【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法

Windows11
この記事は約12分で読めます。


WIN11のメモ帳を使いたい人
Win11でメモ帳を開きたいんだけど・・・。
あれ、どうやって開くんだろ?
だれか、Win11でメモ帳を起動する方法を教えてよ。

 

はい、こんなメモ帳(Notepad)の悩みを解決します。

この記事では、Windows11でメモ帳を開く方法を解説しています。

この記事を読んだ結果は、以下です。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!これは気合だ!根性だしていくぜ!

1.【Windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法(はじめに)

メモ帳(英:Notepad) は、Windowsに標準で搭載されているテキストエディタです。

プログラムのサイズも小さいので、手軽に起動して、使えます。

(機能もシンプルで、使い方も簡単)

Windowsに初めからインストールされているので、ライセンスの購入など要らず、無料

これまでのWindowsと同様に、もちろん、Windows11でもメモ帳は使用できます。

この記事では、このメモ帳を起動する方法について、わかりやすく説明しています。

今回、説明する内容は、以下です。

今後、 メモ帳を使うことがあまり無さそうという人は、1~2番目の方法だけみて、後は流し読みという感じで問題ありません。

今後もメモ帳を使いそうという人は、それぞれの項目を順番にみて、自分に合っている方法を、見つけてもらうのがオススメです。

(そのほうが、長い目でみれば効率的かと

では、順番に説明していきます。

2. スタートメニューの「すべてのアプリ」から、 メモ帳(Notepad) を開く方法

オーソドックスなメモ帳(Notepad) の起動方法です。

メモ帳をほとんど使わない人は、この方法か、次の項で説明する方法で、起動することをオススメします。

以下の手順で起動します。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「すべてのアプリ」をクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像2

手順2. アプリの一覧の中にある「 メモ帳 」をクリックします。

※「ま」欄にあります。(一覧の一番下)

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像3

※Windows10だと、メモ帳はWindowsアクセサリの中に入っていました。ただ、Windows11になり、Windowsアクセサリは無くなっています。

(そのため、配置場所も変わっています。)

手順3. はい、これでメモ帳(Notepad)が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像4

では、次のメモ帳の起動方法を説明します。

3. スタートメニューの「ピン留め」から、 メモ帳(Notepad) を開く方法

オーソドックスなメモ帳(Notepad) の起動方法です。

Windows11だと、初期設定の状態で、スタートメニューの「ピン留め」に、メモ帳が登録されています。

それをクリックして起動します。

手順は、以下です。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②「ピン留め済み」の「次のページ」ボタンをクリックします。

※初期設定では、メモ帳は「ピン留め済み」の2ページ目に登録されています。(パソコンの設定などにより、異なる場合あり)

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像5

手順2.「ピン留め済み」の中にある「 メモ帳 」をクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像6

手順3. はい、これでメモ帳(Notepad)が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像7

※メモ帳をよく使う人は、ピン留めの中の位置を、クリックしやすい場所に、移動させたほうが便利です。

ピン留めにカーソルを合わせて選択し、ドラッグ&ドロップで、移動できます。

4.「新規 テキスト ドキュメント.txt」を作成して、メモ帳(Notepad) を開く方法

まず、先にテキストファイルを作成して、メモ帳(Notepad)を開く方法です。

パソコン操作に慣れている人は、この方法を使うことが多いのかなと思います。

以下の手順で起動します。

手順1. デスクトップ上の①何もないところを右クリックし、②「新規作成」をクリック。続けて③「テキストドキュメント」をクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像8

この手順では、例として、デスクトップにテキストドキュメントを作成しています。任意のフォルダの中に、作成しても、問題ありません。

手順2. デスクトップ上に、テキストファイルが作成されるので、ダブルクリックで、開きます。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像9

手順3. はい、これでメモ帳(Notepad)が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像10

5.「ファイル名を指定して実行」から、メモ帳(Notepad)を開く方法

「ファイル名を指定して実行」を起動して、メモ帳(Notepad) を開きます。

手順は以下になります。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像11

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「notepad」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像12

※「notepad.exe」と入力しても、起動できます。

手順3. はい、これでメモ帳(Notepad)が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像13

6. 検索機能を使って、 メモ帳(Notepad) を開く方法

Windows11の検索機能を使って、 メモ帳(Notepad) を起動する方法です。

「ファイル名を指定して実行」もそうなのですが、キーボード操作だけで、起動できるというのも、メリットの一つかと思います。

(そういうわけで、キーボードだけで操作する感じで、手順を説明します。)

では、以下、手順です。

手順1.(Windows11が立ち上がっている状態で)①キーボードから、Windowsキーを押します。その結果、②スタートメニューが起動します。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像14
「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像15

手順2. スタートメニューが起動している状態で、そのまま、「notepad」とキーボードから入力します。(検索の結果に、メモ帳が表示されます)

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像16

※スタートメニューが表示されている状態で、キーボードから「notepad」と入力します。その結果、勝手に検索窓に「notepad」と入力されます。

入力する文字は、以下などでも大丈夫。

  • 「note」
  • 「メモ帳」

手順3. この状態で、Enterキーを押します。これで メモ帳(Notepad)が起動します。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像17

手順4. はい、メモ帳(Notepad)が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像18

どんどん、いきます。

7. コマンドプロンプトから、メモ帳(Notepad)を開く方法

Windows11のコマンドプロンプトから、メモ帳(Notepad)を開く方法です。

普通の人は、あまり使わないかと思いますが、一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像19

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「cmd」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像20

手順3. コマンドプロンプトが起動するので、①「notepad」と入力して、②Enterキーを押します。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像21
「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像22

※ここで、「notepad.exe」と入力した場合でも、起動できます。

以下は、ダメ。

  • 「note」
  • 「メモ帳」

手順4. はい、 メモ帳(Notepad) が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像23

※コマンドプロンプトの起動方法は、ここで記載した以外にもいろいろあります。興味のある人は、こちらを参照ください。

では、次の起動方法を説明します。

8. PowerShellから、 メモ帳(Notepad) を開く方法

Windows11のPowerShellから、メモ帳(Notepad)を開く方法です。

前の項で説明した「コマンドプロンプトから起動する方法」と同じで、普通の人はそれほど使わないかと思います。

一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1. デスクトップ下部の①スタートボタンを右クリックし、②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像24

※「ファイル名を指定して実行」は、以下のキーボード操作でも、起動できます。

  1. Windowsキーを押しながら、
  2. Rキーを押す

手順2. ①名前(O)の入力欄に「powershell」と入力して、②OKボタンをクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像25

※「powershell.exe」と入力しても、大丈夫です。

手順3. PowerShell が起動するので、①「notepad」と入力して、②Enterキーを押します。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像26
「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像27

※ここで、「notepad.exe」と入力した場合でも、起動できます。

手順4. はい、メモ帳(Notepad) が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像28

9. エクスプローラから、 メモ帳(Notepad) を開く方法

Windows11のエクスプローラから、 メモ帳(Notepad) を開く方法です。

「C:\Windows\System32」に保存されている、メモ帳の実行ファイルから、直接、起動します。

あまり、使わないかと思いますが、一応、説明しておきます。

以下、手順です。

手順1.(Windows11が立ち上がっている状態で)キーボードから、①Windowsキーを押しながら、②Eキーを押します。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像29

手順2. エクスプローラが起動するので、「C:\Windows\System32」に移動します。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像30

手順3.「notepad.exe」をダブルクリックで開きます。

(.exeは、お使いのOSの設定によって、表示されない場合があります)

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像31

手順4. はい、 メモ帳(Notepad) が起動できました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像32

はい、これで、起動方法の説明はおわりです。

最後に補足として以下を説明します。

10.【補足1】デスクトップに、メモ帳(Notepad) のショートカットを作成する方法

デスクトップ上に、メモ帳のショートカットファイルを作成する方法についても、説明しておきます。

※メモ帳(Notepad) をよく使う人向けです。

手順はこんな感じです。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②すべてのアプリをクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像33

手順2. アプリの一覧の中にある「メモ帳」をクリック(指は離さないでください)、そのままデスクトップ上にドラッグして、指を離します。

※メモ帳は「ま」欄にあります。(一覧の一番下)

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像34

手順3. はい、これで、デスクトップ上に、メモ帳(Notepad)のショートカットファイルが作成されました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像35

作成されたメモ帳のショートカットファイルをダブルクリックすれば、メモ帳(Notepad) が起動します。

11.【補足2】タスクバーに、メモ帳(Notepad)のピン留めを作成する方法

タスクバー上に、メモ帳(Notepad)のピン留めを作成する方法についても、手順を説明しておきます。

※スタートメニューには、初期状態で、メモ帳のピン留めが入っていると思います。そのため、タスクバーへピン留めを作成する方法のみ説明します。

作成手順は、以下です。

手順1. 画面の下部にある、①スタートボタンをクリックし、次に②すべてのアプリをクリックします。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像36

手順2. アプリの一覧の中にある①「メモ帳」を右クリック、②「詳細」をクリック、③「タスクバーにピン留めする」をクリックする。

※メモ帳はアプリの一覧の一番下、「ま」欄にあります。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像37

手順3. はい、これで、タスクバー上に メモ帳(Notepad)のピン留めが作成されました。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法」説明用画像38

作成されたメモ帳のピン留めをクリックすれば、 メモ帳 ( Notepad ) が起動します。

※ピン留め内のアイコンの場所は、ドラッグ&ドロップで変更できます。必要に応じてメモ帳のアイコンの場所を調整してください。

【補足】おわり。

12.【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法 (まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

あと、本文では紹介しませんでしたが、

パソコンを起動した後、メモ帳をゼッタイ使うという人は、スタートアップに登録して、自動起動させることをオススメします。

いつも、起動するのもメンドーなので。

(登録の方法は、コチラを参照してください。)

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【windows11】メモ帳(Notepad)を開く方法 」はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました