Snipping Tool(旧切り取り&スケッチ)を使って、画面の一部を取得する方法

Snipping Toolは、Windows11に標準搭載されている画面の切り取りツールです。

アクティブウィンドウなどのスクリーンショットを撮る機能もついていますが、メインで使うのは、画面の一部のスクリーンショットを取得する機能です。

マウス操作で、切り取る範囲を指定すれば、画面の一部だけのスクリーンショットを取得できます。

(こんな感じ)

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像18

Snipping Toolで取得した画像は、クリップボードにコピーされます。

(ただ、必要なら、手動で任意のフォルダに保存することもできます。)

※注意事項

これまでのWindows7,8,10に搭載されていた「Snipping Tool」と、Windows10から搭載された「切り取り&スケッチ」が、Windows11では「Snipping Tool」として統合されています。

ただ、統合といっても、Windows10の 「切り取り&スケッチ」と、中身はほとんど同じ です。

ちょっと紛らわしいので、ご注意ください。

以下は、使い方の手順です。

※画像などは、ソフトのバージョン等の違いにより、若干異なる場合があります。そうした場合は、適当に読み替えてください。

手順1. まず、Snipping Toolを起動します。①スタートボタンをクリックし、②すべてのアプリをクリックします。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像19

手順2. アプリの一覧の中にある「Snipping Tool」をクリックします。

※「S」欄にあります。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像20

手順3.「Snipping Tool」が起動するので、新規ボタンをクリックします。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像21

手順4. 画面が暗くなります。このとき、スクリーンショットを取得したい範囲をドラグ&ドロップで指定します。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像22

※この画面が暗すぎて、ドラッグしにくいので、私はちょっと苦手なんですよね。

手順5.(範囲を指定した、)画面の一部だけ取得できました。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像23

※この手順では、四角形モードで画面の一部を取得しましたが、自由に領域を指定できる「自由領域モード」など、他の形式を選択することもできます。

手順6. 取得した画像は、そのままエクセルやワードに貼り付けることができます。

以下の画像は、ワードパッドに貼り付けた例です。スクリーンショットを撮った後、そのまま、ワードパッドなりを開いて、貼り付けを実行するだけです。(参考:ワードパッドの開き方)

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像24

Snipping Tool(旧切り取り&スケッチ)はこんな感じです。

7. [Windows + Shift + S]キーを使って、画面の一部を取得する方法

[Windows+ Shift + S]キーを押せば、画面切り取りツールが起動します。

おおざっぱに云えば、 [Windows+ Shift + S]キーは、Snipping Tool(旧切り取り&スケッチ) のショートカット起動版のようなツールです。

キーボード入力になれている人には、便利な機能かと思います。

これも主に、画面の一部分のスクリーンショットを撮りたいときに、使用します。

取得した画像は、クリップボードにコピーされます。

使い方の手順は、以下です。

手順1. WindowsキーとShiftキーを押しながら、Sキーを押します。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像25

※キーの配置や表記はお使いのキーボードによって異なる場合があります。

手順2. 画面が暗くなります。このとき、スクリーンショットを取得したい範囲をドラグ&ドロップで指定します。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像26

※上部に表示されていうメニューバーで、四角形以外にも、全画面やフリーフォームなど、取得する形式を選ぶことができます。

手順3. これで、画面の一部が取得できました。取得した画像は、そのままエクセルやワードに貼り付けることができます。

Snipping Tool(旧切り取り&スケッチ)と異なり、取得したスクリーンショットは、画面に表示されません。

そのため、貼り付けてみないと、撮ったスクリーンショットの確認はできません。

以下の画像は、ワードパッドに貼り付けた例です。

スクリーンショットを撮った後、そのままワードパッドなりを開いて、貼り付けを実行すればOKです。 (参考:ワードパッドの開き方)

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像27

[備考]

  • 取得した画像を、ファイルとして保存したい場合は、一旦、ペイントに貼り付けてください。

    貼り付けたあと、画像ファイルとして保存できます。


  • スクリーンショットを撮った後、設定によっては、画面に通知が出る場合があります。

    通知がうっとおしいという人は、Windows11の通知設定をオフにしてください。

8. Xbox Game Bar を使って、アクティブウィンドウを取得する方法

Xbox Game Barを使って、アクティブウィンドウのスクリーンショットを撮ることもできます。

※ Xbox Game Barは、Windows 11に標準でインストールされているゲーム用のツールです。スクリーンショット以外にも、動画の録画などができます。

撮ったスクリーンショットは、C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures の中にPNGファイルとして、保存されます。

※ユーザー名は、Win11にログオンしているユーザーの名前です。お使いのパソコンによりそれぞれ異なります。

使い方は、こういう感じです。

手順1. まず、スクリーンショットを取得したいウィンドウをアクティブ(選択状態)にします。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像28

手順2. キーボードから、① [Windows]キー を押しながら、 ②[G]キー を押します。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像29

※キーの配置や表記はお使いのキーボードによって異なる場合があります。

手順3. Xbox Game Barが起動します。このとき、「カメラ」ボタンをクリックすれば、アクティブウィンドウのスクリーンショットが取得できます。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像30

手順4.「C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures」の中に、スクリーンショットが保存されています。

※pngファイルで保存されています。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像31

後は、スクリーンショットの画像ファイルを、メールで送るなり、一回開いてコピーするなりしてください。

【補足①】上記のフォルダにアクセスするには、まず、エクスプローラを起動し、①「PC」を展開、②「ビデオ」を展開、③「キャプチャ」をクリックという手順で行うと楽です。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像32

【補足②】Xbox Game Barから、①「全キャプチャを表示」をクリックし、②「ファイルの場所を開く」をクリックしても、 C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures を開くことができます。

「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像33
「【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法」説明用画像34

※この「全キャプチャを表示」の画面は、 C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Capturesに入っているスクリーンショットを、楽に確認したり、クリップボードにコピーしたりできるので、結構便利かなと思います。

9.【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

Windows11には、今回紹介したように、スクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法がいろいろあるので、好きな方法を使ってもらえればと思います。

私の場合は、「PrintScreen」,「Alt + PrintScreen」,「Snipping Tool」を使うことがやはり多いです。あとは、ケースバイケースで、他の方法も使うという感じですね。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「 【Windows11】スクリーンショットを撮る7つの方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました