【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)

Windows11
この記事は約16分で読めます。


WIN11で辞書に単語を登録したい人
Win11で、辞書に単語を登録したいんだけど・・・。
登録方法がよくわからないな。
だれか、Win11で、辞書に単語を登録する方法を教えてよ。

 

はい、こんなWindows11の辞書登録の悩みを解決します。

この記事では、Windows11の辞書に、単語や文章を登録する方法を解説しています。

記事の内容を実施した結果は、以下です。

・実施前

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像1

・実施後

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像2

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)(はじめに)

この記事では、Windows11のユーザー辞書に、単語、あるいは文章を登録する方法を説明しています。

あらかじめ、ユーザー辞書に登録しておくことで、標準では登録されていない単語や文章でも、一発で変換できます。

説明している内容は以下です。

興味のあるところだけ、読んでもらっても、問題はありません。

ただ、基本的には、順番にざっと読み、辞書の操作方法について、理解を深めてもらうのが、オススメです。

(そのほうが、長い目でみると、効率的かと。)

では、順番に説明していきます。

2.【Windows11】辞書に単語・長文を登録する方法

Windows11のユーザー辞書に、単語や文章を登録する方法を説明します。

ユーザー辞書に登録すると、標準の辞書に登録されていない単語や長文でも、変換できます。

登録の手順で以下です。

手順1. デスクトップの右隅にある、①「あ」や「A」と表示されているアイコンを右クリックし、②「単語の追加」をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像3

※ショートカットキーを使ったキーボード操作でも、同じ操作行うことができます。

(手順は、補足1に記載)

手順2.「単語の登録」画面が表示されるので、①「単語(D):」欄に、変換後の単語や長文を入力し、②「よみ(R):」欄に、変換する前の語句を入力します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像4

※例1.単語を登録する場合

「あつもり」と入力したとき、「あつ森」と変換したければ、

  • 「単語(D):」欄に、「あつ森」と入力
  • 「よみ(R):」欄に、「あつもり」と入力

※例2.長文を登録する場合

「いつも」と入力したとき、「いつも、お世話になっております。株式会社○○商事です。」と変換したければ、

  • 「単語(D):」欄に、「いつも、お世話になっております。株式会社○○商事です。」と入力
  • 「よみ(R):」欄に、「いつも」と入力

※「単語(D):」欄に登録できる文字については、以下となっています。

  • 半角・全角は関係なしで、60文字まで
  • 文字列内に改行を含めることはできません。

手順3.(必要があれば、)ユーザーコメント(C)に、コメントを入力します。

※面倒なら、コメントは入力する必要はありません。大抵の場合、変換候補に表示されれば、わかるので。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像5

コメントを入力しておけば、変換するときに、入力したコメントが表示されます。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像6

手順4. 次に、適切な品詞を選択します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像7
  • 「いつも、お世話になっております。株式会社○○です。」のような長文を登録したい場合、短縮よみ(W)にチェックをつけます。
  • 何を選択するべきか、よくわからない場合も、「短縮よみ(W)」にチェックをつけておけば、大きな問題はありません。

手順5. 入力や品詞の選択が終われば、登録(A)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像8

※「登録と同時に単語情報を送信する(S)」については、どちらでも構いません。

手順6. はい、これで登録は完了です。「ユーザー辞書ツール(T)」ボタンをクリックして、一覧から、登録されているか確認します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像9

手順7.「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」が起動します。登録済みの単語や長文が、一覧で表示されるので、正しく登録されているか、確認します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像10

手順8. はい、これで単語や長文の登録は完了です。登録した単語や長文が、変換候補に表示されるようになりました。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像11

はい、これで登録方法の説明は終わりです。

3.【Windows11】辞書から単語・長文を削除する方法

ユーザー辞書に、自分登録した単語や長文は、必要がなくなれば削除できます。

また、Windows11が勝手に学習していく学習単語も削除が可能。

学習単語と登録単語

  • 学習単語は、Windows11(IME)が、文字の変換を自動学習した結果、辞書に登録された単語・文章のこと。
  • これに対し、自分で辞書に登録した単語や文章のことを登録単語といいます。

この項では、以下を説明します。

3-1. 自分で登録した単語・長文を削除する方法

自分で、ユーザー辞書に登録した単語や長文(登録単語)を、削除する方法を説明します。

手順は以下です。

手順1. デスクトップの右隅にある、①「あ」や「A」と表示されているアイコンを右クリックし、②「単語の追加」をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像12

※ショートカットキーを使ったキーボード操作でも、同じ操作を行うことができます。

(手順は、補足1に記載)

手順2.「単語の登録」画面が表示されるので、何も入力せず、ユーザー辞書ツール(T)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像13

手順3. ユーザー辞書ツールが起動してくるので、①一覧の中から、削除したい単語・長文を、クリックして選択後、②編集(E)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像14

※このとき、ShiftキーやCtrlキーを押しながら、単語・長文をクリックすれば、複数同時に選択できます。(一括で削除が可能

手順4. 編集(E)のメニューの中から、削除(D)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像15

※このとき、変更(E)をクリックすれば、選択した単語や長文を編集することもできます。

手順5.「選択された単語を削除しますか?」と聞かれますので、はい(Y)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像16

手順6. はい、これで、削除は完了しました。削除した単語や長文は、一覧から消えているはずです。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像17

手順7. ユーザー辞書ツールは、右上の×ボタンをクリックして、閉じてください。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像18

これで、自分で登録した単語・長文を削除する手順は終わりです。

3-2. Windows11が自動で覚えた学習単語を削除する方法

Windows11が自動で覚えた学習単語を削除する方法を説明します。

学習単語は、勝手に変換の精度を高めてくれる便利な機能です。

ただし、以下のように望ましくないことが起こる場合もあります。

  • 間違った単語を学習してしまう
  • 表示されてほしくない変換候補が、表示されてしまう

そういう場合は、辞書から学習単語を削除すれば、解決できます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップの右隅にある、①「あ」や「A」と表示されているアイコンを右クリックし、②「単語の追加」をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像19

※ショートカットキーを使ったキーボード操作でも、同じ操作を行うことができます。

(手順は、補足1に記載)

手順2.「単語の登録」画面が表示されるので、何も入力せず、「ユーザー辞書ツール(T)」ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像20

手順3.「IME ユーザー辞書ツール」が起動してくるので、メニューバーから、①ツール(T)をクリックし、フィルター(F)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像21

手順4. フィルターの画面が表示されるので、①登録単語(W)のチェックを外し、②学習単語(T)に、チェックをつけます。その後、③実行ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像22

※自分がユーザー辞書に登録した単語や長文が、登録単語。Win11が、勝手に覚えた単語が学習単語です。

手順5. 学習単語の一覧が表示されるので、①一覧の中から、削除したい学習単語を、クリックして選択後、②編集(E)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像23

※このとき、ShiftキーやCtrlキーを押しながら、単語・長文をクリックすれば、複数同時に選択でき、一括で削除が可能。

(学習単語の場合、一括で削除することが多いかと思います。)

手順6. 編集(E)のメニューの中から、削除(D)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像24

※このとき、変更(E)をクリックすれば、選択した学習単語を編集することもできます。

手順7.「選択された単語を削除しますか?」と聞かれますので、はい(Y)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像25

手順8. はい、これで、削除は完了しました。削除した学習単語は、一覧から消えています。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像26

手順9. ユーザー辞書ツールは、右上の×ボタンをクリックして、閉じてください。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像27

はい、これで、ユーザー辞書から学習単語を削除する手順は終わりです。

つぎに補足として、以下の内容を説明します。

では、順番に説明していきます。

4.【補足1】「単語の登録」画面をショートカットキーで開く方法

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像28
「単語の登録」画面

単語や文章を、辞書登録するときに使用する、「単語の登録」画面を、ショートカットキーで表示させる方法を説明します。

しょっちゅう、辞書に単語や文章を登録するという人は、憶えておくことをオススメします。

以下、手順です。

手順1. ①Windows11にログインしている状態で、キーボードから、②Ctrlキーを押しながら、③変換キーを押します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像29
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像30

【備考】

  • キーの配置は、お使いのキーボードによって、すこし異なる場合があります。
  • 「Ctrl + F10」と押しても、同じ操作は行えます。
    (ノートパソコンだと、「Ctrl + Fn + F10」の場合あり)

手順2. ①メニューが表示されるので、②一旦、キーボードから指を全部離した後、③再度、キーボードからDキーを押します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像31
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像32
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像33

手順3. はい、これで「単語の登録」画面が表示されました。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像34

5.【補足2】ファイルを使って、単語・長文を一括登録する方法

あらかじめ登録したい単語や長文のリストを、テキストファイルで作成しておけば、ユーザー辞書に、一括で登録できます。

次のようなケースで便利です。

  • 登録したい単語が多い
  • 複数のパソコンに、同じ単語や長文を登録したい

手順は、以下です。

手順1. メモ帳を起動し、登録したい単語・長文のリストを作成します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像35
  • 一行ずつ「単語 読み 品詞 ユーザーコメント」の順番で、入力。
  • 各項目の間は、Tabキーを押して区切ります。(タブ区切り)
  • ユーザーコメントは、無くても登録は可能。

【備考】

  • メモ帳の開き方がわからない人は、こちらを参照してください。
  • ※Tabキーは以下です。
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像36

追加説明】エクセルでリストを作成し、それをメモ帳に貼り付けることもできます。

手順はこんな感じ。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像37
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像38
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像39

※各項目はタブで区切られた状態で、貼り付けされます。

手順2. 作成されたリストを、保存します。①ファイル(F)をクリックし、②名前を付けて保存(A)をクリック。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像40

手順3. ①保存先にデスクトップなどを指定し、②任意のファイル名を入力します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像41

手順4. ①エンコード(E):欄を「UTF-16 LE」に変更し、②保存(S)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像42

※メモ帳で、ファイルを新規作成する場合、エンコード(E):の初期値はUTF-8です。このUTF-8のままだと、辞書に読み込ませることができません。

(エンコードは、データの形式のことだと思ってください。)

手順5. これで登録用のテキストファイルが保存されました。次に、このファイルから、ユーザー辞書に登録を行います。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像43

手順6. デスクトップの右隅にある、①「あ」や「A」と表示されているアイコンを右クリックし、②「単語の追加」をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像44

※ショートカットキーを使ったキーボード操作でも、同じ操作を行うことができます。

(手順は、補足1に記載)

手順7.「単語の登録」画面が表示されるので、何も入力せず、ユーザー辞書ツール(T)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像45

手順8. ユーザー辞書ツールが起動してくるので、①ツール(T)をクリックし、②「テキストファイルからの登録(T)」をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像46

手順9. 作成しておいた①登録用のテキストファイルを、クリックして選択し、②開く(O)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像47

手順10. 登録の結果が表示されますので、①結果を確認し、②終了ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像48

※失敗しているデータがあった場合、「エラーログの出力(E)」ボタンをクリックします。そうすることで、失敗の原因を、テキストファイルで出力することができます。

手順11. はい、これで、ファイルからの一括登録が完了しました。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像49

手順12.「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」は、×ボタンをクリックして、閉じてください。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像50

はい、これで、ファイルを使って、一括で登録する手順は終わりです。

6.【補足3】ファイルを使って、単語・長文を一括で削除する方法

あらかじめ、削除したい単語や長文のリストを、テキストファイルで作成しておけば、ユーザー辞書から、一括で削除できます。

次のようなケースで、便利です。

  • 削除したい単語が多い
  • 複数のパソコンから、同じ単語や長文を削除したい

削除したい単語・長文のリストは、以下の流れで作成します。

  1. 辞書から登録済みの単語・長文のリストをファイルに出力
  2. 出力したファイルから、残しておきたい単語などを消す
  3. 削除用のリストが完成

メモ帳を開いて、一つずつ単語を入力していくより、大分楽かなと思います。

それでは、具体的な手順を説明します。

手順1. デスクトップの右隅にある、①「あ」や「A」と表示されているアイコンを右クリックし、②「単語の追加」をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像51

※ショートカットキーを使ったキーボード操作でも、同じ操作を行うことができます。

(手順は、補足1に記載)

手順2.「単語の登録」画面が表示されるので、何も入力せず、ユーザー辞書ツール(T)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像52

手順3.「ユーザー辞書ツール」が表示されるので、「登録済みの単語の一覧」を出力します。①ツール(T)をクリックし、②一覧の出力(P)をクリック。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像53

手順4. ①保存先にデスクトップなどを指定し、②任意のファイル名を入力、③保存(S)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像54

手順5.「一覧の出力を終了しました。」というメッセージが表示されますので、終了ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像55

※ユーザー辞書ツールは、また使うので、たちあげたままにしておいてください。

手順6. 指定した場所に、出力されたファイルが保存されているので、このファイルをダブルクリックで開きます。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像56

手順7. リストの中から、辞書に残しておきたい単語の行を消し、削除したい単語の行だけを残します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像57
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像58

手順8. リストの編集が終われば、保存します。①ファイル(F)をクリックし、②上書き保存(S)をクリック。これで、削除用のファイルができました。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像59

手順9. 削除用のファイルを読み込ませます。ユーザー辞書ツールから、①「ファイル(F)」をクリックし、②「テキストファイルで削除(D)」をクリック。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像60

手順10. さきほど編集した①削除用のテキストファイルを、クリックして選択し、②開く(O)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像61

手順11. 削除の結果が表示されますので、①結果を確認し、②終了ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像62

※失敗しているデータがあった場合、「エラーログの出力(E)」ボタンをクリックします。そうすれば、失敗の原因を、テキストファイルで出力することができます。

手順12. はい、これで、ファイルからの一括削除が完了しました。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像63

手順13.「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」は、×ボタンをクリックして、閉じてください。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像64

はい、これで、ファイルを使って、一括で削除する手順は終わりです。

追加説明】削除用ファイルをイチから作成する方法

さきほどの説明では、一旦、登録済みの単語のリストを出力し、それを編集することで、削除用のファイルを作成しました。

ここでは、削除用のファイルをイチから作成する方法についても、説明しておきます。

手順は以下です。

(登録用ファイルの作成方法と大体同じです。)

手順1. メモ帳を起動し、削除したい単語・長文のリストを作成します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像65
  • 一行ずつ「単語 読み 品詞 ユーザーコメント」の順番で、入力。
  • 「品詞 ユーザーコメント」は無くても、削除は可能。
  • 各項目の間は、Tabキーを押して区切ります。(タブ区切り)

【備考】

  • メモ帳の開き方がわからない人は、こちらを参照してください。
  • Tabキーは以下です。
「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像66

手順2. 作成されたリストを、保存します。①ファイル(F)をクリックし、②名前を付けて保存(A)をクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像67

手順3. ①保存先にデスクトップなどを指定し、②任意のファイル名を入力します。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像68

手順4. ①エンコード(E):欄を「UTF-16 LE」に変更し、②保存(S)ボタンをクリックします。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像69

※メモ帳で、ファイルを新規作成する場合、エンコード(E):の初期値はUTF-8です。このUTF-8のままだと、辞書に読み込ませることができません。

(エンコードは、データの形式のことだと思ってください。)

手順5. これで削除用のテキストファイルが保存されました。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」説明用画像70

これで、削除用ファイルをイチから作成する手順も終わりました。

補足の説明のほうも、以上となります。

7.【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】辞書に単語を登録する方法(登録・削除手順)」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました