NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)

Notion
この記事は約15分で読めます。


NOTIONとONENOTEの違いを知りたい人
NotionとOneNoteってどっちを使えばいいのかな。
なんか、違いがよくわからないな。
だれか、NotionとOneNoteの違いをわかりやすく教えてよ。

 

はい、こんなNotionとOneNoteの違いに関する悩みを解決します。

この記事では、NotionとOneNoteの違いを比較した結果について説明しています。

この記事を読んだ結果は、以下です。

「NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ!

1. NotionとOneNoteを比較する

1-1. はじめに

NotionとOneNoteは、メモやドキュメントを保存するツールとして、よく名前が挙げられます。

そのため、どちらを使えばいいか悩む人も多いです。

そして、こういうジレンマに直面します。

  • 何も考えず、使い始めると、後で別のツールに変えたくなったときにシンドイ
  • かといって、事前にいろいろ調べるのも非常にタイヘン

どちらか迷ってる人

調べるほどによくわからん。
く、くるしい・・・

細かい点をアレコレ調べてるうちに深みにはまってしまう。

過去にそういった経験はないでしょうか?

私は、どちらがいいんだろうと悩みすぎ、その後、1週間くらい疲れが抜けなかったことがあります。(たいてい、大勢には影響ない、どっちでもいいことなのですが。)

そこで、この記事では、NotionとOneNoteの違いを最重要ポイントにしぼって比較し、どちらを選べばいいかを解説します。


サクッと決めた人

自分にぴったりのアプリが、サクッとわかりました。
効率も上がって最高だ。

最初に書いておきますと、この記事の結論はつぎのとおり。(最適な選択肢は用途で分かれます)

  個人で使いたい 複数人(チーム)で
使いたい
メモやドキュメントの
作成・管理ができればいい
OneNote OneNote
メモやドキュメントの
作成・管理以外もしたい
(タスク管理とか、情報の整理 etc.)
Notion
(パーソナルプラン)
Notion
(チームプラン)

1-2. NotionとOneNoteの違い(主なポイント)

NotionとOneNoteの違いについて、主なポイントをまとめました。

つぎのとおりです。

  Notion OneNote
製造元 Notion社(米) Microsoft社(米)
操作のしやすさ 使いやすい 使いやすい
特徴 データベースが使用でき、
情報の記録や整理に強い
手書き文字を入力したり、
ドキュメントの作成に強い
用途 多用途(情報の一元管理・共有)
・メモ/ドキュメントの作成・管理
・タスク管理
・プロジェクト管理
・トラブル履歴/顧客/在庫などの情報管理
メモ・ドキュメントの作成・管理・共有
使用できるデバイス Windows/Mac
Android/iOS
Windows/Mac
Android/iOS
価格 パーソナルプラン:無料
チームプラン:1人あたり8$/月
(年払い)
無料
共有機能 パーソナルプラン:5人のゲストまで
チームプラン:人数は
無制限
人数は無制限

1-3. NotionとOneNoteは、そもそも用途が異なる

もっとも大きな違いは、NotionとOneNoteでは、そもそも用途が異なることです。

  • Notion…情報を一元管理するための多目的ツール
  • OneNote…メモやドキュメントを管理するためのツール(ノート)

※この点を軸に、どちらを使うべきか、判断することがベストです。

細かいところを比べだすと、迷宮に入りこんでしまい、非常にややこしくなります。

(すごく時間がかかります。)


どちらか迷ってる人

これが迷宮?  く、くるしい・・・

やはり何ごとも、最重要ポイントにフォーカスしたほうがいいです。そのほうが、あなたにとっての最適解を選択しやすいと思います。

  • メモやドキュメントの作成だけ行いたいのか =>OneNote
  • それ以外の用途でも使えたほうがいいのか =>Notion

OneNoteは、メモやドキュメントを作成・管理する専用アプリという性格が強いです。

そのため、OneNoteは、以下のような用途で使うと便利です。

  • アイデアのメモ書き
  • 日記
  • 営業日報
  • 議事録   など

実際、メモやドキュメントの作成・管理に関していえば、NotionよりもOneNoteのほうが、使い勝手は上かと思います。

(Notionもそれなりの便利な機能を持っていますが)

Officeの操作に似ているので、WordやExcelに慣れた人には、特に使いやすいです。

また、他のMicrosoft製品との連携も容易。

・OneNoteの画面(見た目からしても、Officeっぽいのがわかるかと)

「NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)」説明用画像2

それに比べ、Notionは、「All in One Workspace」というコンセプトで開発されています。

※All in One Workspace … いろいろなアプリに散らばった情報を、Notion1つに集約する。

使いやすいデータベース機能を備え、情報を蓄積するコンテンツであれば、柔軟に作成できるように設計されています。

そのため、使える用途が非常に多いです。

※たとえば、以下の用途などで使えます。

・ドキュメントの作成・管理

「NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)」説明用画像3

・情報を整理・記録

「NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)」説明用画像4

メモ

上のような表形式で情報を管理する場合、Notionのほうがエクセルよりも使いやすい

(外出先からスマホで確認するのも簡単ですし)

・タスクを管理

「NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)」説明用画像5

メモ

タスク管理も見やすく、きれいにつくれます。

Notionでは、これ以外にも、多くの用途で利用が可能。

柔軟に、多用途で使えるのがNotionの特徴です。


どちらか迷ってる人

メモ・ドキュメントだけなら、OneNote
多用途なら、Notion

1-4. 複数人(チーム)で利用する場合は、Notionは有料

注意しないといけないことは、Notionをチームなど複数人で利用する場合は、有料プランになるということです。

(OneNoteは無料)

Notionに用意されているプランはつぎのとおり。

Notionのプラン 個人 or 複数 料金 説明
パーソナル 個人向け 無料 個人利用の場合の、オーソドックスなプラン
パーソナルPro 個人向け ・年払い 4$/月
・月払い 5$/月
パーソナルの上位プラン
チーム 複数人利用 メンバー1人あたり
・年払い 8$/月
・月払い 10$/月
複数人利用の場合の、オーソドックスなプラン
(無料トライアルあり)
エンタープライズ 複数人利用 メンバー1人あたり
・年払い 20$/月
・月払い 25$/月
チームプランより、セキュリティやサポートが強化

※Notionの有料プランは、ドル払い。

(各プランの違いについて、より詳しく知りたい人は、Notionの公式ページなどを参照ください。)

Notionの無料プラン(パーソナルプラン)にも、情報を共有する機能はあります。

ただし、あくまでも個人用途の延長で利用するための機能です。

チームで活用する場合、制限や使い勝手の面から、有料プランを契約するのが一般的です。

費用はかかりますが、チームの情報共有が進み、効率アップが期待できます。

※メモ

複数人で利用する場合、無料トライアルがある、オーソドックスなチームプランから始めるのがオススメです。

ちなみにドル払いについてですが、

ドル払いといっても、クレジットカードなどで普通に払えるので、心配はいりません。

※若干の手数料は発生。JCBだと1.6%くらい

会社の場合なら、経理の担当者に話しても、ふつうNOといわれることはないです。

ただし、支払う金額は、為替変動の影響を受けやすいので、この点、やや注意が必要。

2. こういう人にオススメ(Notion or OneNote)

ニーズ別に、NotionとOneNoteのどちらかを使うべきか整理しました。

  個人で使いたい 複数人(チーム)で使いたい
メモやドキュメントの
作成・管理ができればいい
OneNote OneNote
メモやドキュメントの
作成・管理以外もしたい
(タスク管理とか、情報の整理 etc.)
Notion(パーソナルプラン) Notion(チームプラン)

以下に説明を書いておきました。自分のニーズにあったものを読んでもらえればと思います。

2-1. 個人利用で、メモやドキュメントの作成・管理ができればいい人 =>OneNote

以下のような人が対象です。

  • 個人で利用
  • メモやドキュメントの作成・管理ができればいい

上記のような人には、

OneNoteがオススメです。

メリット・デメリットはつぎのとおり

★メリット

  • メモ・ドキュメントの作成・管理に特化しているだけあって、使い勝手がいい。
  • 余計な機能がないので、使い方を覚えるのに時間がかからない。
  • Microsoft Officeに慣れた人には特に使いやすい。
  • 無料で使える。

★デメリット

  • 用途が少ない(メモ・ドキュメントの専用ソフト)

メモ・ドキュメントの専用ソフトといった性格が強いOneNoteですが、その分、使い方を覚えるのも簡単です。

また、メモ・ドキュメントの作成については、Notionよりも使いやすいので、オススメです。

OneNoteの登録方法を記載しておきます。(1分くらいあれば、開始できます。)

※以下、どちらでも構いませんが、迷うようなら、とりあえずブラウザ版で。

ブラウザ版で開始

  1. OneNoteのサインアップページにアクセス
  2. サインインをクリック
  3. Microsoftアカウントを入力して、次へをクリック
  4. パスワードを入力し、サインインをクリック

Windows版で開始

  1. OneNoteのダウンロードページから、インストーラーをダウンロード
  2. インストーラーをダブルクリックして、インストール
  3. OneNoteを起動し、Microsoftアカウントを使ってログイン

2-2. 個人利用で、メモやドキュメントの作成・管理以外もしたい人 =>Notion

以下のような人が対象です。

  • 個人で利用
  • メモやドキュメントの作成・管理以外もしたい

上記のような人には、

Notion(パーソナルプラン)がオススメです。

メリット・デメリットはつぎのとおり

★メリット

  • メモ・ドキュメントを作成・管理するのに、十分な機能がある。
  • タスク管理や、情報の記録・保存など、多用途で使える。
  • Notionのパーソナルプランは無料だが、ほとんどの人にとって十分な機能を備えている。

★デメリット

  • OneNoteのほうが、メモ・ドキュメントに関しては、若干、使いやすい
  • できることが多いので、使い方を覚えるのにOneNoteより時間がかかる

メモやドキュメントの作成・管理以外も行いたい場合、Notionのパーソナルプランがオススメです。

メモやドキュメントの作成だけではなく、タスク管理や、情報の記録・整理などをNotionひとつで行うことが可能。

また、Notionのパーソナルプランは無料ですが、機能の制限はとても少ないです。

大抵の人にとっては、十分な機能が使えます。

※一応、アップロードできるファイルの大きさが5MBまで、という制限はあり。5MB以上のサイズのファイルをアップロードしたい場合、パーソナルProプラン(有料)への変更が必要です。

 Notionパーソナルプランの登録方法を記載しておきます。実際に触って確認してみてください。

Notionパーソナルプラン(無料の登録方法

Notionの登録ページから、登録できます。(所要2~3分)

※以下にNotionパーソナルプランの登録方法や使い方なども記載しています。やり方とかよくわからないな、という方は参照ください。

【Notion】無料アカウントを登録する方法

2-3. 複数人利用(チーム・会社)で、メモやドキュメントの作成・管理ができればいい人 =>OneNote

以下のような人が対象です。

  • 複数人利用(チーム・会社)で利用
  • メモやドキュメントの作成・管理以外もしたい

上記のような人には、

OneNoteがオススメです。

メリット・デメリットはつぎのとおり

★メリット

  • メモ・ドキュメントの作成・管理に特化しているだけあって、使い勝手がいい。
  • 余計な機能がないので、使い方を覚えるのに時間がかからない。
  • Microsoft Officeに慣れた人には特に使いやすい。
  • 無料で使える。

★デメリット

  • 用途が少ない(メモ・ドキュメントの専用ソフト)

 メモ・ドキュメントを作成し、それをチームで情報共有できます。

OneNoteは、メモ・ドキュメントの作成・管理に特化しているだけあって、使いやすいです。

機能がNotionより少ないことや、Microsoft Officeっぽい操作性などから、使い方を覚えるのも時間がかかりません。

OneNoteの登録方法を記載しておきます。(1分くらいあれば、開始できます。)

※以下、どちらでも構いませんが、迷うようなら、とりあえずブラウザ版で。

ブラウザ版で開始

  1. OneNoteのサインアップページにアクセス
  2. サインインをクリック
  3. Microsoftアカウントを入力して、次へをクリック
  4. パスワードを入力し、サインインをクリック

Windows版で開始

  1. OneNoteのダウンロードページから、インストーラーをダウンロード
  2. インストーラーをダブルクリックして、インストール
  3. OneNoteを起動し、Microsoftアカウントを使ってログイン

2-4. 複数人利用(チーム・会社)で、メモやドキュメントの作成・管理以外もしたい人 =>Notion

以下のような人が対象です。

  • 複数人利用(チーム・会社)で利用
  • メモやドキュメントの作成・管理ができればいい

上記のような人には、

Notion(チームプラン)がオススメです。

メリット・デメリットはつぎのとおり

★メリット

  • メモ・ドキュメントを作成・管理するのに、十分な機能がある。
  • タスク管理や、情報の記録・保存など、多用途で使える。
  • チームの情報共有が進み、効率が良くなる。

★デメリット

  • OneNoteのほうが、メモ・ドキュメントに関しては、若干、使いやすい
  • できることが多いので、使い方を覚えるのにOneNoteより時間がかかる
  • 有償になる

 Notionチームプランによってできるのは、メモやドキュメントの管理・共有だけではありません。

とにかく、使える用途が多いので、いろんなところに散らばった情報をNotionに集約し、共有することができます。

情報共有に、問題を抱えているチームや会社には、特に効果的。

きっと、以下のような問題などを解決する助けになります。

  • 情報が属人化している
  • ドキュメントが残っていない
  • 情報があちこちに散らばっていて、探すのが大変
  • タスクの進捗状況がよくわからない

 Notionチームプランの登録方法を記載しておきますので、試してみてください。

※チームプランには無料トライアルがあるので、事前に確認してから、決めることをオススメします。

Notionチームプラン(無料トライアルの登録方法

こちらのNotionの登録ページから、登録できます。(所要2~3分)

※以下にNotionチームプランの登録方法や使い方などを記載しています。やり方とかよくわからないな、という方は参照ください。

Notionチームプランの始め方(チーム・会社)

3. NotionとOneNoteを比較(まとめ)

今回は、紹介した内容は以下でした。

結論は以下でした。

  個人で使いたい 複数人(チーム)で使いたい
メモやドキュメントの
作成・管理ができればいい
OneNote OneNote
メモやドキュメントの
作成・管理以外もしたい
(タスク管理とか、情報の整理 etc.)
Notion(パーソナルプラン) Notion(チームプラン)

製品としては、どちらもとても良い製品だと思います。

あとは、自分のニーズにどれだけ合っているかですね。

記事の中に、自分にあう選択肢があった場合、そちらを選んでおけば、大きな間違いはないはずです。

(大枠は外していないかなと思います。)

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「NotionとOneNoteを比較(使うべきアプリが一目瞭然)」 はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました