【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法

Windows11
この記事は約15分で読めます。


WIN11のフォントを追加したい人
Win11にフォントを追加したいな・・・。
でも、やり方がよくわからないな。
だれか、Win11にフォントを追加する方法を教えてよ。

 

はい、こんなWIN11のフォントの悩みを解決します。

この記事では、Windows11で、フォントを追加する方法を解説しています。

この記事を読んだ結果は、以下です。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像1

こんな感じで、バッチリ解決できます。

では、どうぞ。

おりゃー!パワー全開!気合をいれるぜ

1.【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法(はじめに)

フォント(英:Font) を、Windows11に追加する方法を説明します。

※フォントは、パソコンなどで使われる書体の形式のことです。

(例. MS明朝やMSゴシックなど)

Windows11に、使いたいフォントがない場合、

インターネット上のサイトや、他のパソコンから持ってくることができます。

この記事で説明する内容は、以下です。

 読み方としては、興味のあるところだけ読んで、他は読みとばす感じでも、ぜんぜん構いません。

 フォントを追加したことがない人の場合、上から順番によんで、気に入った方法を使ってもらうのがオススメです。

(そのほうが、長い目でみると効率的かと)

では、順番に説明します。

2. インターネット上のサイトから、フォントをダウンロードして追加する方法

インターネット上のサイトから、フォントをダウンロードして、Win11に追加する方法を説明します。

※安全性はともかく、フォントをダウンロードできるサイトは、インターネット上にたくさんあります。

「フォント ダウンロード」などで検索すれば、多くのサイトが見つかります。

おもな内容は以下です。

メモ

定番のGoogle fontsと、そのほかのサイトの例として、FONT FREEというサイトから追加する方法を説明します。

順番に説明します。

2-1. Google Fontsから、フォントをダウンロードして追加する方法

Googleが運営しているGoogle Fontsというサイトから、フォントをダウンロードし、Win11に追加する方法を説明します。

メモ(Google Fontsの説明)

  • Googleが運営しているサイトなので安心です。
  • ダウンロードできるフォントは、無料かつ、商用利用も可能。

以下、手順です。

手順1. まず、Google Fontsへアクセスします。

※Google Fontsのサイトはこんな感じ

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像2

手順2. 日本語のフォントが欲しい場合、①「Language」をクリックし、②「Japanese」をクリック

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像3

日本語のフォントだけが表示されます。

手順3. 使いたい文字が決まっている場合、①「Type Something」と記載されている欄に②入力すると、②フォント毎にそれらの文字が表示されます。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像4
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像5
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像6

※フォントを選びやすくて、便利です。

手順4. ダウンロードするには、一覧から、フォントをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像7

手順5. つぎに、表示されたページで、①下方向にスクロールします。②Styles欄の一覧から、自分が使いたいフォントの太さを確認します。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像8
※太さには以下の種類など、があります。自分が使いたいのは、どの種類か確認しておきます。
  • Thin
  • Light
  • Regular
  • Medium
  • Bold
  • Black
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像9

手順6. 右上のDownload familyボタンをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像10

フォントのダウンロードが始まります。

手順7. エクスプローラを起動し、ダウンロードフォルダにアクセスします。(ダウンロードが完了していれば、フォントの圧縮ファイルがあります)

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像11

メモ

  • ダウンロードしたフォントによって、ファイル名は異なります。
  • お使いのOSの設定によって、「ファイル名.zip」と表示されている場合があります。

手順8. ①フォントの圧縮ファイルを右クリックし、②「すべて展開…」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像12

手順9. 「すべて展開(L)」ボタンをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像13

手順10. 展開されたフォルダが表示されます。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像14

手順11. ①Win11に追加したいフォントを右クリック、②「その他のオプションの表示」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像15

※手順5で確認しておいた太さの種類に対応したフォントを、右クリックしてください。

メモ

フォントのファイルは、大抵の場合、以下のどちらかです。

  • TrueTypeフォントファイル(TTFファイル)
  • OpenTypeフォントファイル(OPFファイル)

手順12. 表示されたメニューで、「インストール(I)」か、「すべてのユーザーに対してインストール(A)」か、どちらかをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像16
  • インストール…現在、サインインしているユーザーのみが対象
  • すべてのユーザーに対してインストール…Win11内のすべてのユーザーが対象

メモ

すべてのユーザーに対してインストール」を行うには、管理者権限が必要です。

手順13. フォントの追加(インストール)が完了しました。これで、追加したフォントを、アプリから選択することができます。

※以下はワードパッドの例(選択肢に、追加したフォントが表示されている)

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像17

 Google Fontsから、追加する方法の説明は、これでおわりです。

2-2. その他のインターネットサイトから、フォントをダウンロードして追加する方法

Google Fonts以外にも、フォントをダウンロードできるサイトはたくさんあります。

たとえば、以下です。

日本語のサイト(日本語フォント中心)

英語のサイト(欧文フォント中心)

ここでは、例として、FONT FREEから、ダウンロードして、Win11に追加する手順を説明しておきます。

※サイトやフォント毎に、ダウンロードの方法は異なるので、あくまでも参考例です。

以下、手順です。

手順1. まず、FONT FREEへアクセスします。

※FONT FREEのサイトはこんな感じ

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像18

手順2. 表示されているフォントの中から、追加したいものをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像19

※今回は、例として、「モギハ・ペン字フォント」(作者:モギハさん)をダウンロードしてみます。

手順3. フォントの説明画面が表示されます。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像20

※この画面で、商用利用の可否や、Windowsに対応しているかなども確認できます。

手順4. ページの中ほどにある、「配布サイトでダウンロード」ボタンをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像21

手順5. フォントの配布サイトが表示されます。ダウンロード用のリンクやボタンを探してクリック。ダウンロードが始まります。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像22

※ページ上、あるいはサイト上に、利用規約などが記載されているので、確認しておいてください。

手順6. エクスプローラを起動し、ダウンロードフォルダにアクセスします。(ダウンロードが完了していれば、フォントの圧縮ファイルがあります)

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像23

メモ

  • ダウンロードしたフォントによって、ファイル名は異なります。
  • フォントによっては、フォントファイルがそのままダウンロードされるケースもあります。

手順7. ①フォントの圧縮ファイルを右クリックし、②「すべて展開…」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像24

※圧縮ファイルではなく、フォントのファイルがそのままダウンロードされた場合は、展開の必要はありません。

手順8.「すべて展開(L)」ボタンをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像25

手順9. 展開されたフォルダが表示されます。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像26

手順10. ①Win11に追加したいフォントのファイルを右クリック、②「その他のオプションの表示」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像27

※フォントのファイルは、大抵の場合、以下のどちらかです。

  • TrueTypeフォントファイル(TTFファイル)
  • OpenTypeフォントファイル(OPFファイル)

手順11. 表示されたメニューで、「インストール(I)」か、「すべてのユーザーに対してインストール(A)」か、どちらかをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像28
  • インストール…現在、サインインしているユーザーのみが対象
  • すべてのユーザーに対してインストール…Win11内のすべてのユーザーが対象

メモ

すべてのユーザーに対してインストール」を行うには、管理者権限が必要です。

手順12. フォントの追加(インストール)が完了しました。これで、追加したフォントを、アプリから選択することができます。

※以下はワードパッドの例(選択肢に、追加したフォントが表示されている)

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像29

その他のインターネットサイトから、追加する方法の説明は、これでおわりです。

続けて、次の方法を説明します。

3. Microsoft Storeから、フォントを追加する方法

Microsoft Storeから、フォントをダウンロードして、Win11に追加する方法を説明します。

  • メリット:運営元がMicrosoftなので、安心。
  • デメリット:フォントの数は少ない。

メモ

  • Microsoft Storeは、Windows向けアプリのオンラインストア。
    (有料・無料のアプリがダウンロード可能)
  • Microsoft Storeからダウンロードできるフォントは、無料と有料が半々くらい。

手順は以下になります。

手順1. ①デスクトップ上の何もないところを、右クリックし、②コンテキストメニューから、個人用設定をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像30

手順2. 個人用設定の画面が表示されるので、①下方向にスクロールし、②「フォント」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像31

手順3.「Microsoft Storeで他のフォントを入手する」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像32

手順4. Microsoftストアが起動します。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像33

手順5. 表示されているフォントの中から、追加したいフォントをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像34

※ 有料のフォントもあるので、注意してください。

テーマの左下に、

  • 無料と記載されていれば、無料
  • 金額が記載されていれば、有料
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像35
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像36

手順6. フォントの詳しい内容が表示されます。問題なければ、入手ボタンをクリック。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像37

フォントのインストールが始まります。

注意

有料のフォントをインストールするにはマイクロソフトアカウントが必要です。

手順7. インストールが完了すると、ボタンが「開く」に変わります。「開く」ボタンをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像38

手順8. フォントの設定画面が表示されます。フォントの一覧に、追加したフォントが表示されていることを確認します。

※一覧の一番上に表示されているはずです。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像39

手順9. フォントの追加が完了しました。これで、追加したフォントを、アプリから選択することができます。

※以下はワードパッドの例(選択肢に、追加したフォントが表示されている)

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像40

Microsoft Storeから追加する方法の説明は、これでおわりです。

4. ほかのPCから、コピーしたフォントを追加する方法

ほかのPCからフォントをコピーして、Win11パソコンに追加する方法を説明します。

※ほかのPCに入っているフォントを使いたいが、ダウンロード元がわからない場合に便利

手順の大きな流れは以下です。

  1. コピーしたいフォントのあるPC上で、フォントのファイル名を確認
  2. フォントファイルをコピー
  3. フォントを追加したいPC上で、フォントをインストール

手順は以下になります。

手順1. コピーしたいフォントがあるPC上で、①デスクトップ上の何もないところを、右クリックし、②コンテキストメニューから、個人用設定をクリック。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像41

※手順は、Windows11で説明していますが、Windows10でも大丈夫かと思います。

手順2. 個人用設定の画面が表示されるので、①下方向にスクロールし、②「フォント」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像42

手順3. フォントの一覧から、ほかのPCにコピーしたいフォントをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像43

手順4. フォントの詳細情報が表示されるので、ファイル名とファイルのある場所を確認します。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像44

※フォントの場所は以下のどちらかになります。

  • C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Fonts
  • C:\Windows\Fonts

手順5. エクスプローラを起動し、フォントファイルのある場所へ移動します。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像45

※ 以下のフォルダへアクセスする場合

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Fonts

少しだけ、注意が必要です。

隠しファイルを表示するように、変更する必要があります。

手順がわからない場合、以下を参照してください。

以下の手順を実施してください。

手順その1. エクスプローラを起動した状態で、①右上の「…」ボタンをクリック。②「表示」にカーソルを合わせます。
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像46
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像47
手順その2. さらに、①「表示」にカーソルを合わせ、②「隠しファイル」をクリックします。
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像48
手順その3. はい、これで、設定の変更は完了です。一度、エクスプローラを閉じて、再度、起動してください。
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像49
「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像50
手順その4. あとは、以下のフォルダへ移動するだけです。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Fonts

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像51

※1 フォルダの横の「>」をクリックして、ひとつずつ、展開していけばOK。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像52

※2. Userフォルダは、ユーザーと表示されているので、注意してください。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像53

フォルダに移動できれば、下の手順6から、続きをよんでください。

手順6. あとは、対象のフォントファイルを、フォントを追加したいパソコンにコピーしてください。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像54

※コピーの方法はなんでも構いません。

以下、フォントを追加したいPCへの、コピーの例

  • USBメモリーにコピー
  • ネットワークHDDなどを使って移す
  • メールで送る
  • 共有フォルダを作成する
  • リモートデスクトップで接続する

手順7. フォントを追加したいPCに、ファイルをコピーしたら、①フォントファイルを右クリックし、②「その他のオプションの表示」をクリック。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像55

※手順5で確認しておいた太さの種類に対応したフォントを、右クリックしてください。

手順8. 表示されたメニューで、「インストール(I)」か、「すべてのユーザーに対してインストール(A)」か、どちらかをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像56
  • インストール…現在、サインインしているユーザーのみが対象
  • すべてのユーザーに対してインストール…Win11内のすべてのユーザーが対象

メモ

すべてのユーザーに対してインストール」を行うには、管理者権限が必要です。

手順9. フォントの追加(インストール)が完了しました。これで、追加したフォントを、アプリから選択することができます。

※以下はワードパッドの例(選択肢に、追加したフォントが表示されている)

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像57

ほかのPCから、フォントを追加する方法の説明は、これでおわりです。

5.【補足】追加(インストール)したフォントを削除する方法

追加したフォントを削除する方法を説明します。

※フォントを追加したけど、イマイチだなという場合、この方法で削除してください。

手順は以下になります。

手順1. コピーしたいフォントがあるPC上で、①デスクトップ上の何もないところを、右クリックし、②コンテキストメニューから、個人用設定をクリック。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像58

手順2. 個人用設定の画面が表示されるので、①下方向にスクロールし、②「フォント」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像59

手順3. 削除したいフォントをクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像60

手順4. フォントの詳細情報が表示されるので、ファイル名とファイルのある場所を確認します。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像61

手順5. 以下のメッセージが表示されるので、「アンインストール」をクリックします。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像62

手順6. はい、これで、アンインストールは完了です。「×」ボタンをクリックして閉じてください。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」説明用画像63

はい、これで、アンインストールは完了です。

6.【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法(まとめ)

今回、紹介した内容は以下でした。

今回の内容が、少しでも役に立った、解決したという方がいれば幸いです。

「【Windows11】フォントを追加(インストール)する方法」 はこれで終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました