安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】

IT全般
この記事は約8分で読めます。


パスワードを
作りたい人
インターネットのサービスに登録したいけど、
パスワードを考えるの面倒くさいな。

でも、ハッキングは心配だし。
安全なパスワードのほうがいいに決まってるけど・・・。

 

この記事では、こんなパスワードを作成するときの悩みを解決します。

この記事で紹介している手順を、実施した結果は、以下です。

  • 手順を実施する前


パスワード考えるの面倒な人

 

パスワード考えるのメンドくさい。
もう、アレだ。
パスワードは「password」でいいんじゃね。
 
 
 
  • 手順を実施した後


安全なパスワードを作成した人
安全なパスワードができたよ。
これならハッキングに強いし、安心だわ。

今回、紹介するのは、

インターネットのサービスなどに、登録するためのパスワードの作り方です。

なので、長くて覚えにくいパスワードになります。

(そうでないと、ハッキングされるので)

パソコンを起動するときに入力するような、

毎回、手入力するパスワードを作りたい!

こういうニーズの人には、あまり役に立たない内容になっています。

その点、あらかじめお断りしておきます。

では、どうぞ。

とことん、限界までいくぜ!

1. 安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】(はじめに)

危ないパスワードの例

はじめにいっておきますと、こういうパスワードは危ないです。

  1. 桁数が短い
    • 「}zLo4」のように、5桁とか6桁くらいのパスワードは、短すぎて危険。
    • 15桁以上をオススメします。
  2. 数字とかアルファベットのみ

    1種類の文字だけで作るのも危険なので、避けたほうが賢明。
    • 「47890231457」のような数字のみ
    • 「aswrvszx」のようなアルファベットのみ
  3. 英単語とか、わかりやすいパスワード
    • 「password」や、「abc123」とか、わかりやすいパスワードは絶対ダメ
    • キーボードの並びで、「asdfghjk」とかを設定するのもやめましょう。

望ましいパスワードの例

インターネット上で使うパスワードであれば、つぎのようなパスワードを作成するのが望ましいです。

  • 英大文字小文字・数字・記号のランダムな組み合わせ
  • 15桁以上

こんな感じ。

例. 「uOkP}8-eyg8Tl#」

ただ、こういうパスワードを、いちいち考えるのはメンドクサイ。

べつに作れないことはないのですが、結構ダルいです。

インターネットのパスワード生成サイトを使う?

インターネットのパスワード生成サイトを使えば、簡単に複雑なパスワードを作成できます。

検索エンジンから、「パスワード 生成」で検索すると、こうしたパスワードを作成できるサイトがいくつも見つかります。

※作り方も簡単で、つぎのような感じで作成が可能。

  1. パスワードを作る条件(記号を混ぜるかどうかなど)を設定
  2. 作成ボタンを押す
  3. パスワードの作成が完了

ただし、こうしたサイトが作成したパスワードを、そのまま使用するのは、用心が足りないと思います。

これまで、どういうパスワードを作成したかという情報を、

サイト側は保存しておくこともできます。

そして、そうした情報を販売したり、ハッキングを試みることもできるかもしれません。

100%なんの疑いもなく信用してしまうのは、ちょっと問題あるかなという気がします。

おすすめは、複数のパスワード生成サイトで作ったパスワードの混ぜ合わせ

今回、おすすめするパスワードの作成方法は、つぎのやり方です。

  1. 複数の生成サイトでパスワードをつくる
  2. それらを混ぜ合わせる
  3. 新しいパスワードが作成できた。

これなら、安全性の高い、複雑なパスワードを、わりと簡単に作成できます。

1つのパスワード生成サイトから作ったパスワードを使うわけではないので、変な心配をしないで済みます。

では、ここから、パスワードを作成する手順を説明します。

2. 安全なパスワードの簡単な作り方(手順の紹介)

今回は例として、複数の生成サイトで作ったパスワードを混ぜ合わせ、20桁のパスワードを作成します。

手順の細かい部分については、好みに合わせて変更しても、べつに問題はありません。

細かい手順より、コツというか、エッセンスが重要です。

今回、つぎの3つのパスワード生成サイトを利用して作成していきます。

メモ

パスワード生成するサイトは、この3つのサイトでないとダメ、というわけではありません。

なんとなく良さそうだったので、この3サイトをチョイスさせていただきました。

では、手順をせつめいします。

手順1. パスワード生成 – Web便利ノートにアクセス

まず、最初のパスワード生成サイトパスワード生成 – Web便利ノートに、アクセスしてみましょう。

Web便利ノートさんは、IT技術者やWEB制作者向けの無料インターネットサービスを行っているサイトみたいですね。

手順2. 条件を入力して、パスワード生成

以下のような感じで、条件設定して、パスワード生成してもらえばいいと思います。

  1. 数字・英大文字・英小文字・記号にチェック
  2. パスワードは16文字にチェック
  3. 生成数は100個にチェック
  4. 「生成(違うパスワードに再生成)」ボタンを押す
  5. 「パスワード一覧をコピー」ボタンをクリック
安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】説明用画像1

これで、パソコンのクリップボードに生成されたパスワードがコピーされました。

手順3. エクセルを起動して、コピーしたパスワードを貼り付け

クリップボードにコピーしたパスワードを、エクセルなどに貼り付けます。

※エクセルがパソコンになければ、メモ帳などに貼り付けても構いません。

安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】説明用画像2

手順4. 貼り付けたパスワードの中から、適当に2文字ずつ、計6文字コピーして、抜き出します。

安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】説明用画像3

これで、今回、作成する20桁のパスワードのうち、6桁分ができました。

手順5. パスワード生成 (Passwords Generator) – GRAVINESS.COMにアクセスして、同じように、パスワードを生成し、パスワード6桁分を取得する。

ここまで説明した手順1~4で、パスワード6桁分を抜き出したのと同じ手順を行います。

  1. 今度は、パスワード生成 (Passwords Generator) – GRAVINESS.COMにアクセス
  2. パスワードを生成し、また6桁分のパスワードを抜き出します

条件設定の方法など少し変わるかもしれませんが、そのあたりは似たような感じでやってください。

GRAVINESS.COMは、優乃(Yunos)さんという方が運営しているサイトみたいです。

手順6. パスワード自動作成ツール(みんなの知識 ちょっと便利帳)にアクセスして、同じように、パスワードを生成し、パスワード6桁分を取得する。

これまでと同じように、パスワード自動作成ツール(みんなの知識 ちょっと便利帳)で同じことを行います。

  1. パスワード自動作成ツール(みんなの知識 ちょっと便利帳)にアクセス
  2. パスワードを生成し、6桁分のパスワードを抜き出します

※「みんなの知識 ちょっと便利帳」さんは “ちょっと便利”  で  “ちょっと役に立つ”  サイトとして運営されているようです。

条件設定の方法など少し変わるかもしれませんが、これまでと似たような感じでやってください。

手順7. これで、18桁分のパスワードができました。20桁のパスワードが作りたいので、なにか適当な2文字を考えてください。

適当な2文字を考えてください。

(ここでは、例としてa8としておきます。)

これで、以下の合計で、20桁のパスワードが出来ているはずです。

  • 3つのサイトから取得した6文字,6文字,6文字
  • じぶんで考えて、追加した2文字

手順8. パスワード生成サイトから取得した6文字,6文字,6文字と自分で考えた2文字を、繋ぎあわせます。

これまで用意したパスワードの文字をつなぎ合わせます。

(以下のパスワードの文字は、あくまでも例です。実際はその都度、異なります。)

  • B1C?qK (最初のパスワード生成サイトから取得した文字)
  • @iE2%d(2番目のパスワード生成サイトから取得した文字)
  • R@e6eq(3番目のパスワード生成サイトから取得した文字)
  • a8 (自分で考えた文字)

繋ぎ合わせた結果、B1C?qK@ie2%d@e6eRqa8のようになります。

手順9. 繋ぎあわせたパスワードを、何回かシャッフルします。

つなぎ合わせたパスワードの文字の順番をシャッフルします。

(何文字かずつ切り取り・貼り付けを繰り返し、順番を入れ替えます)

  • シャッフル前)B1C?qK@ie2%d@e6eRqa8
  • シャッフル後)qKB1i%@e6ee2qa8C?@dR

ハイ、これで、パスワードが完成しました。

こんな感じ。

qKB1i%@e6ee2qa8C?@dR

※このやり方でパスワードを作れば、安全なパスワードを作成できるはずです。

3. 安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】(まとめ)

この記事の内容をまとめると、

  1. 以下の条件を満たしたパスワードを作成するべき。
    • 英大文字小文字・数字・記号の組み合わせ
    • 桁数が多い(15桁以上)
  2. 生成サイトで作ったパスワードをそのまま使うのは、おススメしない。
  3. 複数の生成サイトで作ったパスワードを組み合わせて、新たなパスワードを作る。

みたいな感じでしょうか。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

安全なパスワードの簡単な作り方【英大文字小文字・数字・記号】は、これで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました